« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月29日 (月)

シメ

昨日、ジョウビタキの出を待っている時、3羽の小さい鳥が林の中に飛び込んできました。見るとシメでした。シメも今季初認です。
 肉色の大きな嘴、鋭い目、茶色背中、間違いなくシメです。
Abp_554401

 少し見えるところに出てきました。正面向きですが、顎の黒が目立ちますね。
Abp_556401

 飛び去る直前に、ちょっと振り返えりました。
Abp_560001

追加です。
今日も別の場所で見ました。声がするので見上げると枝の間にいました。
Abp_563701

 すぐに飛んで、葉っぱのある木の中に入りました。逆光で見難かったです。
Abp_564601






















2018年10月28日 (日)

ジョウビタキ

ジョウビタキの声は何度か聞いていたのですが、姿を捉えられず、今日、やっとオス、メスを撮ることができました。もう少しすると、見飽きた、となるのでしょうが、初認は嬉しいものです。
 ヒッ、ヒッと鳴きながらオスがやってきました。オレンジ色のお腹、灰色の頭、黒い顔、嬉しいですね。
Abp_542301

 ミズキの赤い実を嘴で採って銜えています。
Abp_549601

 そして器用に口の中に入れて丸呑みしました。
Abp_547401

 ジョウビタキのメスです。茶色い体に白い紋がありますね。
Abp_517301

 こちらもオスと同じようにヒッ、ヒッと鳴いていました。
Abp_552101

 鳴きながら羽をバタバタさせていました。
Abp_553301










2018年10月26日 (金)

セキレイ

浅川を歩いていると、ハクセキレイ、セグロセキレイ、キセキレイの3種のセキレイによく出逢います。
 民家の屋根の上に止まるハクセキレイ。
Abp_483901

 2羽でいました。つがいかな?
Abp_484701

 顔に黄色味が見えます。幼鳥でしょうか。
Abp_495801_2

 川の浅い所で鳴いているのはセグロセキレイ。
Abp_506901

 民家のベランダの手すりにも止まっていました。
Abp_507301

 ブロックの上にいるのはキセキレイ。
Abp_486801

 アッ!飛びました。
Abp_486901

 コンクリート壁にへばりついています。
Abp_490301















2018年10月25日 (木)

イソシギ

浅川を歩いてきました。イソシギがたくさん見れるようになってきました。
 乾いた土の上を歩いていました。土の色と同じですが、お尻をふりふり動くので分かりました。
Abp_482401

 こちらは川の水辺にやって来ました。
Abp_483201

 キセキレイとのツーショットです。
Abp_488501

 水が激しく流れる端に立っています。足は水の中ですが、流されることはなさそうです。
Abp_493101

 こちらは小砂利の中洲にいます。
Abp_496401_2

 こちらは別の個体で、少し湿った場所で餌を探しています。
Abp_498701_2

 何か捕まえました。えびでしょうか。
Abp_502501_2

 こちらは、石の上で羽繕い中です。
Abp_508501_2














2018年10月24日 (水)

裏山散歩

鳥仲間の間ではノゴマの話で盛り上がっているようですが、私は車の運転ができないので行くことができず、指をくわえて見ているだけで残念です。今日は、天気がよかったので、裏山を歩いてきました。
 久しぶりにアオゲラに出逢いました。
Abp_470601

 後頭部まで赤いので、オスのようです。
Abp_473201

 コゲラもいました。
Abp_475401

 いつも背中しか見えないので、お腹が丸見えなのは珍しいです。
Abp_477801

 15羽ほどのエナガの群れにも出逢いました。
Abp_409301

 動きが速いので、カメラに捉えるのは大変です。
Abp_461801

 ヤマガラは下に落ちたエゴの実を銜えていました。
Abp_426801

 エゴの実を銜えたまま上の木に飛び上がっていました。
Abp_426901

















2018年10月21日 (日)

イカルチドリ

いい天気になったので、浅川を歩いてきました。川の中州にイカルチドリがたくさん集まっていました。全部で14羽いました。
 一番近くにいた個体です。中洲のためか、かなり近ずいても逃げませんでした。
Abp_441501

 こちらには4羽がまとまっています。
Abp_432701

 さらに、こちらには5羽がいます。
Abp_442601

 イカルチドリの群れにイソシギもやってきました。
Abp_430101

 時々、ピュイ、ピュイと鳴きながら飛び回っています。
Abp_446001

 こちらでも。
Abp_445301

 そして、また元の中洲に降り立ちます。
Abp_446701

 仲間のいるところに降ります。
Abp_435101














2018年10月19日 (金)

モズ

裏山へ冬鳥を探しに行きましたが、まだ早いのか見つかりませんでした。モズがあちこちで鳴いていました。どういう訳か見たのはメスばかりでした。
 細枝に止まって、周りを見ています。
Abp_408201

 こちらは、細枝に止まって鳴いていました。
Abp_408901

 こちらでも大きな口を開けて鳴いていました。
Abp_416501

 こちらは葉の陰に隠れながら鳴いていました。
Abp_420401

 そのうちに羽をバタバタさせ始めました。近くにオスがいたのでしょうか。
Abp_421801

 飛んだ先でも羽をバタバタさせていました。餌をねだる時の行動に似ています。
Abp_423401












2018年10月11日 (木)

ダイサギ、アオサギなど

昨日の@続きで、浅川の定期カウントで見たダイサギとアオサギです。カウント中にたくさんのダイサギとアオサギを見ました。川の水が多かったせいか、木の上に止まっているものが多くいました。
 木の上に止まるダイサギ。
Img_176401

 アオサギに追い出されるダイサギ。アオサギの方が強いようです。
Img_201401

 別の木には5羽のダイサギが止まっていました。
Img_201501

 アオサギの豪快な狩りです。羽を広げて川の中へ顔を突っ込む姿を初めて見ました。
Img_202401

 水管橋の上にトビが止まっていました。小型カメラでは飛んでいるトビもまともに撮れませんので。
Img_203301

 別の日、家の前の電線にコサメビタキが止まっていました。
Abp_402501

 3羽いて、近くの大きなけやきとの間を行き来していました。
Abp_403801


























2018年10月10日 (水)

浅川定期カウント

浅川中流域の定期カウント(月1回の調査)に小型カメラを持って参加してきました。
 久しぶりにアリスイを見ました。隣にはモズもいました。
Img_192701

 イソヒヨドリのメスもいました。1羽だけで寂しそうです。
Img_184001

 定番のイカルチドリです。4羽いました。
Img_182801

 こちらはカワセミのつがいのようです。仲が良さそうですね。
Img_180401_2

 イソシギも2羽でいました。つがいでしょうか。
Img_199301

 モズ♀が木の上で高鳴きをしていました。モズの高鳴きを聞くと秋だなあ、と思います。
Img_204501






« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »