« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月30日 (日)

オジロトウネン

今日は渡りのシギチの中で、久しぶりに見たオジロトウネンです。
 5,6羽がまだ田植えをしていない田んぼで採餌していました。
Abr_609001

 背中はあまり模様のない灰褐色、お腹は白、足は暗黄、嘴は黒と地味な感じの鳥です。
Abr_600601

 胸は、少し斑がありますがトウネンのように赤くならない。
Abr_599601

 足が短いので、田んぼの水が深いところでは飛ぶようにしながら移動していました。
Abr_608401

 土手の上にも3羽いました。
Abr_605101

 突然、飛びました。小さくて早くてカメラで追ってもピントが合いませんでした。尾羽の白い部分が見えます。
Abr_601511












2017年4月29日 (土)

ムナグロ他

先日、曇り空で冷たい風が強く吹く中、茨城の田んぼへ渡りのシギチを見に行ってきました。
  いきなりの飛翔で済みません。ムナグロとキョウジョシギの群れです。
Abr_577401

 2,300羽はいたでしょうか、大飛翔です。
Abr_578701

 ラッキーにも近くに降りてきました。
Abr_580901

 着地です。お腹の黒いムナグロとお腹の白いキョウジョシギがはっきり分かります。
Abr_582301

 田んぼに降りると、草(稲?)が邪魔になり、見辛いですね。
Abr_583201

 ムナグロの中にウズラシギが1羽混じっていました。
Abr_583701












2017年4月25日 (火)

キジ

陽気が暖かくなり、あちこちからキジのケーンという鳴き声が聞こえてきます。この時季、オスは、目立つところに出てくることが多いです。
 歩道をとことこ歩いていました。
Abr_537001_2

 草の中まで来ると、時々、顔を上げて、周囲を見ていました。
Abr_541601_2

 突然、幌打ちをしてケーンと鳴きましたが、後ろ向きだったため、尾羽を上げたお尻しか見れませんでした。
Abr_542601_2

 この個体は、人慣れしているのか、あまり逃げず、5,6mの微妙な距離を保って、ゆっくり移動します。30分ほど付き合いましたが、幌打ちは上の1回だけでした。
Abr_547301_2

 こちらは別の個体です。出逢ってすぐ幌打ちをしました。
Abr_553301_2

 やはり尾羽を上げていますね。幌打ちをした後、草叢に隠れました。
Abr_553401_2












2017年4月24日 (月)

キビタキ

1週間程前から、裏山にキビタキが来ていると聞いていたのですが、なかなか行けなくて、今日、行ってきました。
 最初は、声は聞こえてもなかなか見つけられなくて苦労しましたが、木の葉がないところに出てきてくれて、やっと見つけました。立派なオスです。
Abr_530201

 栗の木の枝へ移り、森中に響き渡るような大きな声で鳴いていました。久しぶりにキビタキの声を堪能しました。
Abr_535101_2

 喉の橙色がきれいですね。
Abr_532001

 独特のリズムで声を響かせています。
Abr_532401

 鳴く時は喉を膨らませていました。
Abr_532801

 何度もこちらを見ていました。まだ警戒心が強いようです。
Abr_534101















2017年4月23日 (日)

コムクドリ

例年、この時季に桜の木にやってくるコムクドリを見に行ってきました。桜の花が散って、若葉が少し出たころにやってきます。今年はいろいろ用事があって行くのが遅くなったかな、と思いながら、行ってみると、30分も待つこともなくやってきました。
 オスです。背中が黒光りしていて、ほおの茶色が濃いですね。
Abr_513501

 腰は、ムクドリのように白いですね。
Abr_515301

  枝の先端にやってきました。昨年は、青虫を盛んに食べていましたが、今年はその様子は見れませんでした。
Abr_518001

 枝の先端で見張りをしているのでしょうか。
Abr_519901

 こちらは2羽ともメスです。メスはあまり目立たない色ですね。
Abr_523401

 1羽が飛ぶと、もう1羽も飛びました。
Abr_524101

 近くにもやってきました。残念ながらメスです。
Abr_526401

 頭を上げてきょろきょろしています。やはり周りを警戒しているようです。
Abr_527601_2











2017年4月22日 (土)

春の三番瀬(2)

今日も三番瀬の鳥達です。
 まずは、定番のハマシギの群翔です。迫力があります。
Abr_431101

 ハマシギ、ダイゼン、キョウジョシギの混群です。
Abr_444101

 オオソリハシシギの飛翔にダイゼんが混じっていました。
Abr_437501

 ダイゼンの幼鳥(脇の下が黒い)の飛翔
Abr_435501

 メダイチドリの飛翔。
Abr_442201

 ミヤコドリの飛翔。チュウシャクシギ(一番上)が混じっていました。
Abr_429901

 波打ち際の賑わいです。ハマシギ、オオソリハシシギ、ダイゼン、キョウジョシギ、メダイチドリが見えます。
Abr_441501











2017年4月21日 (金)

春の三番瀬

また、三番瀬へ行ってきました。前回よりたくさんのシギチがいました。1週間でこんなにも変わるものかとびっくりしました。今回も引き潮だったので、鳥達が遠く、観辛かったです。今日は、比較的近くまで来てくれた小さい鳥達です。
 前回見れなかったメダイチドリ。小さいので、あまり深いところへ行けず、十分潮が引いた場所(近く)で採餌していました。
Abr_478501

 真っ赤なエプロンがきれいです。
Abr_463801

 キョウジョシギもいました。
Abr_460401

 いつもながら歌舞伎の隈取りのような顔の模様が面白いですね。
Abr_461401

 数は少なかったのですが、トウネンもいました。
Abr_471601

 小さいので、他の鳥達に混じると見えなくなってしまいますが、単独で近くに来ました。
Abr_471610

 前回も見たシロチドリ。潮が引く側とは反対側(陸地側)を見ると、ちょこちょこ歩いていました。
Abr_479601
 こちらを向いて歩いてきました。
Abr_479901

 こちらも前回もいたミユビシギ。
Abr_476601

 他の鳥より白っぽいので。遠めでも区別がつきます。
Abr_477201











2017年4月18日 (火)

浅川散歩

春らしくなった陽気に誘われて、浅川を散歩してきました。

 早速、川原をコチドリがチョコチョコ歩いていました。
Abr_404301

 こちらはイカルチドリのひなです。生後2週間、もうずいぶん大きくなっています。
Abr_412601

 水の中を覗き込む様子も一人前です。
Abr_413501

 久しぶりにイソシギも見ました。
Abr_420201

 イワツバメが、集団で巣材を集めていました。まだ巣作り中のようです。
Abr_421001

 ツバメが電線の上で、鳴いていました。近くに巣があるのかも知れません。
Abr_415201

 ダイサギも電線の上に止まっていました。こちらは浅川を亘る高さ20mくらいの電線の上ですが、このくらいの高さは平気なのでしょう。
Abr_414901








2017年4月16日 (日)

春の渡り(3)

今日は、浜辺で採餌するシギチ達です。
 春の三番瀬には必ずいるダイゼンです。
Abr_372101

 背中が少し茶色になって、夏羽になっていました。
Abr_371901

 砂浜をちょこちょこ動いているのはシロチドリです。
Abr_378301

 こちらは羽繕い中です。
Abr_380201

 ミユビシギもいました。足の指が3本なのがわかりますね。
Abr_366301

 もうすぐいなくなるだろうと思われるミヤコドリです。沖合にまだ100羽以上がいました。
Abr_383101

 こちらももうすぐいなくなるウミアイサです。小さな潮溜で採餌していました。
Abr_367401

 こちらは、谷津干潟で見たシマアジです。以前(3月初め)に小さな川で見たシマアジより色が濃くなっていました。

Abr_397701












2017年4月15日 (土)

春の渡り(2)

今日は、春の渡りの中での群翔する鳥達です。
 三番瀬には、たくさんのハマシギがいて、飛ぶと壮観です。
Abr_374001

 ぐるっと回って、また近くに降りてきました。
Abr_374601

 ユリカモメもたくさんいました。すっかり顔が黒くなっていますね。
Abr_368701

 こちらに向かって来ました。顔が黒くなっていない個体もいますね。
Abr_369601

 これはスズガモです。数千羽のスズガモの大群は三番瀬でも冬の風物詩です。
Abr_385101

 数は少なくなりましたが、まだまだたくさんいました。
Abr_384501

 三番瀬の朝、雲霞のようなカワウの群れが塒から餌場へ移動して行くところをよく見ます。
Abr_371501

 続々と続いてやってきます。行った先では魚が食べ尽くされそうです。
Abr_376101










2017年4月14日 (金)

春の渡り(1)

春の渡りのシギチを見たくて、三番瀬、谷津干潟へ行って来ました。まず、目立つ大きな鳥からです。
 真っ赤になったオオソリハシシギが波打ち際で餌を探していました。
Abr_365101

 赤くなっていない個体もいました。大きく上に反った嘴が立派ですね。
Abr_365301

 何か捕まえました。とげがあって飲み込み辛そうです。
Abr_366001

 ホウロクシギもいました。ダイシャクシギかと思いましたが、お尻が白くありませんでした。
Abr_381501

 こちらも長い嘴を砂の中に突っ込んでいました。
Abr_382701

 谷津干潟で見たセイタカシギです。足が長いので、少々の水深なら平気です。
Abr_399301

 背中が茶色っぽい個体もいました、メスでしょうか。
Abr_39940_2

 6羽いました。みんな眠たそうです。
Abr_399201

 眠る時、片足立ちすることが多いですが、もう片方の足はどうなっているのかと思っていたら、片足を曲げて、翼の中に隠していました。
Abr_401501








2017年4月 5日 (水)

裏山散歩

暖かい陽気に誘われて裏山を散歩してきました。小鳥達の囀りが盛んに聞こえていました。
 さっそく、アカゲラに出逢いました。
Abr_347101

 草地でキジのオスを見ました。幌打ちは見れませんでした。
Abr_352301

 5,6羽のイカルが畑で採餌していて、近くの木に上がって来ました。
Img_005401

 木に隠れるようにしてオオタカのオスがこちらを見ていました。
Img_008901

 冬鳥のアオジがまだいました。こちらはオスです。
Abr_343701

 こちらはメスです。オス、メスが近くで採餌していました。
Abr_345401

 冬鳥のシメもいました。
Abr_353101

 ツグミはまだたくさんいました。
Abr_360601









2017年4月 4日 (火)

カワセミ

今日は、カワセミです。浅川を歩くと、何度かカワセミを見ます。その中で、近くで見た姿などです。この時季は繁殖中で、ほとんどが、巣を見張るオスです。
 ススキの茎に止まって、振り返っています。
Abr_326501

 石の上に止まって、何かを見ていますね。
Abr_324901

 風で頭がぼさぼさになりながら、上見ています。ムクドリが数羽、通過中でした。
Abr_333101

 折れたススキの茎の先に、ずっと止まっていました。
Abr_334401_2

 こちらはメスです。盛んに鳴いていました。オスを呼んでいるのでしょうか。
Abr_281401

 飛翔中です。素早い飛翔をちゃんと撮るのは難しく、ほとんどがぶれたり、ピンボケだったりです。
Abr_278801









2017年4月 3日 (月)

ツバメ3種

浅川で見られるツバメは、主にツバメ、イワツバメ、ヒメアマツバメ、コシアカツバメの4種ですが、先日、このうちの3種が飛ぶ姿を見ました。
 まず、ただのツバメです。喉が赤いのと尾が2つに割れて長くなっていることで分かります。
Abr_198701

 お腹は白いですが、首周りは黒ですね。大きな鎌形の翼も持っています。
Abr_200601

次にイワツバメです。特徴は腰が白く、お腹も白く、翼の形が鎌形になっていないことです。尾は凹形です。
Abr_269901

 群れで編隊飛行をしていました。
Abr_273801

 一緒に混じっていたのは、ヒメアマツバメです。腰が白いことなどイワツバメに似ていますが、大きな鎌形の翼、お腹が黒いので見分けが付きます。
Abr_262701

 喉の部分はやや白くなっています。
Abr_266201

 おまけにもう1枚。高速で飛ぶツバメ類を写真に撮るのは大変です。カメラのフレームに入ったら、外さないように追いかけながら連写します。ピントが合っているのは、そのうち1枚あるかないかです。
Abr_266101









2017年4月 2日 (日)

イカルチドリの親子

今日は、イカルチドリの親子を見てきました。昨日、4羽の雛が孵ったそうです。
 雛が中洲の石ころの上を歩いていました。生まれて1日しか経っていないのにしっかりした足取りです。
Abr_307101

 水辺にもやってきました。水も怖がりません。
Abr_305001

 石の上でちょっと一休み。
Abr_316801

 2羽の雛が水辺に来て、水の中にも入っています。
Abr_316201

 時々、お母さんのお腹に潜り込んでいました。
Abr_315301

 お父さんは、大きな石の上から見張りです。ムクドリを追い払っていました。
Abr_303901







2017年4月 1日 (土)

アオゲラ他

今日は、先日裏山で見たアオゲラ達です。
 アオゲラが大きな木の幹を突いて、出て来た液汁を舐めていました。
Abr_250401

 こちらに気づいたのでしょうか。舐めるのを止めてこちらを見ています。
Abr_255501

 そして頭を後ろに向けて、飛んで行きました。
Abr_255901

 諦めて歩いていると、また元の幹に飛んで来て、樹液を舐めていました。お腹が空いていたのでしょう。
Abr_257601

 20羽ほどのカシラダカがまだいました。そろそろ北へ渡る時季です。
Abr_216901

 こちらは、いつもいるコゲラ。最近は2羽でいることが多いです。
Abr_223701

 モクレンの花の蜜を吸うヒヨドリ。ヒヨドリはモクレンが大好きなようです。モクレンの花の中にいるヒヨドリをよく見かけます。
Abr_219701

 花の蜜はメジロも大好きですね。まだ花が少ないこの時季、モクレンの蜜は貴重な栄養源なのでしょう。
Abr_232001











« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »