« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月31日 (火)

メグロ

今回、ぜひ見たいと思っていた鳥の一つがメグロです。メグロは母島に上陸してすぐに見ることができました。世界的に珍しい鳥なのに、母島では、普通にいたので、たくさん写真を撮りました。
 民家の庭の木に止まっていました。目の上下の黒い模様が名前の由来でしょうか。
Abo_147601

 柑橘系の木にも止まっていました。メジロより全体的に黄色が目立ちます。
Abo_143601

 民家の庭に置かれた水飲み場で水を飲んでいます。
Abo_145501

 水浴びもしていました。
Abo_151401_2

 大きなガジュマルの木の下で落ちた赤い実を手でつかんで食べています。
Abo_156901

 赤い実を食べて満足そうです。
Abo_157301

 大きな葉の下にも止まっています。喉から胸にかけての黄色はメジロに似ていますね。
Abo_172201

 熟れたパパイヤの実を食べています。この実はもうほとんど食べつくされていますね。
Abo_236301

 ホバリングしながら残った果肉を食べています。
Abo_239201_2

 熟れたパパイヤの実はみんなの御馳走です。メジロもやってきましたが、メグロがおれのものだ、と怒っています。
Abo_237201






2016年5月30日 (月)

アカオネッタイチョウ

今回の小笠原行きで、見たいと思っていた鳥がアカオネッタイチョウとシラオネッタイチョウです。そのうちアカオネッタイチョウを見ることが出来ました。アカオネッタイチョウは南硫黄島で営巣しているそうで、父島からそこまで一晩かけて行きました。
 南硫黄島は周囲を絶壁に覆われた南海の孤島です。先日首都大学東京のメンバーが命がけで調査したところとして知られています。
1_2

 島の近くを白い鳥が飛んでいるのが見えますが、写真ではちょっと厳しい。
Abr_959401

 そのうち1羽が船に近づいてきました。アカオネッタイチョウです。
Abr_969501

 真っ白な体、赤い嘴、長く赤い尾羽。
Abr_978101

 青空をゆったりと飛びました。
Abr_972801_2

 海から船の方に近づいて来ました。海をバックにすると体は白とびしましたが尾羽の赤がよく見えます。
Abr_987601

 え!おしっこしてる!
Abr_988701

















2016年5月29日 (日)

アカアシカツオドリ

今日は、昨日のカツオドリの仲間でアカアシカツオドリです。初めて見る鳥だったので、アホウドリと間違えました。船の周りを何度も飛んでくれました。
 名前の通り赤い足をしています。体は白く、翼の羽縁は黒ですね。
Abo_116501

 赤い足が見える写真をもう1枚。頭は薄い黄色をしています。嘴の根元は赤味があります。
Abo_091501_2

 青空に美しい翼を広げて悠然と飛びます。
Abr_926301

 頭上を飛ぶこともあります。真下から見ても赤い足は見えませんね。
Abo_109301

 仲間意識でしょうか、カツオドリと一緒に飛ぶこともあります。
Abo_090901

 こちらは頭が少し汚れた色をしていますね。若鳥でしょうか。
Abr_920601

 これは、まだ雛と言ってもいいぐらの幼鳥。船のマストに止まっていました。船までよく飛んで来られたものです。
Img_479701












2016年5月28日 (土)

カツオドリ

念願の小笠原へ行ってきました。天気は晴か曇りで、波も静かで、快適な旅でした。たくさんの鳥を見て、たくさんの写真を撮りました。私には判別が難しい鳥もいて整理するのが大変です。取敢えず、間違いのないカツオドリを取り上げました。
 時々、船の近くを飛びます。嘴の根元が青いのはオスだそうです。
Abo_118401

 つがいでしょうか、2羽で飛ぶこともしばしばありました。
Abr_724101

 船の下を飛ぶと背中がよく見えますが、真っ黒ですね。
Abr_850401

 近すぎて、フレームからはみ出すことも。
Abr_931801

 父島出航時に港の堤防で見送ってくれました。
Abo_249701

 父島の近くの南島はカツオドリの営巣地です。メスが迎えてくれました。
Abr_872401

 岩場の中の草地にオスが座っています。
Abr_881501

 こちらでもオスが座っていました。
Abr_882701

 こちらは近すぎて、睨まれてしまいました。
Abr_880701

 ちなみに南島はこの有名な景色があるところです。
Img_487201













2016年5月20日 (金)

ツバメの巣の調査

数日毎に、ツバメの巣を探し、チェックしながら歩いています。ツバメはカラスなどの天敵に見つからないような場所を選んで巣作りをするので、見つけるのは大変です。何度も通った道なのに、気づかなかったこともあります。今日は、面白い場所に作った巣などを紹介します。
 これはお店のテントの裏の照明燈の上です。
Img_467001

 こちらは排気口の上に作っています。
Abr_587601

 玄関の前にも作っています。扉の開閉時に当たらないような場所です。人の出入りでカラスを避けているのでしょう。
Abr_587001

 こちらは蛍光灯の横に上手に作っています。中に親がいますね。
Img_466301

 ビルの中の駐車場の一番奥に作った巣です。抱卵中のようです。
Img_468601

 既に雛が生れた巣もあります。4羽いるのが見えますね。
Img_468001

 こちらの巣でも4羽の雛がいます。大きな口を開けている子もいます。
Img_472001

 親鳥が虫を銜えてやってきました。大きな口を開けて餌を要求しています。
Img_473701














2016年5月13日 (金)

春の渡り中の田んぼのシギ達(3)

今日も田んぼのシギチです。毎年いつも見られる鳥もいますが、滅多に見れない鳥もいます。今日は、毎年見ることができるチュウシャクシギ、2年越しに見れたツルシギ、ここの田んぼでは珍しいアマサギ、チュウシギです。
 あぜ道で周りを警戒するチュウシャクシギ。
Img_454701

 非常に警戒心が強いので、車を止めただけで飛んでしまいました。
Abr_609501

 やっとみつけたツルシギ。田んぼの中に1羽だけいました。2年越しだったので、見れてラッキーでした。
Img_453501

 トラクターの周りを飛び回るアマサギ。
Img_446901

 田んぼの中を歩く夏羽のチュウサギ。
Img_453901












2016年5月12日 (木)

春の渡り中の田んぼのシギ達(2)

今日も昨日の続きで、渡りの途中のアオアシシギ、タカブシギ、ウズラシギ、エリマキシギです。
 田植えの終わった田んぼで餌を探す2羽のアオアシシギ。
Img_434201

 こちらはあぜ道で休むアオアシシギ。
Img_436301

 少し稲の背が伸びた田んぼで餌を探すタカブシギ。
Abr_591401

 やっと見つけたウズラシギ。ちょっと遠かった。
Img_457601

アオサギの足元に小さいシギが!これがなんとエリマキシギです。
Img_461701

 近寄って行くとうずくまってじっとしていました。警戒しているのでしょうか。
Img_462501













2016年5月11日 (水)

春の渡り中の田んぼのシギ達(1)

小雨が降ったり止んだりする中、渡りの途中の田んぼのシギチを見に行ってきました。時期的に少し遅いと思ったのですが、それでもたくさんのシギチ達に出逢いました。今日は、その中から、ムナグロ、キョウジョシギ、トウネン、キアシシギです。天気が悪かった上に鳥が遠かったので、写真の出来はいまいちです。
 田んぼのあぜ道で羽繕いをしているムナグロです。胸は真っ黒になっていますね。
Abr_623001

 こちらはまだ黒くなっていないムナグロです。
Img_461001

 キョウジョシギもあぜ道で休んでいました。
Abr_620401

 一斉に飛び立ちました。100羽はいたでしょうか。
Abr_612401

 こちらはトウネン。顔の部分が赤く夏羽になっています。
Img_438301

 写真には2羽しか写っていませんが、こちらも100羽以上の群れでいました。
Abr_593801_3

 キアシシギも畔に上がって休憩中です。
Img_441301

 混群で田んぼの上を飛ぶことがあります。写真にはキョウジョシギ、トウネン、キアシシギが写っています。
Abr_631601















2016年5月 9日 (月)

夏鳥調査

雨が降りそうな曇り空の下、古い城跡で毎年行っている夏鳥調査に参加してきました。キビタキ、サンコウチョウ、クロツグミの声を聞きましたが、写真には撮れませんでした。写真に撮れたのはコサメビタキとオオルリでした。小型の手持ちカメラなので画質はいまいちです。
 コサメビタキが近くの枝に止まっていました。
Img_419601

 良く見ると枝に隠れて近くにもう1羽いました。
Img_419801

 こちらは営巣中ですが、尾しか見えませんでした。
Img_420901

 肉眼でも見えないくらい遠くの木の上にオオルリがいました。
Img_429101

 ほとんどシルエットにしか映らないので、大幅なプラス補正をしました。
Img_429901

 盛んに囀っていました。
Img_430601




















2016年5月 6日 (金)

キアシシギ

キアシシギが来ているという情報を得て、浅川へ行ってきました。毎年、この頃にやって来ますが、渡りのシギチで浅川に寄って行くのはキアシシギだけです。
 最初に、川の浅瀬に4羽が集まっているのを見つけました。
Abr_562201

  少し深いところで、胸まで浸かって餌を探していました。
Abr_583901_2

 1羽だけ石の上にいました。黄色い足が良く見えます。
Abr_576201

 警戒したのか飛びました。
Abr_578001

 皆で飛んで、大きな石に集まりました。全部で8羽いました。
Abr_580401

 疲れたのでしょうか、さっきの石の上でずっと休んでいるものがいました。
Abr_584301


2016年5月 1日 (日)

イカルチドリの雛の成長

浅川の中洲で見つけたイカルチドリの雛を時々見に行ってきました。今日、行ったら巣立ったようで、もういませんでした。
 4月9日 卵から孵って数日後でしょうか。
Abr_210401

 長い足で石の上を器用に歩いていました。
Abr_210501

4月15日 少し幼さが減って、しっかりした足取りで歩いていました。
Abr_313201

 しかし、時にはお母さんのお腹の中に隠れて甘えていました。
Abr_317801


4月20日 もう雛の様子はなく、立派な幼鳥です。
Abr_488701

 自分で餌を探していました。
Abr_465801


4月26日 まだ幼さは残っていますが、一人前に姿です。
Abr_553901

 羽ばたきもしていました。
Abr_554401


5月1日 雛の姿はありませんでした。巣立ったようです。
親鳥が石の上に座っていました。2番子の準備でしょうか。
Abr_560601

 近くの石の上でオスが警戒しています。
Abr_561201














« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »