« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

2020年4月12日 (日)

ベランダからヒレンジャク

昨日(11日)午後、コロナで外出できず、100mほど離れた蔦の絡まる大きなケヤキに集るヒヨドリをベランダから撮っていると、その中にヒレンジャクが混じっていました。急いで2軒ほど隣の家の前まで行って、写真を撮りました。10羽ほどいました。今年は、どこへ行ってもレンジャクが見れず、諦めていたので、ラッキーでした。今朝、早く見た時はいたのですが、朝食を食べてから見に行ったら、もういませんでした。
 ベランダからツグミを狙っていると、ヒレンジャク(右上)が入っていました。
Aca_815401

 別の場所にも。蔦の実を食べているようでした。
Aca_817601

 こちらは満腹になって休憩中でしょうか。枝の中に6羽が入っています。
Aca_827401

 急いでケヤキの下へ行きましたが、レンジャクのお腹しか撮れません。近くにヒヨドリが来ました。
Aca_830901

 こちらも腹打ちです。
Aca_832801

 枝被りですが、3羽が集まっていました。
Aca_834501

 こちらは2羽です。
Aca_835301

 拡大しました。少し色がきつ過ぎましたね。
Aca_836901

 少しはなれたところに1羽だけ。風で冠羽が立っています。
Aca_844001



2020年4月10日 (金)

浅川の鳥達

  今日は、先日、浅川を歩いた時に見たイカルチドリとイソシギ以外の鳥達です。
 川原でお腹が赤くなったタヒバリを見つけました。
P408046601

 お腹が赤いのは夏羽ですね。そろそろ北へ渡る時季ですね。
P408047801

 イワツバメが巣材の土を集めていました。河原は石ころだらけで土が出ている場所が少ないので、1か所に集まっています。
P408026901
 
 土を口に銜えては巣のある橋の下へ飛んで行きました。
P408028201

 次々にやって来ては、土を銜えて飛んで行きます。
P408029601
 
 こちらは、一仕事終えてお休み中の皆さんです。
P408040601

 イワツバメに混じって、ツバメもいました。やはり巣材の土を集めていました。
P408032201

 帰りにアオジを見ました。まだいるということは、北へは渡らず、高地へ移動するつもりでしょうか。
P40804310

コロナが怖いので、暫く外へは出れません。記事も暫くお休みすると思います。

2020年4月 9日 (木)

イソシギ

昨日、浅川を歩いた時、イソシギが3羽で大きな声で鳴きながら争っていました。メスを巡る争いでしょうか。
 左から1羽が突っ込んできます。
P408013401 

 2羽はうまく避けました。
P408013701

 しつこく追いかけますが、うまく逃げています。
P408014001 

 1羽はいなくなりました。
P408014501 


 石の上に2羽だけとなりました。
P408015701 

 しかし1羽が逃げ出しました。
P408017501 

 なんとか逃げ切ったようです。この争いはなんだったのでしょう?
P408020601










2020年4月 8日 (水)

イカルチドリ

緊急事態宣言が出た翌日の今日、3「蜜」を避ければいいだろうと、浅川で不要不急の鳥見をしてきました。
 早くも雛が歩き回っていました。まだ卵から孵って数日のようです。
P408004501

 しかし、しっかりした足取りです。
P408006101

 近くで親が見ていました。
P408010301

 こちらでも。お父さんでしょうか。
P408012301

 親同士はこの位離れています。それぞれ見張っているのでしょう。
P408011501

 雛が危険と感じたのでしょうか、一羽が近くへ飛んできました。
P408019501












« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »