« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月28日 (月)

カルガモの親子

飛島のダム湖でカルガモの親子を見ました。この時季、浅川でも見られます。
 カルガモのお母さんが、孵化して1週間程?の子供達を連れて、お散歩にやってきました。

Abs_5561011

 子供は全部で11羽います。
Abs_5555011

 岸に沿って、身を隠しながら泳いで行きました。
Abs_551701

 ダムのコンクリート斜面に着くと、好奇心の強い子供達が早速、上り始めました。
Abs_553401

 3羽が途中まで上りましたが、下の2羽は上れませんでした。
Abs_555001

 暫くすると、お母さんが、さあ帰るよ!と言って、帰って行きました。
Abs_554701













2018年5月24日 (木)

オナガ

昨年、ツミが営巣した公園に行ってみました。ツミはいませんでしたが、数羽のオナガがカラスを取り囲んで、威嚇していました。
 オナガが胸を膨らませて、ギャーギャー鳴いてカラスを威嚇していました。
Abs_636201

 木の中を飛び回っていました。かなり興奮しているようです。
Abs_636401

 カラスが逃げて行くと、2羽が少し高い木に止まりました。見張りでしょうか。
Abs_637901

 巣材らしきものを銜えています。どうやらここで営巣するようです。
Abs_636601

 浅川へ行くと、対岸でオオヨシキリが鳴いていました。
Abs_625801

 イカルチドリの子供は元気に動きまわっていました。
Abs_627101









2018年5月23日 (水)

キアシシギ

飛島シリーズ掲載中に浅川でキアシシギを見ました。毎年、この時季、渡りの途中に羽を休めに浅川へやってきます。
 名前のとおり黄色い足が特徴です。
Abs_605301

 例年、5,6羽の群れでやってくるのですが、今年は、ぽつんぽつんと1羽づついました。歩いた範囲(2kmほど)では7,8羽いました。
Abs_604901_2

 中洲の真ん中の石の上に止まっていました。お休み中でしょうか。
Abs_621501

 少し高い石の上に登って、どうしたものか、と下を見ています。この後、無事に下へ降りました。
Abs_644501

 少し深い水の中にも行きます。
Abs_631901

 顔をすっぽりと水の中に沈めています。餌を探しているのでしょうか。
Abs_631101_2




















2018年5月22日 (火)

飛島(9)

飛島シリーズも今日で終わりです。今日は、今冬、地元で見た鳥達です。
 シメです。近くに寄っても逃げませんでした。嘴が鉛色になっていますね。
Abs_295201

 アトリ♂です。頭が真っ黒になっています。
Abs_426501

 こちらはアトリ♀です。グミの実を食べていました。
Abs_589901

 マヒワもたくさんいました。
Abs_448001

 マヒワとアトリが一緒にいました。
Abs_450801

 カシラダカが道端で採餌していました。顔が黒くなり、夏羽ですね。
Abs_588801

 イカルもいました。渡りをする鳥ではないと思いますが、ここにいる留鳥でしょうか。
Abs_520001

今回の飛島は、一人で行ったので、不安だらけでしたが、周囲の鳥に詳しい方々に助けられて、たくさんの鳥を見ることができました。ただ、もっとたくさんの鳥がいたようで、100種以上見た人もいました。鳴き声で鳥種の識別ができない、知識不足により鳥種の見分けができないなど、自分の未熟さを思い知りました。










2018年5月21日 (月)

飛島(8)

飛島シリーズももう少しです。
 アカハラが木の上に止まっていました。
Abs_583501

 道端に降りて採餌していました。
Abs_405201

 こちらはマミチャジナイです。アカハラに似ていますが、眉斑がありますね。
Abs_546001

 松に絡まる蔦の実を食べていました。
Abs_547301

 コムクドリもいました。地元で毎年桜の木にやってくるのすが、今年は見逃していました。
Abs_385001

 アマツバメです。大きな鎌型の翼、黒いお腹。何やら巣材のようなものを持っています。ここで営巣しているのでしょうか。
Abs_510401

 ハクセキレイの亜種、ホオジロハクセキレイです。ハクセキレイは顔に黒い線がありますが、黒い線が無く、顔が真っ白なのが特徴ですね。
Abs_517901












2018年5月20日 (日)

飛島(7)

