« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月30日 (火)

裏山の鳥

今日は平成最後の日、生憎の雨ですね。今日は、裏山で見た鳥達です。
 裏山の草地に「野鳥のレストラン」という一角があり、今は草が伸びていますが、その中にキジがいました。
Aca_642301

 これは別の場所で見たキジです。すぐ近くにいましたが、驚く風でもなく、ゆっくりと奥へ行ってしまいました。。
Aca_643601

 キジの周りを何かが動いていると思った瞬間、コジュケイが飛出し、奥の木に止まりました。
Aca_643701 

 しかし、すぐまた元の場所へ飛び込みました。子供でもいるのでしょうか。
Aca_644401

 帰りにオオタカが飛ぶのを見ました。近くで営巣しているのかも知れません。
Aca_646001

 一旦、遠くへ行った後、盛んに羽ばたいて、戻ってきました。
Aca_655901















2019年4月29日 (月)

オオルリ

昨日は、晴れの天気予報だったので、チャンスと思い、高尾山のふもとへオオルリを見に行きました。
 毎年止まる枯れ枝に今年もやってきました。枯れ枝はソングポストで、よく鳴いていました。
Aca_616901

 天気が良すぎて、背中の瑠璃色が黒く見えます。
Aca_617901

 隣のヒバの木に移っても鳴いていました。
Aca_621601

 暫くして、また枯れ枝に戻ってきて鳴いています。
Aca_631201

 周りを見渡しながら鳴いています。縄張りを宣言しているのでしょうか。
Aca_636701 

 帰りに別の場所でも鳴いているオオルリを見ました。
Aca_640401





2019年4月28日 (日)

イカルチドリの親子

毎年、この時季に浅川の同じ中洲で子育てするイカルチドリがいます。

 
 やっと雛を見つけました。周りの石ころと同化してなかなか見つけにくいです。
Abp_596801 

 雛は結構速く動き回るので、ちょっと油断すると見失ってしまいます。
Abp_579901

 見失って探していると、親が座っていました。
Abp_584001

 親鳥が立ち上がると、下に雛が隠れていました。
Abp_584601 

 雛は親と反対の方向に歩き出しました。
Abp_585201

 親が慌てて追いかけます。
Abp_585801

 こちらは父親でしょうか、石の上に乗って周囲を警戒しています。
Abp_599201



2019年4月27日 (土)

シロハラ・アカハラ

今日は、裏山で見たシロハラとアカハラです。雨が降りそう(実際、少し降っていた)な天気だったので、急いで帰る途中でした。

 裏山で丸太の階段を上っていたら、階段の上にシロハラがいました。
Abp_575001

 こちらが階段を少し上がると、それにつれて上がります。
Abp_575301

 最上段まで上がって、右側の草薮に入っていきました。
Abp_575601

 階段を上がり切ったところに、今度はアカハラがいました。
Abp_575801 

 こちらも驚きましたが、向こうも驚いたらしく、こちらを見てから藪に飛び込みました。
Abp_576201 

 草原で見たツグミです。まだいますね。
Abp_573701





2019年4月26日 (金)

三番瀬、葛西臨海公園のその他の鳥達

今日は、三番瀬、葛西臨海公園で見たその他の鳥達です。
 ミヤコドリはまだいました。
Aca_491501 

 群れで飛んでいました。
Aca_508901

 ヨシガモのオスがいました。長い三列風切羽はありませんでした。
Abp_569901 

 後ろからメスが付いてきました。
Abp_570401

 池の真ん中で、コチドリが羽繕いをしていました。
Abn_527501

 もう1羽いて、そちらへ飛んで行きました。つがいでしょうか。
Abn_529301

 綺麗な飾り羽を付けたコサギがいました。目元は赤くなっていあmす。
Abn_530201

 沖合をたくさんのカモが飛んでいました。スズガモのようです。
Aca_507801




2019年4月25日 (木)

嘴に特徴のある鳥達

今日は、嘴に特徴のある鳥達です
 まずは、嘴が大きく下に曲がったホウロクシギです。泥の中の餌を探すために進化したのでしょうか。

Abp_565201

 潮の引いた干潟で嘴を泥の中に入れていました。
Abp_56771 

 こちらはオオソリハシシギです。嘴が上に反っています。赤くなった夏羽です。
Aca_486401

 こちらはまだ赤くなっていない個体です。赤くなる時季には個体差があるようです。
Aca_487101

 2羽で飛んで行きました。
Aca_488401

 これはアオシギです。細く尖った嘴が特徴ですね。
Abn_526001

 2羽いました。右側は飛ぶ寸前で、嘴が交差しました。
Abn_531001

 最後は、葛西臨海公園で見たクロツラヘラサギです。手前の堤防が邪魔でうまく撮れませんでしたが、なんとか黒いヘラ状の嘴が見えました。
Abp_564001
 









2019年4月24日 (水)

砂浜の鳥達

今日は、潮の引いた砂浜にいた鳥達です。
 まずは、キョウジョシギです。茶色、黒、白の模様が独特ですね。
Aca_474901

 浜辺を歩きながら餌を探していました。
Aca_478001

 メダイチドリもいました。
Aca_478801

 色の濃い個体と淡い個体がいました。
Aca_480801 

 足にいっぱいタグを付けたミユビシギです。ちょっとかわいそう。
Aca_474201

 それでも砂浜を元気に走っていました。
Aca_474601

 お腹が黒くなったダイゼンです。もっと黒くなります。
Aca_493401

 たくさんいたハマシギの飛翔です。
Aca_481201

 ハマシギの群翔です。数百羽はいたでしょうか。
Aca_510901
    






2019年4月23日 (火)

チュウシャクシギ

また三番瀬へ行ってきました。帰りには葛西臨海公園にも寄ってきました。前回見なかったチュウシャクシギが両方にいました。
 葛西臨海公園の上の池にチュウシャクシギが1羽いました。
Abp_533601

 頭を足で掻いていました。ちょっと面白い格好でした。
Abp_538401

 三番瀬では、潮の引いた砂地に数羽がいました。
Aca_512101 

 4羽がまとまっていました。
Aca_516601 

 もっと広く見ると8羽いました。

Aca_513701

 さすが警戒心の強い鳥です。すぐに飛んで行きました。
Aca_518101

 






2019年4月21日 (日)

コムクドリ

毎年、今頃に桜の木にやって来るコムクドリを見に行ってきました。カメラマンが5,6人いました。
 最初に見つけた時は、1羽だけ電線に止まっていました。オスです。
Aca_463301

 桜の木の下を近づいて、真下まで来ました。さすがに、この後、飛んで行きました。
Aca_464501

 今度は、10羽程の群れが桜の木にやってきました。これもオスですね。
Aca_466201

 桜の木を器用に歩いて移動しています。
Aca_467201

 枝や花が邪魔で、なかなか全身を撮るのに苦労します。
Aca_467801

 反対向きになりました。行動の予測がつきません。
Aca_468301

 太い幹の後ろに行きました。この後、全部、飛んで行きました。
Aca_469501





2019年4月20日 (土)

キビタキ

今日、裏山でキビタキを見ました。今季初認です。綺麗な声で鳴いていました。
 口を少し開けて鳴いています。
Aca_451401

 喉の黄色がきれいですね。枝から枝へ飛び回っていました。
Aca_449201

 何か虫を捕えていました。
Aca_443901

 横になって飛びそうです。
Aca_445701 

 うーん、思っていたのと違う方向に飛びました。
Aca_443501

 真上に来ました。下から見上げるとお腹しか見えません。
Aca_440201




2019年4月19日 (金)

浅川散歩

昨日は、高尾山のふもとまで夏鳥を探しに行きましたが、オオルリの鳴き声を聞いたでけでした。帰りは浅川沿いに歩いてきました。
 イカルチドリが毎年子育てをしている中洲近くにイカルチドリがいました。
Aca_427501

 優しそうな顔をしているので、メスでしょうか。まだ営巣していないようです。
Aca_426601 

 近くでオスらしいイカルチドリが水の中に入っていました。確かにこの日は暑かった!
Aca_428901

 豪快に水飛沫を上げて水浴びです。
Aca_429501

 何度も翼をバタバタさせて水をまき散らしていました。
Aca_431101 

 時々、頭を水の中に入れて、ぶるぶるしていました。
Aca_432201

 ツバメは巣作りの真っ最中らしく、巣材の泥を集めていました。
Aca_421001

 口いっぱいに泥を銜えています。
Aca_423401

 コガモがまだいました。そろそろ北へ旅立つころです。
Aca_425301 

 河川敷のグランドにツグミがいました。ツグミもそろそろ北へ帰るころです。
Aca_436101_1

 珍しい茶色のドバト(カワラバト)がいました。
Aca_418401





2019年4月17日 (水)

エナガ団子

今日、やっと念願のエナガ団子を見ることができました。巣のある場所を教えてもらい、毎日、通ってまだかまだかと巣を見上げていました。
 巣を見ていたら、こっちにいるよ、と教えてもらい、行くと、エナガが団子状にくっついていました。全部で8羽の雛がいました。
Aca_379001

 親が近づくと、口を開けて餌をねだります。
Aca_384901

 親が餌を運んできました。長い虫です。
Aca_379401 

 今度は、小さな虫を一杯銜えています。
Aca_389501

 さらに、今度は小さな青虫のような虫を咥えています。
Aca_391701

 暫くすると、お腹いっぱいになったのか、少しづつばらけ始めました。
Aca_404901

 ばらけた後の1羽です。
Aca_403401

2019年4月12日 (金)

谷津干潟の鳥達

今日は、三番瀬の帰りに寄った谷津干潟の鳥達です。
 頭が真っ白、背中が真っ黒な成鳥のセイタカシギのオスです。
Aca_333201

 頭が黒いですが、背中はしっかり黒いので、これも成鳥と思われます。
Aca_333401

 こちらは背中に少し茶色が入っていますので、まだ若い鳥のようです。
Aca_333001 

 メダイチドリです。諦めかけた時に10羽ほどでやってきました。胸が赤く夏羽ですね。
Abn_362401

 こちらは、まだ赤くなっていない個体です。
Abn_358401

 水路で、何か赤い魚のようなものを食べていました。
Abn_355001

 ハシビロガモのつがいです。まだカモはたくさんいました。
Aca_329301 

 ヒドリガモもいました。
Aca_330401

2019年4月11日 (木)

三番瀬の鳥達

昨日は、雪混じりの冷たい雨が降り、寒かったですね。一昨日に三番瀬に行きましたが、昨日でなくてよかったです。
 杭の上で潮が引くのを待っているオオソリハシシギです。
Aca_290101

 潮が引くと、早速、浅瀬に降りて餌を探していました。
Aca_325901

 ホウロクシギが飛んできました。
Aca_299601

 浅瀬で貝のようなものを見つけて食べていました。
Aca_316301

ミヤコドリは、強い風で羽が捲れ上がりながら潮の中を手段移動です。。
Aca_298401

 1羽が砂地まで上がってきました。
Aca_310901
         






2019年4月 7日 (日)

ヒバリとアマツバメ

多摩川定期カウントの帰りに、ヒバリとアマツバメを見ました。ヒバリが5羽、公園の草地広場にいました。冬には20羽以上がいたのですが、大部分は多摩川などの河川敷で営巣するために移動したようです。
 冠羽を立てたヒバリのオスです。
Aca_276401

 こちらはメスでしょうか、色が薄いですね。
Aca_282301

 飛翔も撮れました。近づいたので、飛んで逃げる時に撮ったものです。
Aca_278101

 上空をツバメが飛んでいたので、見るとアマツバメでした。大きな鎌形の翼、白い腰、割れた尾羽が見れます。
Aca_289001

 もう1枚。頭は灰色ですね。
Aca_288801

 お腹側も撮れました。お腹は黒いですね。
Aca_287901 

 これは多摩川上空で撮ったヒメアマツバメです。アマツバメとの違いは尾羽の形ですね。
Aca_275101
 


2019年4月 6日 (土)

ミサゴ

今日は、昨日の猛禽の続きでミサゴです。
 多摩川の上をゆっくり飛んできました。下を見ています。
 Aca_253801

 近くまでやってきました。やはり下を見ています。獲物を探しているのでしょうか。
Aca_253401

 やはり強風のためか、尾羽を広げています。
Aca_255301

 胸に褐色が僅かにあります。メスでしょうか。
Aca_255601

 カラスが襲ってきました。ミサゴは慌てて逃げています。
Aca_258101

 カラスはしつこく追いかけていました。ミサゴはカラスより弱いのですかね?
Aca_258201


2019年4月 5日 (金)

ノスリ

先日、風の強い日に多摩川中流域の定期カウントに参加してきました。この地域は猛禽がよく出るところです。今日もノスリが3,4回出てくれました。写真は、そのうちの1回です。
 強い風に向かって、大きな翼を広げて、ゆっくりと、旋回していました。
Aca_251401

 旋回する時、背中も見えました。
Aca_269401

 下を見ながら飛んでいます。獲物を探しているのでしょうか。
Aca_261601

 尾羽と右の翼のP7の一部が欠けています。こんなに大きなノスリでも何かに襲われたのかも知れません。
Aca_251701

 こちらに向かってきました。飛んでいる間中、尾羽は広げたままです。強風のためバランスを取っていると思われます。
Aca_268601 

 風にあおられたのでしょうか、立ち上がるような姿勢になりました。
Aca_270301

2019年4月 3日 (水)

八丈島での鳥達

今日は、八丈島で見た鳥達です。八丈島では、1時間足らずの上陸でしたが、仲間の皆さんは出航を待つ間でも鳥見に余念がありませんでした。
 メダイチドリがいました。これから北の方へ渡って行くのでしょう。
Aca_119711

 ムナグロもいました。桟橋に何かいるのでしょうか。
Aca_119701

 時々、大きな波が桟橋に打ち付けていました。
Aca_121901

 近くの杭の上にイソヒヨドリのオスがいました。
Aca_124301

 シャッターを押した瞬間に飛んだので、飛翔姿が撮れました。
Aca_124801

 鳥ではありませんが、八丈島近くで、ザトウクジラを見ました。カメラを向けた時は背中しか見えませんでした。
Aca_118501




2019年4月 2日 (火)

オオミズナギドリ

今日は、八丈航路の行き帰りの間、ずっと船の周りを飛んでいたオオミズナギドリです。曇り空のため、画面が暗くなっています。
 背中側は黒っぽく、細かな白い斑があり、頭は胡麻塩模様です。
Aca_160801 

 お腹側は白っぽく、羽縁は黒ですね。
Aca_158701 

 ほとんど飛んでいますが、この日は海が穏やかだったため、一部が海上に降りていました。
Aca_188401

 船が近づくと、慌てて飛び立ちました。やはり少し助走が要るようです。
Aca_188701

 まだのんびり浮かんでいる個体もいますが、大部分は大騒ぎで飛び立ちました。
Aca_188801

 群れになって飛んで行きました。
Aca_189701

 漁船の後ろからついて行くものもいました。
Aca_194801

2019年4月 1日 (月)

クロアシアホウドリ

今日は、八丈航路で見たクロアシアホウドリです。数回、見れましたが、写真に撮れたのは1回だけでした。遠目に見ても、大きく真っ黒い体で判別できます。
 黒い体と翼で嘴の根元、尾羽付近がやや白いですね
Aca_205201 

 大きな翼を広げて滑空しています。
Aca_206301 

 時々、羽ばたいていました。嘴はアホウドリ科特有の形をしていますね。
Aca_207401

 こちらに向かってやってきました。
Aca_209301

 正面向きになりました。
Aca_209501

 あまり近づかず、横を向いてしまいました。
Aca_210801
         






« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »