« 雪の浅川 | トップページ | シベリアアオジ »

2016年2月27日 (土)

ヒメアマツバメとイワツバメ

今日は、浅川の上を乱舞するヒメアマツバメです。ヒメアマツバメは冬でも見られる留鳥です。
 翼は大きな鎌形で、下から見ると喉の部分のみ白く、他はほぼ真っ黒です。
Abo_919801

 横から見ると、腰の部分が白く見えます。
Abo_922301_2

 10羽以上の群れで飛びながら、飛んでる虫を捕まえます。
Abo_922801

 こちらはイワツバメです。夏鳥ですが、早くもやってきました。腰が白く、ヒメアマツバメに似ていますが、翼に鎌形はありません。
Abo_97140

 下から見ると、胴体下部も白いですね。
Abo_975401

ついでにセキレイ3種です。
 川の中では、ハクセキレイがフライングキャッチで虫を採っていました。
Abo_932901

 その下では、セグロセキレイが羽繕い中でした。
Abo_931901

 緑が濃くなってきた葉っぱの陰にキセキレイがいました。
Abo_934601
















« 雪の浅川 | トップページ | シベリアアオジ »

野鳥観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒメアマツバメとイワツバメ:

« 雪の浅川 | トップページ | シベリアアオジ »