« 飛島(8) | トップページ | キアシシギ »

2018年5月22日 (火)

飛島(9)

飛島シリーズも今日で終わりです。今日は、今冬、地元で見た鳥達です。
 シメです。近くに寄っても逃げませんでした。嘴が鉛色になっていますね。
Abs_295201

 アトリ♂です。頭が真っ黒になっています。
Abs_426501

 こちらはアトリ♀です。グミの実を食べていました。
Abs_589901

 マヒワもたくさんいました。
Abs_448001

 マヒワとアトリが一緒にいました。
Abs_450801

 カシラダカが道端で採餌していました。顔が黒くなり、夏羽ですね。
Abs_588801

 イカルもいました。渡りをする鳥ではないと思いますが、ここにいる留鳥でしょうか。
Abs_520001

今回の飛島は、一人で行ったので、不安だらけでしたが、周囲の鳥に詳しい方々に助けられて、たくさんの鳥を見ることができました。ただ、もっとたくさんの鳥がいたようで、100種以上見た人もいました。鳴き声で鳥種の識別ができない、知識不足により鳥種の見分けができないなど、自分の未熟さを思い知りました。










« 飛島(8) | トップページ | キアシシギ »

野鳥観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飛島(9):

« 飛島(8) | トップページ | キアシシギ »