今日も飛島の鳥達で、少し大きい鳥を集めました。
 アマサギです。地元では見れませんでしたが、ここで見れました。
Abs_367501

 木の上にも止まります。やはりサギの仲間ですね。
Abs_584701

 飾り羽をいっぱいつけたチュウサギです。
Abs_371201

 畑のネットの中でも平気でした。
Abs_314301_2

 ハヤブサが飛んでいました。
Abs_402401

 毎年、崖の上で営巣しているそうです。
Abs_595301

 カッコウも遠くに枝に止まって鳴いていました。
Abs_595901

 なんとヒレンジャクです。松の新芽の上に新芽に疑似しているかのように止まっていました。
Abs_575801



















2018年5月19日 (土)

飛島(6)

今日は、ムシクイと青い鳥です。
 キマユムシクイです。昨年、飛島で初めて見ましたが、今年はたくさんいました。
Abs_483701

 水浴び中のキマユムシクイです。特徴の翼帯が2本見えます。
Abs_481601

 こちらはセンダイムシクイです。黄色味がやや強いですね。
Abs_498201

 こちらもセンダイムシクイです。近くの草に止まりました。他のムシクイもいたようですが、判別がつきませんでした。
Abs_485501

 オオルリです。それほど個体数は多くはありませんでした。
Abs_391901

 毎回、同じ枝に止まっていました。
Abs_394001

 コルリです。鳴き声はたくさん聞きましたが、なかなか姿を見れませんでしたが、畑へ上る階段に出てきました。
Abs_461801

 ルリビタキもいました。夏は高山で営巣するそうですが、北へ渡る個体もいるのでしょうか。
Abs_479801













2018年5月18日 (金)

飛島(5)

今日も飛島で見た鳥達です。毎回、4,5種を掲載していますが、まだまだたくさんあります。
 オジロビタキです。喉のオレンジがきれいです。道端に出ていました。
Abs_344901

 時々、飛び上がっていました。虫でも獲っているのでしょうか。
Abs_350301

 夏羽のノビタキです。白、黒、オレンジのコントラストがきれいです。
Abs_283001

 イタドリの上にも止まっていました。
Abs_289501

 コサメビタキです。夕方だったため暗くなってしまいました。
Abs_431501

 こちらのコサメビタキは日差しをたっぷり浴びています。
Abs_550801

 エゾビタキもいました。胸の縦斑が目立ちます。
Abs_488901

 ダム湖の上の木に何度も止まっていました。
Abs_487301












2018年5月17日 (木)

飛島(4)

今日も飛島で見た鳥達です。
 シマアオジです。初見です。草の中から時々上に上がってきました。お腹の黄色がきれいでした。
Abs_566401

  草の中から出て、遠くの笹の上に乗りました。
Abs_586501

 普通のアオジです。草地、道端などにたくさんいました。
Abs_494001

 シベリアアオジだと思います。全体的に黒っぽく黄色味がありません。
Abs_329501

 ホオアカです。たくさんいました。胸のリングが目立ちますね。
Abs_559201_2

 こちらはイタドリの上に止まっていました。
Abs_591501_2

 コホオアカです。畑や道などにたくさんいました。ホオアカより多かったと思います。
Abs_332201

 イタドリの葉の中を飛びました。
Abs_316601

 

















2018年5月16日 (水)

飛島(3)

今日も飛島の鳥達です。飛島シリーズは当面、続きます。今日は、ブッポウソウ、サンショウクイ、カラアカモズです。
 ブッポウソウです。青い体に赤い嘴が特徴ですね。
Abs_310601

 別の日にも見ました。細い木の枝の先に止まっていました。
Abs_543701

 飛んだ時、翼の先が白いのがきれいです。
Abs_544001

 すぐ近くの木にサンショウクイが止まりました。10羽近い群れで行動していました。
Abs_499901

 別の日にも見ました。枝の先に器用に止まっています。
Abs_456201

 カラアカモズだそうです。初見です。近くの人に教えてもらいました。
Abs_578901

 アカモズの亜種ですが、アカモズより赤味が少ないですね。
Abs_581201



2018年5月15日 (火)

飛島(2)

飛島で見た鳥は60種を越えました。鳥種が不明、間違いなどがあるため正確な数は分かりません。今後掲載する鳥で間違いがありましたら、コメントで御指摘ください。今日はビンズイ、キマユホオジロ、マミジロ、マミジロタヒバリです。
 ビンズイです。道端に出てきたり、側の藪の中を歩いていたりしていました。
Abs_506801

 珍しく木に止まっていました。
Abs_521601

 キマユホオジロです。やはり道端に出てきていました。
Abs_429701

 畑にもいたのですが、写真は撮れませんでした。
Abs_426901

 マミジロです。見たのは2回目で、前回も飛島でした。
Abs_336901

 飛んで草薮に飛び込み、少し遠い道端にまた出てきました。
Abs_337101

 マミジロタヒバリです。足が長くスマートですね。
Abs_324901

 何か気になったのでしょうか、上を見ています。
Abs_323801












2018年5月14日 (月)

飛島(1)

GW中に飛島へのツアーに参加する予定でしたが、フェリーが欠航したため、取り止めになりました。そこで初めて一人で行ってきました。事前に鳥情報があまりなく、鳥はいないと覚悟して行きました。行っている間も、雨や強風など安定した天気には恵まれませんでしたが、結果的に沢山の鳥を見ることができました。
今日は、たくさんいたキビタキ、マミジロキビタキ、ムギマキです。
 キビタキが道端に出て採餌していました。
Abs_516201

 冠羽中でしょうか、頭がもふもふになっています。
Abs_277901

 キビタキ♀もいました。
Abs_475401

 キビタキより多かったのがマミジロキビタキです。
Abs_425901

 このロープ付近に3日間いました。
Abs_509401

 道端にも出てきていました。
Abs_406901

 ダム湖にメスもいました。初め何だか分からなかったのですが、詳しい人にマミジロキビタキのメスだと教えて頂きました。
Abs_486201_2

 ムギマキもたくさんいました。ムギマキを見たいと思っていたので、嬉しかったです。道端に出ているのをよく見かけました。
Abs_541801

  ちょっと羽を広げておどけて見せました。
Abs_542501

 もちろん木の中にもいました。
Abs_286901













2018年5月 6日 (日)

山の夏鳥

山の夏鳥を探しに近くの山へ行ってきました。
 キビタキがあちこちで鳴いていました。
Abs_249101

 すぐ近くにやってきたキビタキです。
Abs_251401

 いつもとは違う場所でサンコウチョウにも出逢いました。ゲッ、ゲッと鳴いていました。長い尾が撮れましたが、シルエットになってしまいました。
Abs_250601

 竹藪の中に逃げ込んだためほとんど顔が撮れませんでした。
Abs_251001

 杉の木の中ではメスでしょうか、尾が短いですね。
Abs_250501

 オオルリのメスです。オスもいましたが写真に撮れませんでした。
Abs_258701

 コサメビタキもカエデの木の中を行ったり来たりしていました。
Abs_253701













2018年5月 4日 (金)

浅川散歩

この4連休は出かける予定でしたが、急にキャンセルになったため、時間ができてしまいました。かと言ってどこに行くあてもなし。浅川を歩いてきました。
 キジ♂がいいところに出ていました。緑の草に赤い顔が目立ち、綺麗ですね。
Abs_216301

 緊急警報のスピーカの上でホオジロが囀っていました。囀りが拡声できるのでしょうか。
Abs_24680

 コガモのつがいがまだ残っていました。カモの中では一番遅くまで残っているそうです。
Abs_232401_2

 コンクリート橋の周辺ではイワツバメたちが乱舞していました。
Abs_226001

 鉄柵の上にカワセミが止まっていました。大きな魚を銜えています。飲み込むのに苦労しているようでした。
Abs_227401

 チョウゲンボウが飛んでいたので、撮っていると、急にトビが襲いかかってきました。チョウゲンボウが何か持っています。
Abs_235101_2

 その後、ハシボソカラスも加わって、3者入り乱れての乱戦がしばらく続きました。
Abs_239501_2

 しかしチョウゲンボウの方が身軽く、スピードも速く、トビとカラスは置いて行かれて、幕となりました。
Abs_240301











2018年5月 1日 (火)

イカルチドリの親子(2)

今日は、イカルチドリの親子のうち、川の中州で子育てしている親のイカルチドリです。子供(雛)は4羽いて、活発に動き回っています。
 こちらはお父さん。石の上に上がって、周囲を見張ります。
Abs_190801

 こちらはお母さん。動き回る子供達を見守ります。
Abs_193601

 両親に守られて、子供達は元気に走り回っていました。
Abs_196001

 突然、お父さんが走り出しました。
Abs_204801

 中洲にムクドリがやってきたのです。しばらく睨みあいが続きます。
Abs_210701

 そしてお父さんが襲いかかりました。ムクドリは慌てて逃げて行きました。
Abs_211301

 その後、ハシボソカラスもやって来たのですが、その時は、お父さんとお母さん2人がかりで追い払いました。親は強し、ですね。
Abs_211401











« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »