« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月31日 (金)

チョウゲンボウ

今日は、先日、間近で見たチョウゲンボウです。初めハトかな、と思いましたが、尾が長かったので、チョウゲンボウと気づきました。
 ポールのような棒に止まりそうになりましたが・・・
Abr_162101

 すぐ飛び立ちました。
Abr_162201

 カメラを向けた私に気が付いたのでしょうか。
Abr_162301

 やはりハトに較べると尾が長いですね。
Abr_162801

 羽ばたいている時、翼の表側が見えました。茶色に黒い斑、オスのようです。
Abr_164901

 ゆっくりと旋回して飛んで行きました。
Abr_166901

 暫く歩いていると、上空でヒバリのような煩い鳴き声がしたので見ると、チョウゲンボウがセグロセキレイ2羽に追われていました。
Abr_203401

 セグロセキレイの営巣地付近に近づいてのでしょうか。鳴きながらしつこく追い回していました。
Abr_203201












2017年3月30日 (木)

アトリ

冬鳥が去り、夏鳥がやって来るこの時季ですが、まだ冬鳥のアトリがまだ残っていました。20羽程の群れで群れは小さくなっていました。
 頭がすっかり黒く夏羽になったオスです。新芽が出た細い枝に止まっていました。
Abr_231401

 こぶしの花が咲く木にも止まりました。
Abr_233901

 桜の花はまだ蕾です。
Abr_244801

 畑のネットの傍に降りて、採餌していました。渡りに備えて体力を蓄えているのでしょう。
Abr_238801

 メスも桜の枝に止まっていました。
Abr_247501

 太い幹にも止まっています。
Abr_246901

 そして畑の端へ降りて、採餌です。
Abr_241201










2017年3月29日 (水)

コチドリ(2)

今日は、昨日の続きのコチドリです。小さな川の中州で3羽が追いかけっこをしていましたが、時々、少し飛んで移動していました。
 飛んでいるのは、過眼線の黒いオスです。
Abr_175901

 もう1羽のオスを嫌がって?距離を置くために飛ぶ場合があります。
Abr_184001

 もう1羽のオスが追いかけるように飛びます。
Abr_184601

 何か言っていますね。近づくな!とでも言っているのでしょうか。
Abr_186401

 戻って行きました。
Abr_185501

 これは、やはりもう1羽を嫌がって中洲の向こう側を飛んだ時です。
Abr_187401













2017年3月28日 (火)

コチドリ

そろそろコチドリが来ていないかと浅川へ行ってみました。3羽が小さな中洲をちょこちょこ動き回っていました。1年ぶりの再会です。黄色いアイリングが可愛いですね。
 こちらは過眼線が薄茶色の個体です。メスでしょうか。
Abr_170201

 こちらは過眼線が黒い個体。もう1羽も過眼線も黒い個体でした。
Abr_171001

 3羽の揃い踏みです。中央が過眼線が薄い個体です。
Abr_180301

 2羽が一緒になりました。オス?が尾羽を広げてアピールしています。
Abr_171801

 オス?同士になると1羽が慌てて逃げて行きます。
Abr_189801

 時々、上を見ていました。何か天敵が飛んだのでしょうか。
Abr_187801

 こちらは別の場所で見たコチドリです。
Abr_197101










2017年3月25日 (土)

サギ

花粉症であまり外に出ないので、今日は、先日見たサギ類をアップします。サギ類は、浅川に行くといつも定番で見ることができます。
 コサギです。4羽で飛んでいました。
Abr_133601

 鉄塔?の上に止まりました。右端の個体には繁殖羽が見えます。
Abr_135301

 ダイサギです。白く大きな体は遠くからでもよく見えます。嘴の先端が欠けているようです。
Abr_148901

 これは別の個体。飛翔する姿も雄大ですね。
Abr_153501

 こちらはアオサギ。黒と白のコントラストが目立ちます。
Abr_152601

 サギではありませんが、トビもよく見かけます。
Abr_152401










2017年3月23日 (木)

イワツバメ

桜の蕾も少しづつ膨らんで、川原にも緑が増し、春らしくなってきました。今日は、先日2羽見たイワツバメを再度見に行ってきました。
 今日は、20羽程がジュリ、ジュリ、ジュリと鳴きながら飛び廻っていました。
Abr_118901_2

 白い腰が見えますが、下から見上げているので、腰の白を撮るのは難しいです。
Abr_117901

 白いお腹、鎌形でなくムクドリのような翼です。
Abr_131001

 数羽が水溜りに何度も集まって来ました。
Abr_110101

 早くも巣作り用の泥を取っているようです。
Abr_115901

 土手のコンクリートの上にもやってきました。
Abr_133101

 こちらでは、巣材にする草の茎を集めているようです。
Abr_133301











2017年3月18日 (土)

モズのおねだり

繁殖期になると、メスがオスに餌をねだり、オスが餌を与える、いわゆる給餌求愛行動が見られます。先日、モズのメスが盛んにおねだりしているところを見ました。
 チッ、チッ、チッと甘えたような声で鳴いています。
Abr_074201

 目線の先にはオスがいるのでしょうか。
Abr_074901

 少し飛んで、羽を広げてさらに鳴き続けます。
Abr_075301

 前の枝が邪魔ですね。
Abr_075501

 さらに別の場所に飛んで、枝に隠れながら、鳴いています。
Abr_078801

 オスが移動したのでしょうか。横向きになりましたが、オスは餌を持って来ませんでした。
Abr_079101

 鳴いていたのは、このメスです。なんとなく未練がありそうな顔をしています。
Abr_082201

 そしてお相手はこのオスです。立派なオスですね。
Abr_084801










2017年3月17日 (金)

裏山散歩

杉花粉が飛ぶ中、久しぶりに裏山を散歩してきました。5分毎に目を拭き、30分毎にメガネを拭いて、廻りました。花粉症の薬のお陰か鼻水は出ませんでした。
 ルリビタキがまだいました。
Abr_088201

 イカルが地面でエゴの実を採餌していました。
Abr_089901

 全部で30羽ほどがいました。
Abr_092001

 やっとアカゲラに逢いました。今季初です。
Abr_098701

 久しぶりに見たアカゲラは小さく感じました。
Abr_098901

 シメが羽繕いをしていました。北へ帰る準備でしょうか。
Abr_099501

 見た時はオオタカだと思ったのですが、ハイタカでしょうか。
Abr_102501

 広場にコジュケイがいました。
Abr_105801

 3羽が、のんびり採餌していました。
Abr_107001











2017年3月 8日 (水)

バン

シマアジを見た川にバンもいました。
 茶黒い体、赤い目、赤い嘴の先端は黄色、黄色い足の根元は赤ですね。
Abr_059901

 尾羽をピンと立てています。裏は周りが白く、中心部は黒いですね。
Abr_062001

 草を食べる時も尾羽は崩していません。
Abr_061201

 川の方へ降りて行きました。
Abr_062901

 マガモのつがいもいました。
Abr_063101

 川の中でも一緒です。仲がいいですね。
Abr_063301











2017年3月 7日 (火)

シマアジ(2)

昨日の続きでシマアジです。今日は、川の中洲に上がる姿です。
 水辺から斜面をよちよちと登って行きます。何度も登っているようで道が出来ていました。
Abr_040501

 上に上がると、す
ぐ草を食べ始めました。
Abr_042401

 嘴で緑の草を噛みちぎっています。
Abr_044301

 そして口の中でもぐもぐ。
Abr_045601

 こちらを見ました。カメラの音が気になったのでしょうか。
Abr_048201

 ひとしきり食べ終わると、また川へ戻って行きます。
Abr_049801

 最後はじゃぶ-んと川へ滑り下りました。
Abr_050401













2017年3月 6日 (月)

シマアジ

シマアジがいるという情報を得てで、見に行ってきました。「シマアジ」は魚にも同じ名前がありますが、昔、鳥のシマアジも食用にされていて、美味しかったそうで、美味しい魚(縞鯵)に由来した名前だそうです。
 ポイントに着くと、数m先で、狭い川の中を泳ぐ姿を見つけました。
Abr_036301

 シマアジのオスは白く太く長い眉斑、脇の白に黒の波状斑、肩羽の白黒模様などが特徴です。
Abr_039101

  時々、頭を水に浸けて、餌を探しているようでした。餌を見つけると、嘴を水に浸けたまま。もぐもぐとしているように見えました。
Abr_052101

 少し浅いところに来ました。足が川底に付いています。
Abr_056601

 ここへ来た目的は、片足で痒い、痒いをしたかったからのようです。
Abr_055101

 川の中には、枯れた葦などがあり、そこに隠れながら採餌していました。
Abr_064201

たくさん写真を撮ったので、明日もシマアジです。












« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »