« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月30日 (月)

イカルチドリの親子(1)

ここ数年、イカルチドリが営巣、子育てしている浅川の中洲があります。大きさは、年に寄って変わりますが、今年は、長さ50m、幅15mくらいです。先日、見に行ってみると、雛がかなり大きくなっていました。今日は、子供です。
 周りの石ころに紛れて、じっとしているとどこにいるか分かりません。
Abs_176501

 しかし、元気よく歩き回っていて、なんとか見つけることができます。
Abs_175801

 大きい足ですね。この大きな足で石ころの上でも素早く歩けるのでしょう。
Abs_192401

 餌も自分で探して食べます。
Abs_189701

 こちらでも何かを見つけたようです。
Abs_188201

 草陰に隠れて、こちらを見ています。一応、警戒しているのでしょう。
Abs_189201



















2018年4月29日 (日)

キビタキ

裏山で1週間ほど前から巻き声を聞いていましたが、姿を見つけることができませんでした。先日、やっと姿を捕え、囀っているところも撮れました。
 大きな口を開けて囀っています。前の枝が邪魔です・・・
Abs_174501

 少しこちらを向いて、また鳴きました。
Abs_173801

 さらに向こうをむいても鳴きました。鳴く時、あっちを見たり、こっちを見たりするので、なかなか場所がわからないのですね。
Abs_172801

 時々、飛んで場所を変えます。一度見つけると、場所が変わってもすぐ見つけることができます。
Abs_170701

 こんどは青虫を捕えて食べていました。
Abs_167101


















2018年4月28日 (土)

渡り途中の田んぼのシギチ(3)

今日は、その他のシギチです。
 田んぼの中にオジロトウネンがいました。やや夏羽になっています。胸のところで首の斑とお腹の白がくっきり分かれています。足は黄色いですね。
Abs_152501

 飛翔時、翼帯がでます。
Abs_155711

 コチドリも近くにいました。コチドリの方がやや大きいですね。
Abs_154201

 チュウシャクシギです。20羽ほどの群れがいました。雨で色が出ません。
Abs_129301

 田んぼの畔の上にも並んでいました。
Abs_133601

 こちらは、すぐ近くまできたハマシギです。
Abs_109201

 田んぼの中で20羽ほどが散らばっていました。
Abs_107601












2018年4月27日 (金)

渡り途中の田んぼのシギチ(2)

昨日の続きで、田んぼのシギチです。
 まず、頭が茶色いウズラシギです。広い草原にいました。
Abs_115001

 写真には2羽ですが、全部で3羽いました。
Abs_110301

 こちらはクサシギです。背中の小さい斑点が特徴ですね。
Abs_138001

 蓮田でなにやら突いていました。
Abs_140501

 さらにこちらはタカブシギです。背中の模様は白黒まだらです。
Abs_163701

 雨の田んぼの中にタシギと一緒にいました。
Abs_100901_2














2018年4月26日 (木)

渡り途中の田んぼのシギチ(1)

大雨の中、ツアーバスで田んぼのシギチを見に行ってきました。雨の日は暗く、野鳥写真を撮るには全く不向きですが、ツアーなので仕方がありません。
今日は、定番のムナグロとキョウジョシギです。
 田んぼの中に30羽ほどの群れがいました。すっかり夏羽になった個体です。
Abs_106001

 こちらは、まだ冬羽にままの個体です。
Abs_097201

 背中が黄金色のものもいました。
Abs_158501

 午後3時過ぎ、水のない田んぼに座り込みました。ここで就寝するのでしょうか。
Abs_157901

 ムナグロと行動を共にすることが多い、キョウジョシギです。この時もムナグロがいる田んぼにいました。
Abs_096301



















2018年4月23日 (月)

シロハラとアカハラ

昨日は30度近くになる暑さでしたが、早朝は涼しく、裏山を歩いてきました。冬鳥のシロハラがまだいました。
 暗い木の中でじっとしていました。
Abs_091801

 近づいて行くとちょっと振り返りました。意外と人慣れした感じです。
Abs_090601_2

 地面に降りて、餌を探していました。
Abs_092701

 近くに人が来たので、また木の上に上がりました。
Abs_093501

 こちらはアカハラです。新葉の出た木立の中を動いていました。 
Abs_088701

 葉っぱが邪魔でなかなか全身を捉えられませんでした。
Abs_088001_2











2018年4月22日 (日)

キジの幌打ち

この時季、我が家にいても、裏山からキジのケーンという鳴き声が聞こえてきます。裏山へ行ってみると、近くでキジの幌打ちが見られました。
 少し高くなっている倒木の上に乗って、ケーンと目一杯の口を開けて鳴きます。
Abs_086301_2

 その後、翼をばたばたします。
Abs_086501_2



 鳴き終わった後、尾羽も上げていますね。
Abs_086701

 今度は後ろ向きで幌打ちです。
Abs_078601

 翼を広げ、尾羽を上げています。
Abs_076501

 これは、別のタイミングで撮った後ろ姿です。翼を広げ、尾羽を上げて根元も広げ、後ろからでも豪快ですね。
Abs_083501













2018年4月20日 (金)

コシアカツバメ(2)

今日は、昨日の続きで、コシアカツバメの電線止まりです。飛び回った後、少し休憩のためか、電線に止まりました。
 少し離れたところから撮ったのですが、下から見上げる形になりました。
Abs_061401

 こちらは、別の個体です。お腹の縦斑が少し薄いですね。
Abs_056101

 電線に止まってもあちこち向いていました。これは見返り。
Abs_065901

 こちらは普通の前向きです。
Abs_069401

 2羽が一緒に止まることもありました。なかよく羽繕い中です。
Abs_057701

 同じポーズを取っています。仲がいいですね。
Abs_060101











2018年4月19日 (木)

コシアカツバメ

毎年、ある団地で営巣していコシアカツバメを見に行ってきました。5,6羽が飛び廻っていました。
 名前のとおり腰が赤いです。目の後ろも赤いですね。
Abs_045201

 尾羽は、ツバメのように大きく二つに割れています。
Abs_051601

 急旋回も得意です。その理由は・・・
Abs_052101

 飛びながら虫を捕まえます。これは偶然撮れたものですが、前に虫がいます。
Abs_046501

 胴体下面は、全体に縦斑模様があります。
Abs_052801

 翼は鎌型にはなっていませんね。
Abs_053301

 こちらは、普通のツバメです。コシアカツバメと紛らわしく飛んでいました。
Abs_067301











2018年4月16日 (月)

三番瀬・谷津干潟の鳥達

今日は、三番瀬、谷津干潟で見たメダイチドリ、ハマシギ以外の鳥達です。
 すっかり夏羽になったカンムリカイツブリです。
Abs_003201

 ユリカモメの頭も黒くなっていました。
Abs_004101

 ユリカモメの群れの中にはまだ頭が白いもの、ごま塩頭のものなどもいました。
Abs_017001

 ダイゼンのお腹も黒くなっていました。
Abs_008901

 まだ冬羽に近いダイゼンもいました。
Abs_013801

 ミユビシギも首の周りが少し黒くなっていました。
Abs_020901

 嘴の根元が黄色いのでたぶんチュウサギだと思われます。
Abs_043701












2018年4月15日 (日)

ハマシギ

三番瀬でお馴染みのハマシギですが、今日は谷津干潟にいたハマシギです。群れで飛ぶ姿はつい見とれてしまいます。
 こちらは谷津干潟にいたハマシギです。やはり群れでいました。
Abs_040901

 一か所に固まっていました。
Abs_040701

 一斉に飛びました。
Abs_039601

 背中側を見せて飛んでいます。翼に白帯が見えます。
Abs_014101

 お腹側は白く見えます。
Abs_012201

 右に左に方向を変えながら飛び回っていました。
Abs_014101_2














2018年4月14日 (土)

メダイチドリ

前回(3月26日)、三番瀬に行った時見れなかったメダイチドリを谷津干潟で見てきました。
 胸が赤茶色になって綺麗な夏羽になっていました。
Abs_034201

 こちらは色が薄く、冬羽から夏羽になる途中のようです。
Abs_033601

 これは全体的に色が薄く、メスか幼鳥なのでしょうか。
Abs_033301

 近くに寄ってきました。こちらが気になるのでしょうか。
Abs_032101

 小さな水溜りで水を飲んでいます。
Abs_031401

 貝殻がたくさんある中で、何か食べていました。後ろにも1羽います。
Abs_029801


















2018年4月10日 (火)

ヒバリ

春になったので、ヒバリを見に行ってきました。芝が広がる原っぱで、サッカーの練習場みたいなところです。
 タンポポが咲く原っぱの中に冠羽を立てています。
Abr_968101

 近くにもう1羽いました。
Abr_966501

 珍しく翼を伸ばしています。
Abr_915301

 こちらを見ました。警戒したのでしょうか。
Abr_971601

 別の場所にもう2羽いました。後ろはスズメです。
Abr_940001

 2羽で仲良く餌を探していました。
Abr_956601

 時々、空に上がって、ピーチク、パーチク囀っていました。
Abr_974101

























2018年4月 6日 (金)

浅川散歩

吹き倒されるほど強い風が吹く中、浅川を歩いてきました。
 浅川に着くといきなり川原で繁殖行動をするコチドリに出逢いました。
Abr_866901

 写真を撮っていると、「何、見てんのよ」と睨まれました。
Abr_866201

 暫くすると、下のメスが歩き出し、上のオスが離れました。
Abr_868101

 こちらはイカルチドリです。
Abr_869501

 同じ川原に2羽いました。たぶんつがいでしょう。
Abr_889601

 水辺では、ツバメが巣材を集めていました。
Abr_869101

 口いっぱいに泥などを銜えています。
Abr_872101

 イワツバメは、コンクリートの橋の近くで30羽ほどが乱舞していました。
Abr_893201

 キジのオスが全身を出して、川原を堂々と歩いていました。
Abr_880101










2018年4月 3日 (火)

シメ

春真っ盛りの裏山を歩いていると、冬鳥のシメが羽繕いしていました。そろそろ北へ移動する準備でしょうか。
 両方の翼をぱたぱたしています。飛ぶ準備でしょうか。Abr_857501

 足で首のあたりを掻いています。
Abr_854401

 尾羽を思いっきり広げています。
Abr_855701

 片方の翼を広げています。もうすぐ見れなくなりますね。
Abr_856001

 ツグミもまだいました。周囲は緑に包まれています。
Abr_860901

 煩く囀っていたシジュウカラがフェンスの上に出てきました。
Abr_862601

 メジロもよく囀っています。
Abr_865401











« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »