« 浅川の鳥達 | トップページ | 裏山の鳥達 »

2020年2月 7日 (金)

コノドジロムシクイ

今日は、人生初見で大変珍鳥のコノドジロムシクイを見に行ってきました。コノドジロムシクイは、コ・ノドジロ・ムシクイと区切って読むと分かり易いですね。2ヵ月ほど前から情報があり、カメラマンが50~60人ほど集まって大変だったそうです。皆さんが、もう見飽きた、という頃にやっと行ってきました。そのため場所が分からず、草取りをしていたおばあさんに教えてもらいました。
 行った時、民家の庭のゆずの木にいました。
P207941101

 生垣の中にもやってきました。
P207992801

 名前のとおりノド、お腹は白く、頭はやや黒く(漢字表記では頭黒虫喰)、背中は薄茶色ですね。
P207988601

 庭の前にも出てきました。
P207967301

 民家の植木鉢の端に止まっています。
P207958201

 反対向きになりました。ここが好きなようで、度々やってきました。
P207955801

 庭の植木にシジュウカラやメジロが来ると、ここは俺の家だぞ、と言わんばかりに追い払っていました。
P207952601

 追い払った後は、少し高い所で見張りです。
P207947001

 枯草の中で、何か餌を食べていました。
P207944401 

 庭の前に出てきて食べていたのは、パンの切れ端でした。民家の方が、餌付け、という意識ではなく可哀そうと思ってパンを与えたのだと思います。ムシクイは、その名のとおり”虫”が主な食べ物だからです。でもパンでも食べるのですね。
P207963901











« 浅川の鳥達 | トップページ | 裏山の鳥達 »

野鳥観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 浅川の鳥達 | トップページ | 裏山の鳥達 »