« 春真っ盛り | トップページ | イカルチドリの親子 »

2016年4月 8日 (金)

ダイダイサギとチュウダイサギ

先日、足が赤味がかったダイサギを見ました。図鑑を見たり、インターネットで調べると、ダイサギには、亜種ダイサギ(ダイダイサギ)と亜種チュウダイサギがいることを知りました。肘から下の足(跗蹠(ふしょ)部)が黄味がかった色をしているのはダイサギ、黒いのはチュウダイサギだそうで、いつも見るのはチュウダイサギで留鳥、ダイサギは冬鳥として飛来するそうです。今回見たのは、ダイダイサギで跗蹠部が赤味を帯びた(繁殖色?)のだと思われます。
 肘より上の脛部および肘から下の跗蹠部、いずれも赤味がかった黄色です。
Img_372001

 こうやって見ても、足の色がいつものダイサギと違いますね。
Img_373301_2

 これは赤味はありませんが黄色っぽい足なので、ダイダイサギと思われます。
Img_385901

 こちらは足が黒っぽいのでチュウダイサギと思われます。
Img_397201

ちょっとややこしいですが、勉強になりました。




















« 春真っ盛り | トップページ | イカルチドリの親子 »

野鳥観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダイダイサギとチュウダイサギ:

« 春真っ盛り | トップページ | イカルチドリの親子 »