« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月31日 (火)

関西の鳥達(4)ハクチョウ

関西の鳥達はまだまだ続きます。今後、珍鳥も出てきますよ。今日は、奥琵琶湖で見たハクチョウです。場所はよく分かりませんが、小さな池があり、コハクチョウがたくさんいました。
 コハクチョウの家族でしょうか。コハクチョウは嘴の黄色い部分が前へ出ず丸くなっていることで分かります。
Abp_823401

 オオハクチョウも少数いました。オオハクチョウは嘴の黄色い部分が前へ尖って見えますね。
Abp_823701

 1羽のコハクチョウが羽ばたきをしました。
Abp_830401

 すると数羽が一斉に飛び立ちました。飛ぶのは家族単位が多いそうです。
Abp_831301

 雪山をバックに飛ぶコハクチョウの家族。
Abp_832201

 こちらも青空の中を飛んで行きます。
Abp_819001

 偶然、顔を並べて飛ぶ姿も撮れました。
Abp_835401












2017年1月30日 (月)

関西の鳥達(3)ヒシクイ・タゲリなど

今日は、奥琵琶湖の水鳥センター付近で見た鳥達です。
 水鳥センター前の島?ではヒシクイがたくさん休んでいました。
Abp_863901

 その中に数羽、マガンも混じっていました。嘴の色がヒシクイと違いますね。
Abp_872201

 さらに、トモエガモもいました。周りのヒシクイに較べると随分小さいですね。
Abp_867901

 島の手前では、カワアイサ♀2羽が泳いでいました。
Abp_869001

 水鳥センターの裏の雪原ではタゲリが飛んでいました。
Abp_829911

 ケリは雪の積もった草叢でじっとしていました。
Abp_850201










2017年1月29日 (日)

関西の鳥達(2)オオワシ・トラツグミ

関西2日目は、奥琵琶湖探鳥ツアーです。前日、日本海側は大雪警報が出るほどの雪で、果たして行けるのか心配でした。雪は20~30cmほど積もっていましたが、天気は予報より良く、時々晴れ間が見えました。奥琵琶湖と言うと、関西の人は、「ああ、オオワシを見に行ったのね」というほど、オオワシが有名なようです。
 山の中腹の木に止まっていました。周囲の雪に紛れて見つけるのに苦労しました。大きな黄色い嘴が目印になりました。
Abp_847501

 悠然とした風格のある姿ですが、10年以上毎年飛来しているそうで、かなり年齢も達しているそうです。
Abp_848401

 オオワシがいる山の下の道路にトラツグミがいました。時々、車が通っていましたが、逃げもせず、道路の端を行ったり来たりしていました。
Abp_853201

 時々、道の端で何やら見つけては食べていました。写真で見ると、みみずでしょうか。
Abp_856101

 こちら向きになりました。胸のトラ模様がはっきり見えます。
Abp_856701



2017年1月28日 (土)

関西の鳥達(1)コミミズク

今週は、関西へ4日間行っていたので、ブログ更新ができませんでした。関西では、たくさんの鳥達を見てきましたので、しばらくは関西シリーズが続きます。写真の整理ができたものから掲載していきます。
今日は、初日に淀川河川敷で見たコミミズクです。雪が降る予報だったので行くのを止めようかと思いましたが、ダメ元で行ってみました。最初は曇っていましたが、だんだん晴れてきました。
 飛んでいるところを探します。1羽が飛んで来ました。
Abp_753601

 棒杭に止まりました。キョロキョロと周りを見回しています。
Abp_763001

 飛び立ちました。これを撮るのは非常に難しく、飛び立つ瞬間のコンマ何秒の運動神経が必要です。何度も試みてやっとこの程度です。
Abp_749101

 草の中をこちらに向かって飛んできます。
Abp_789001

 突然、足を出して草の中に降りました。
Abp_785701

 ねずみを捕まえたのでしょうか。しかし何度かこういうシーンを見ましたが、ネズミを捕まえたところは見ませんでした。
Abp_769401

 近くへやってきました。尾羽を広げています。
Abp_766101

 なんと目の前の曲がった木の枝に止まりました。
Abp_793401

 しばらく止まって、周りを見ていましたが、また飛んで行きました。
Abp_794301











2017年1月22日 (日)

裏山散歩

久しぶりに裏山を歩いてきました。珍しい鳥はいませんでしたが、いつもの鳥達をたくさん見ることができました。
 いつものルリビタキは待っていたかのように出てきました。
Abp_719801

 枝に移って、下へ飛び降りようとした時に連写したら、このような姿が写っていました。
Abp_721701

 裏山では定番のコゲラです。あちこちから「ギー」という鳴き声が聞こえてきました。
Abp_735301

 30~40羽のカシラダカがいつもとは違う場所にいました。
Abp_726201

 アオゲラは幹の陰でじっとしていました。
Abp_731801

 最近、裏山では見ることが少なくなったヤマガラです。2羽でいました。
Abp_734701

 シジュウカラはロープの上で何かを足に抱えて突いていました。
Abp_736501









2017年1月20日 (金)

集団

今日は、雪が降るかも知れない曇り空で、出かけられないので、久しぶりに朝からのんびりしています。先日のタシギを見た帰りに見た鳥達です。
 キャベツ畑にたくさんのヒヨドリが群がっていました。キャベツを突いています。
Abp_717701

 キャベツを見ると、無残な姿です。内側の柔らかくて美味しそうなところを食べたようです。
Abp_718601

 別の場所で、民家の木に止まるスズメの大群も見ました。道の反対側に田んぼがあるので、落穂を狙って集まったのでしょうか。
Abp_714701

 上の電線にもたくさん止まっていました。全部で200羽以上はいたでしょうか。
Abp_715001

 カワラヒワも枯れ木にたくさん止まっていました。
Abp_716301

 鳥ではありませんが、タイワンリスも見ました。立派な尻尾ですね。
Abp_710001

 さらに竹藪でも見ました。バリバリと音をたてて竹をかじっていました。歯を研いでいるのでしょうか?
Abp_712001










2017年1月19日 (木)

タシギ

先日、ヤマシギを見に行きましたが、現れず、代わりに2羽のタシギをたっぷりと見てきました。
 枯葉の落ちている湿地に長い嘴を差し込んで餌を探しながら歩いていました。
Abp_701901

 こちら向きになると頭頂線がよく見えます。
Abp_701301

 首を伸ばすと、意外に長いですね。
Abp_702601

 黄色い足が見えました。足の指も長いですね。
Abp_706201

 羽繕いを始めました。尾羽の模様がきれいです。
Abp_706901

 2羽が付かず離れずの距離で移動していて、2羽を一緒に撮るのに苦労しました。
Abp_708401












2017年1月18日 (水)

カワガラス

今日は、昨日の帰りに見たカワガラスです。まだ営巣はしていないようですが、いつも営巣する滝の近くにいました。
 ポイントに着いた時、川の中で餌を探していました。
Abp_663201

 頭を水の中に入れています。
Abp_651101

 頭を上げると
水が弾けます。防水は完璧のようです。
Abp_657201

 こちらに向かって口を開けました。怒っているのでしょうか。
Abp_647001

 尾羽をピンと上げてポーズを取っているようです。
Abp_695401

 滝のすぐ上を行ったり来たりしています。滝の上が好きなようです。
Abp_699601

 少し下流で止まってから、下流へ飛んで行きました。
Abp_694101












2017年1月17日 (火)

ミヤマホオジロ

今日は、ミヤマホオジロを見に行ってきました。今日も写真を撮るには難しい場所にいました。
 下の草叢から飛び上がり、ごちゃごちゃした枝の中に止まりました。
Abp_676501

 こちらは枯草の中を動いていました。
Abp_680501

 遠くのススキの上に出ました。黄色い喉が良く見えます。
Abp_686401

 こちらを向くと、歌舞伎の隈取りのようです。ススキの穂を食べています。
Abp_687801

 下の方のススキの実を食べる時、頭、背中が見えました。
Abp_689401

 しばらくススキの上にいてくれました。
Abp_692501

 よくみると左側にメスが止まっていました。どうしてもオスの方にカメラが向きますが、メスも数羽いました。
Abp_683401












2017年1月16日 (月)

浅川散歩

今日は、寒い朝でしたが、陽が昇ると暖かくなってきたので、浅川を歩いてきました。
 早速、カワセミが止まり木に止まっているのを見つけました。
Abp_672401

 あっと言う間に小魚を捕まえていました。
Abp_672601

 目の前をコサギが飛んで行きます。浅川はあまり川幅がないので、大きい鳥が飛ぶとカメラからはみ出しそうです。
Abp_664901

 あちこちにツグミがいましたが、このツグミは、私も撮ってよ、とばかりに近くの桜の木に止まりました。
Abp_667601

  綺麗なキセキレイが川の中のブロックを飛び回っていました。
Abp_670101

 もう1羽、ジョウビタキ♂も同じようにブロックに止まっていました。
Abp_670801

 イソシギは嘴を川の中に入れながら餌を探していました。
Abp_674701

 草藪の中で何かが動くので、よく見るとキジのメスでした。前の草が邪魔でうまく写真が撮れませんでした。
Abp_668601_2












2017年1月14日 (土)

三番瀬の鳥達(3)

今日は、三番瀬と葛西臨海公園で見たミヤコドリ、ウミアイサ以外の鳥達です。
 わずかばかりの草地にタヒバリがいました。
Abp_543201

 この日が風がなかったので、スズガモの多くは沖合に出ていましたが、陸地に数羽がいました。
Abp_545201

 オナガガモもいました。
Abp_545501

 真っ黒いオオバンはたくさんいました。長い足で大股で歩くと、ちょっと気味が悪いです。
Abp_544801

 葛西臨海公園の定番、アカハラ。後ろの茂みから出てきてくれました。
Abp_596601

 広場の草地にシロハラがいました。
Abp_616001

 葦の茎に止まるのはメジロ。すぐ飛んで行きました。
Abp_597201

 植え込みの陰にアオジもいました。
Abp_599401











2017年1月13日 (金)

三番瀬の鳥達(2)

冬の三番瀬のもう一つの目的はウミアイサを見ることです。今回も見れましたが、肉眼では点にしか見えないくらい遠くにいました。
 ウミアイサのオスです。ぼさぼさの頭、赤く長い嘴、白い首輪などが特徴です。
Abp_576101

 飛翔は、ぼけてうまく撮れませんでした。
Abp_580201

 メスもいました。こちらは頭が茶色ですね。
Abp_584201

 メスの飛翔。こちらはうまく撮れました。
Abp_561601

 つがいで泳ぐ姿もありました。
Abp_589301

 カンムリカイツブリもいました。
Abp_590101

 すぐ近くにハジロカイツブリもいました。
Abp_593401











2017年1月12日 (木)

三番瀬の鳥達(1)

今日は、冬の三番瀬へ行ってきました。毎年、冬には一度は行っています。目的は、ミヤコドリを見ることです。
 黒い背中に白い腹。赤い目と嘴と足。長い嘴を砂の中に入れてゴカイなどを探しています。
Abp_545801

 100羽以上はいるでしょうか。写真には入り切れません。
Abp_546101

 群れで飛ぶ飛翔も綺麗ですが、今日はうまく撮れませんでした。
Abp_558901

 ハマシギもたくさんいました。
Abp_542001

 時々、塩水のない場所へ移動するので、そのタイミングを狙って撮りました。
Abp_547301

 シロチドリのオス。潮の引いた場所にいました。
Abp_552801

 シロチドリのメスは水際を歩いていました。
Abp_551001

 ダイゼンもいました。やはり足環をつけています。
Abp_541801











2017年1月10日 (火)

裏山散歩

今日は、朝一で病院に行ったので、裏山へは10時ころに行きました。いい天気で暖かく、鳥達もたくさん出てきてくれました。
 いつものルリビタキです。目の前に出てきたので、フレームからはみ出してしまいました。
Abp_523201

 今年、初見のアオゲラです。
Abp_525201

 コゲラは、小枝を突いていました。
Abp_522801

 シメもいました。
Abp_533901

 エナガは。いつも10羽ほどの群れで移動しています。
Abp_536501

 モズを見ました。厳しい目でこちらを見ています。
Abp_533001

 ヤマガラは、道端に落ちた木の実を食べていました。
Abp_527501

 草地にカシラダカが3,40羽いました。
Abp_529701

 一緒にツグミもいました。
Abp_529201

 はたしてこの写真は?よーく見ると、藪の中にトラツグミが隠れています。双眼鏡ではバッチリ見れたのですが、写真では前の枝などが邪魔して、こんな感じでした。もう少し早く行けば、いいところに出ていたトラちゃんを撮ることができたようですが、残念!
Abp_537501









2017年1月 8日 (日)

カイツブリ

昨日の続きで、銚子で見たカイツブリなどの鳥達です。
 まず頭の黒と白がすっきりしているミミカイツブリです。
Abp_478101

 良く似たハジロカイツブリですが、頭の黒い部分が少し膨らんでいます。
Abp_468601_2

 カンムリカイツブリは頭が冠状になっていますね。
Abp_488301

 アカエリカイツブリです。夏羽は首が赤いのですが、冬羽は黒っぽい灰色です。嘴が大きく、虹彩は黄色です。
Abp_471201_2

 真っ黒なサギ、クロサギです。じっとしていましたが、後でもう一度見たらいなくなっていました。
Abp_503601

 岸壁で日向ぼっこをしているヒメウ。真っ黒ですね。
Abp_466601

















2017年1月 7日 (土)

カモメ

千葉県の銚子へカモメの勉強に行ってきました。基本8種と言われますが、教えられたときは、なんとなく分かった気になったのですが、帰って写真を見ると、これ何だっけなあ、ということ多いです。自信がないので、はっきりと特徴が分かる成鳥の1種1枚としました。
 ウミネコです。黄色い嘴に赤と黒の斑、飛んだ時尾羽に黒い帯が出るので見分けることができます。
Abp_494201

 セグロカモメです。銚子のカモメの9割はセグロカモメだそうです。
Abp_488901

 背中の色が最も濃いのがオオセグロカモメです。
Abp_497701

 赤い嘴と赤い足のユリカモメは何度も見ていますので、すぐ分かりました。
Abp_467301

 事前に勉強したワシカモメ。初列風切(尾羽のように見える)が背中の色と同じです。写真中央)。見つけるのに苦労しました。
Abp_498801

 黒い足と頭の模様でミツユビカモメと分かります。止まっている時は足が短いそうです。
Abp_493001

 体全体が白いシロカモメ。これは嘴の先端がまだ黒いので幼鳥です。
Abp_496601

 セグロカモメに似たただのカモメ。足が黄色いので、差別化できますね。
Abp_495601

 これはニシセグロカモメ?カモメのように足に黄色味がありますが、少し薄いですね。背中の色は右側のセグロカモメよりやや濃い。ガイドによると雑種ではないか、ということでした。
Abp_491901













2017年1月 5日 (木)

イカルチドリとイソシギ

今日は、また浅川の定番の鳥でイカルチドリとイソシギです。
 イカルチドリの飛翔ですが、飛翔の理由は・・
Abp_404201_2

 川原の石に向こうに顔だけ出したイカルチドリがたくさんいました。
Abp_401201

 川原に人が入ったため、一斉に飛びました。
 1枚目の写真は1羽だけを切り取ったものです。
Abp_403501

 少し離れたところに降りました。
Abp_403901

 別の場所で、イカルチドリとイソシギのツーショットです。
Abp_414501

 イソシギは忙しく歩き回っていました。
Abp_419601_2

 首を伸ばして獲物を探しています。
Abp_424601

 何かをゲットしたようです。長い嘴を器用に使って口に運んでいました。
Abp_425101

 こんな急流も気にせず餌を探していました。 
Abp_427601













2017年1月 4日 (水)

ホオジロガモ

ホオジロガモが、ここ数年、毎年やってきている場所に今年も来ているはず、と思い出かけてきました。いつもの場所にいなくて、探し回ってやっと見つけました。全部で13羽いました。
 まずオス成鳥です。頭が緑っぽく光っています。嘴は黒です。
Abp_451701_2

 こちらはメスです。頭が茶色っぽく、嘴の先が黄色くなっています。
Abp_450801

 こちらはオスの若鳥です。メスに似ていますが、嘴が黒であることで分かります。
Abp_439701

 オス(手前)とメス(奥)です。この区別は明確ですね。
Abp_452701

 これはオス(右)とオス若鳥(左)です。嘴は黒、頭の色の違いですね。
Abp_439601

 続いてオス若鳥(手前)とメス(奥)です。
Abp_437201

 丁度3種類が揃いました。
Abp_453401

 時々、羽ばたきをしていましたが、撮れたのはこの1枚だけでした。
Abp_445201




2017年1月 3日 (火)

カワセミ

今日は、青空の中、浅川を歩いてきました。イソシギ、イカルチドリ、ダイサギ、アオサギなどいつもの鳥達がいました。その中で、何度か見たカワセミです。
 誰かが立てた止まり木にちゃんと止まっていました。
Abp_421501

 こちらは自然の止まり木、細い葦の茎に止まっていました。
Abp_400301

 少し近づいたら、こちらを見られました。
Abp_402201

 とげのある枝にも止まることができます。
Abp_409401

 陽の当たる石の上にもいました。日なたぼっこかな?

Abp_421801

 写真を撮っていると、警戒して飛ばれました。
Abp_422201

 しかし10mほど先の赤い石の上に止まりました。
Abp_422701











2017年1月 2日 (月)

アオジ

今冬はアオジがあまり見られませんが、昨日、今日で見たアオジです。
 枯葉の中に潜って餌を探していました。
Abp_376301

 時々、陽の当たる場所に出てきました。
Abp_376801

 こちらに気づいたのか木の枝に飛び上がりました。後ろ向きです。
Abp_377301

 前向きに向きを変えてくれました。
Abp_378001

 そして、また後ろ向きに。
Abp_378701

 これは帰り道の日陰で出逢いました。道に落ちている木の実を食べています。
Abp_385401

 川原を歩いていると、対岸から飛んで来て、葦の折れた茎に一瞬止まりました。
Abp_408501













2017年1月 1日 (日)

明けましておめでとうございます

平成29年、酉年、明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

今年の初見鳥は裏山のルリビタキです。いつもの杭の上にいました。青い鳥は幸せの鳥とか、酉年にふさわしい初見となりました。
Abp_356001

 ちょっと飛んで、こちらを見ています。
Abp_357101

 また飛んで、少し近くへ来ました。
Abp_358501

 明るい場所へやってきましたが、残念ながら枝被りです。
Abp_361001

 また場所を変えて、こちらを見ています。今日は落ち着きがありません。
Abp_361401

 また移動です。羽を広げた瞬間をとらえることができました。
Abp_364701

 頭の羽を立てています。
Abp_365701

 これは別の個体です。翼が少し茶色く見えるので、オスの若鳥かも知れません。裏山には、4,5個体がいるようです。
Abp_382601

























« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »