« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月28日 (水)

バン

先日、シマアジを見に行った時、近くにバンが数羽いました。
 嘴が真っ赤で、成鳥ですね。
Abr_653201

 成鳥がもう1羽いました。
Abr_654301

 こちらは、嘴の赤が少し薄いので、若鳥でしょうか。
Abr_651701

 川の中州に上がって、草を食べている個体もいました。
Abr_647501

 こちらでも、むしゃむしゃ。
Abr_649101

 芝生のような草でも食べるのですね。
Abr_650201










2018年2月27日 (火)

シマアジ

昨年と同じ場所にシマアジが来ていると聞き、出かけてきました。シマアジという魚のような名前は、「シマ」は、シマアオジのように北海道方面から来たから、「アジ」は食用にされていて味が良かったから、ということが由来らしいです。
 昨年とほぼ同じ場所にいました。白く大きな眉斑が目立ちます。長い白黒模様の肩羽も目立ちますね。
Abr_638201

 上を見ています。カラスでも飛んだのでしょうか。
Abr_637801

 こちらを向きました。嘴が大きいですね。
Abr_640101

 見ている間、ほとんどの時間、嘴を水に浸けて水草を食べていました。
Abr_643501

 川の中には葦などがあり、写真を撮るのに苦労しました。
Abr_646901

 シマアジに付いて回っているメスがいました。シマアジのメスでは?と思いつつ撮ったのですが、図鑑で見て、コガモのメスだと分かりました。
Abr_641201










2018年2月25日 (日)

裏山の3大スター

裏山に行くと、カメラマンがたくさんいて、トラツグミ、ミソサザイ、ルリビタキの3種が人気です。トラツグミが見やすい夕方に行ってみました。
 いつものポイントで、貧乏ゆすりをしながら歩いている姿を見つけました。3種の中では、最も見難い種ですが、裏山ではほぼ見ることができます。
Abr_621701

 こちら向きになりました。少し怖い顔です。
Abr_613101

 飛んで、日陰の枝に止まりました。
Abr_598301

 ミソサザイは、小さくて動きが速いので、鳴き声を頼りに探します。水辺の倒木の周りを、ちょんちょんと飛びながら動いていました。
Abr_607101

 倒木の陰から向こう側を見ています。
Abr_605501

 倒木に上がって、向こう側に降りて行きました。
Abr_605301

 3種目は、ルリビタキです。写真映えするのか、カメラマンに人気です。
Abr_585001

 後姿で見返り、尾羽を広げました。
Abr_590501

 少し離れた枝に止まりました。
Abr_611001












2018年2月23日 (金)

水鳥2

今日は、昨日の続きで、池とその周辺にいた鳥達です。
 カンムリカイツブリです。2羽いました。
Abr_544301

 ユリカモメがたくさんいました。
Abr_541401

 近くの杭の上に止まったユリカモメ。
Abr_544701

 ユリカモメと間違えた真っ白なハト。
Abr_54500

 刈り取った葦の中にタシギがいました。見つけるのが大変でした。
Abr_547701

 葦の中にウグイスもいました。
Abr_549001














2018年2月22日 (木)

水鳥

先日、ヒクイナを見に行った時、隣に大きな池があり、水鳥がたくさんいました。
 いつもは水の中にいるオオバンが陸に上がって歩いていました。
Abr_532401

 葉きゃべつの葉をちぎって食べていました。
Abr_539901

 池の中には、カイツブリがたくさんいました。
Abr_550501

 向こうにももう1羽写っています。
Abr_546301

 ヒドリガモも陸に上がって落葉の中で餌を探しているようでした。
Abr_533001

 こちらはホシハジロのオスです。メスもいました。
Abr_545301

 池では珍しい?スズガモのメスです。
Abr_551001












2018年2月21日 (水)

ヒレンジャク2

今日は、昨日の続きで、ヒレンジャクの枝止まりです。
 寄生木のある隣の桜の枝に止まっています。
Abr_557301

 寄生木の実をたくさん食べてお腹いっぱいです。
Abr_554401

 写真を撮っていたら、こちらを睨まれました。
Abr_560101

 そして飛んで別の木に移りました。
Abr_560501

 大きな枝(幹?)の上に止まりました。右側にうんちが垂れ下がっています。
Abr_552901

 2連雀です。縦に並んでいます。
Abr_571801















2018年2月20日 (火)

ヒレンジャク

隣の町の公園にヒレンジャクが来たというので、見に行ってきました。昨日はヒレンジャク、キレンジャク合せて10羽程がいたそうですが、今日はヒレンジャクが2羽だけでした。
 寄生木の中にいました。尾羽の先端が赤いので、ヒレンジャクですね。
Abr_565601_2

 寄生木の黄色い実を食べていました。
Abr_562001

 こちらでも・・・・
Abr_577901_2

 そしてこちらでも・・・
Abr_578801_2

 寄生木の中を飛び回っていました。
Abr_575701_2

 尾羽を広げています。下尾筒は赤いですね。
Abr_564501

 もう1枚。とにかくよく動いていました。
Abr_570401

 さらに、もう1枚。お腹側から撮ると、なにも模様が無く面白くないですね。
Abr_575801




















2018年2月16日 (金)

ヒクイナ

早起きしてヒクイナを見に行って来ました。葦原の中に3mほど切り開かれている場所がありました。着くとすぐにヒクイナが葦原を横切って行きました。この時は、カメラと心の準備ができていなかったので、写真を撮ることができませんでした。しばらく待っていると、先ほどよりずっと手前、3mほどのところに出てきました。あまりの近さにびっくりしながら、夢中でシャッターを切りました。そしてまた隣の葦原へ消えて行きました。その間、約10秒。その後、1時間ほど待ちましたが出て来ませんでした。
 左側の葦原から出てきました。
Abr_534201

 目、顔、胸、足が赤いですね。
Abr_534601

 やや深いところでも平気で、ぐんぐん歩いて行きます。
Abr_535101

 首を長く伸ばしました。鋭い目をしています。
Abr_535401

 水の中に嘴を入れて何かを口にしたように見えました。何も咥えていないので、ただの水だったのでしょうか。
Abr_537001

 そのまま歩いていきます。
Abr_537401

 そして右側の葦原に消えて行きました。
Abr_537601












2018年2月14日 (水)

ルリビタキ

今日は、裏山のルリビタキです。オス、メスともに数羽づついるようです。
 ルリビタキのオスです。細い木の先端に止まっています。白い眉斑が短く目の前で切れています。
Abr_507301

 こちらも同じ個体です。地面近くに降りていました。
Abr_505001

 さらに同じ個体ですが、高い木の上にいました。尾羽を広げています。この個体はある範囲にいつもいて、テリトリにしているようです。
Abr_492801

 こちらは別の個体です。枝から枝へと飛び回っていました。
Abr_529901_2

 こちらはメスです。口を小さく開けて鳴いていました。
Abr_486701

 こちらもメスです。尾羽の瑠璃色が見えます。
Abr_495901













2018年2月13日 (火)

裏山の鳥達

裏山の雪が融け、ぬかるんでいた道にも枯葉が敷かれ、歩き易くなりました。
 坂道を上って行くとトラツグミが柵の下を歩いていました。
Abr_490801

 上から人が来たので、飛んで行きました。
Abr_491701

 キジ♂も枯葉の道に出て、歩いていました。
Abr_498801

 ホオジロは、早くも囀りを始めました。
Abr_509801

 近くの木の枝にアオジが止まっていました。
Abr_503601

 別の場所で、太い枝にシメが止まっていました。
Abr_521901

 イカルが枯葉の地面に落ちたエゴの実を食べていました。
Abr_527301











2018年2月11日 (日)

涸沼と大洗の鳥達ー4

今日は、涸沼と大洗の鳥達の最後にクロサギとヒメウです。どちらも全身が黒い鳥です。
 クロサギです。黒というより灰色ぽいですね。飾り羽があります。
Abr_371701

 大きく翼を広げて何かを狙っています。
Abr_372601

 こちらは風で羽が乱れ、場所によっては黒く見えています。
Abr_374601

 飛びました。翼の裏も黒いですね。
Abr_377401

 こちらはヒメウです。全身真っ黒ですね。
Abr_363801

 飛びましたが、なかなか飛び上がれませんでした。
Abr_364301

 10m以上助走してやっと飛び上がりました。
Abr_365501














2018年2月10日 (土)

涸沼と大洗の鳥達ー3

今日は、大洗海岸で見た鳥達です。
 まずはシノリガモのオスです。2羽でなかよく泳いでいました。
Abr_354301

 2羽が一緒にこちら向きになりました。
Abr_356901

 波乗りが得意なシノリガモ、大きな波も平気です。
Abr_361001

 オスとメス(左)も一緒に泳いでいました。
Abr_399901

 今度は3羽で一緒に泳いでいました。
Abr_396801

 大洗海岸ではウミアイサも定番です。オス、メスが仲良く泳いでいました。
Abr_412701

 港の中にいたアカエリカイツブリです。
Abr_449101

 赤い魚を捕えました。
Abr_457901


















2018年2月 9日 (金)

涸沼と大洗の鳥達ー2

今日は涸沼のハジロカイツブリとミミカイツブリです。
 遠くに30羽ほどのハジロカイツブリの群れが泳いでいました。群れはいくつかありました。
Abr_297201

 群れの先頭を拡大しました。1羽が先頭を引っ張っているようです。
Abr_297401

 こちらは2羽で寄り添っていました。膨らんだ頭の黒が目の下まで伸びていますね。
Abr_318801

 こちらはミミカイツブリです。頭の黒は目の横ですっきり切れています。嘴の根元に赤い線があります。
Abr_308701

 こちらを見ました。正面から見ると、かなりきつい顔ですね。
Abr_314501

 ちょうどハジロカイツブリ(左)とミミカイツブリ(右)が近くに来ました。違いがよくわかりますね。
Abr_316401











2018年2月 8日 (木)

涸沼と大洗の鳥達ー1

茨城県の涸沼と大洗海岸へ行ってきました。
 涸沼で毎年1羽だけやってくるオオワシを3年ぶりに見ることができました。翼を広げ、ほとんど羽ばたきせずに青空をゆったりと飛んできました。
Abr_336801

 近くでは旋回しなかったので、ほとんど同じ姿でしたが、わずかに翼を動かした時、肩羽の上部の白が見えました。
Abr_336101

 同じく青空にオナガガモの群れの飛翔です。カモでも飛翔時は鍵型になるのですね。
Abr_325301

 全部で100羽ほどはいました。
Abr_329401

 ワシつながりで大洗海岸にいたワシカモメです。特徴は
初列風切羽(尾に見える部分)が背中と同じ灰色です。北海道では当たり前のカモメですが、関東では珍しい部類だと思います。
Abr_437401













2018年2月 4日 (日)

多摩川の定期カウント

今日は、多摩川の定期カウント(調査)に参加してきました。定期カウントの邪魔にならないようにして写真を撮りました。個人的には43種を確認しました。
 川の中に、カイツブリが3羽いました。家族でしょうか。
Abr_261101

 川の側の葦をコゲラが突いていました。
Abr_260701

 近くの畑でタヒバリがたくさんいて、鳴いていました。
Abr_264701

 細い枝の先にアトリが1羽止まっていました。頭が黒く夏羽でした。
Abr_271001

 雪の中でベニマシコ♀が草の実を突いていました。
Abr_275001

 近くの池にはヨシガモを初め、オカヨシガモ、コガモ、オナガガモなどがいました。
Abr_285001

 空ではノスリが舞っていました。
Abr_278501

 これはオオタカの幼鳥でしょうか。
Abr_288501

 小さな水溜りでガビチョウが2羽、水浴びをしていました。
Abr_290201
























« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »