« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月30日 (火)

夏の道東の野鳥達(12)

夏は周辺にあまり鳥がいないので、道東シリーズを引っ張ってきましたが、いよいよ今日と明日で終わりです。今日は背中が茶色の小鳥達です。
 頭が真っ黒な夏羽のオオジュリンです。
Abo_024301

 こちらも頭が真っ黒ですが、ノビタキ♂です。体も黒いですね。
Abo_099801

 ノビタキの幼鳥もいました。
Abo_097901

 オオジュリン♂とノビタキ♀のツーショット。
Abo_219501

 大きな口を開けて鳴くのはコヨシキリです。あちこちで煩いほど鳴いていました。
Abo_326401

 声は何度も聞いていましたが、最後の日にやっと見ることができたシマセンニュウです。
Abo_331001




















2015年6月29日 (月)

夏の道東の野鳥達(11)

今日はやや大きめの鳥3種です。
 移動の中で見たチゴハヤブサです。2羽いました。つがいでしょうか。
Abo_077201

 逆光だったので、そっと廻り込み近づいて見ると、下腹部が赤いのがよく分かります。
Abo_079201

 やはり警戒して2羽とも飛びました。ハヤブサらしく翼の先端が尖っていますね。
Abo_080401

 こちらはオジロワシです。うんと小さなカラスに追われていました。
Abo_191501

 これはカッコウです。あちこちで鳴いていました。
Abo_324801

 飛びながらも鳴きます。
Abo_096211

 背中側は灰色で模様が何にもないですね。
Abo_030301

 こちらはお腹側。お腹は白飛びして縞模様が見えません。
Abo_030801




















2015年6月28日 (日)

夏の道東の野鳥達(10)

道東シリーズはまだまだ続きます。今日は、あちこちの湿原、原生花園などで見たオオジシギです。関東では、高原など高いところに行かないと見れませんが、北海道では平地でも見れます。
 湿原の葦原の上を「ズビャーク、ズビャーク」と独特の鳴き声で鳴きながら飛んでいました。
Abo_318201

 時々、ザザーと音を立てて急降下します。尾羽が風を切る音だそうです。
Abo_212301

 お決まりの電柱の上にもいました。近すぎて見上げることになりました。
Abo_217101

 原生花園の中でも飛んでいました。
Abo_197501

 遠いですが、花の中に止まっています。
Abo_215101

 移動の途中で、船の縁に止まっているのを見ました。
Abo_232401

 杭の上に飛び移りました。
Abo_234001













2015年6月27日 (土)

夏の道東の野鳥達(9)

今日は、知床峠で見たギンザンマシコです。
 遠くに出て来たギンザンマシコのオスです。真っ赤な体が見えます。
Abo_174401_2

 こちらは近くに出て来たメスです。赤味が少ないですえ
Abo_180701

 這松の上を飛び移っていました。
Abo_178701

 赤い這松の実を食べていました。
Abo_178801_2

 頭上を飛ぶアマツバメ。たくさん飛んでいました。
Abo_103801

 羅臼岳の雪渓の上を歩くクマ。野生のクマを初めて見ました。
Abo_184801














2015年6月26日 (金)

夏の道東の野鳥達(8)

昨日はシマフクロウでしたが、今日は、北海道にいるもう1種のフクロウ、エゾフクロウです。フクロウの亜種で関東のフクロウより白っぽいそうです。
 木の上に幼鳥が1羽いました。
Abo_011801

 羽繕い中に見せた表情です。可愛いですね。
Abo_009501

 近くにもう2羽、幼鳥がいました。
Abo_013801

 2羽で一緒に顔をぐるぐる回す動作をしていました。
Abo_015601

 少し離れた木の上にお母さんがいました。夜行性なのでなかなか目を開けません。
Abo_022001

 時々、うとうと居眠りをしていました。
Abo_021401













2015年6月25日 (木)

夏の道東の野鳥達(7)

今日は、昨日の続きで、シマフクロウの母子です。昨日は、子供の前でお母さんがいけすに飛び込んで魚を捕まえて食べてみせました。今日は、子供の番です。
 お母さんが見ている前で、子供がいけすの飛び込みました。
Abn_157601

 うまく魚を捕まえたかな?
Abn_161601

 上がってきました。大きな魚を捕まえています。
Abn_162601

 そして頭から飲み込みました。飲み込む時は目をつむるようです。
Abn_165701

 それを見届けて、お母さんは飛び去りました。
Abn_166501

 こどもはもう一度いけすに飛び込みました。今度は後ろ姿ですね。
Abn_167601_2

 上がってきました。左足にしっかり魚を持っています。
Abn_168401_2

 魚を口にくわえて、獲ったよ!とばかりに、お母さんが飛んで行った方に見せています。この後、くわえたまま、お母さんの方へ飛んで行きました。
Abn_172501_2

宿にいた人の話では、お母さんは調子が悪く食欲がないようで、今回も食べたのは昨日の1匹のみでした。早く元気になりますように・・・

「夏の道東の野鳥達シリーズ」はまだまだ続きます。お付き合いください。











2015年6月24日 (水)

夏の道東の野鳥達(6)

今日は、シマフクロウの母子です。通常、雛が巣だって、一人前になると、親の縄張りがら追い出されるそうですが、この子供は親の縄張りに入ることを許されたのだそうです。
 子供がやってきました。足環は黄色です。
Abn_137701

 いけすに飛び込みます。
Abn_145101

 しかし残念!魚を捕まえられませんでした。
Abn_147901

 そこへお母さんがやってきました。足環はありません。
Abn_15050

 子供の前でいけすに飛び込みました。
Abn_154001

 そして見事、魚を捕まえて上がってきました。お手本を示したのでしょうか。
Abn_154701

 子供の前で食べてしまいました。子供は欲しそうでしたが、お母さんはあげませんでした。
Abn_156201

今日は、ここまで。さて子供はどうするでしょうか。
















2015年6月23日 (火)

夏の道東の野鳥達(5)

今日は、道東の目玉のひとつ、シマフクロウです。いけすには、お父さんとお母さんと昨年生まれた子ども?の3羽が来ました。今日は、最初に来たお父さんです。
 いきなりいけすめがけて飛んで来ました。お父さんの足環は黄色と青です。
Abn_106901

 そしてざぶんと飛び込みました。目はしっかりといけすの中を見ています。
Abn_107101

 いけすの中でちょっとの間だけごそごそしていました。
Abn_107801

 そして飛び上がって来たときには、見事に右足に魚を捕まえていました。
Abn_108301

 すぐに頭から飲み込んで食べました。
Abn_111401

 食べ終わると、飛んで行きました。飛んで来て飛び去るまで1分足らずでした。
Abn_115301





















2015年6月22日 (月)

夏の道東の鳥達(4)

今日は、エトピリカを見に行く途中で見た鳥達です。

 港を出るとすぐウトウがあちこちで見られました。
Abo_287801

 次にケイマフリが現れました。
Abo_279701

 飛ぶ時は、10歩ほど水中を駆けてから飛び上がります。
Abo_304511

 ウミガラスも見ました。夏羽で頭、首が真っ黒ですね。背中の後部にある白い部分が見分けるポイントだそうです。
Abo_273301

 フルマカモメも十数羽の群れでいました。ラッキーなことに群れの中に3つの型がいました。
Abo_260401

 これは暗色型です。この型が多く見られます。
Abo_267901

  これは白色型です。群れの中に数羽が混じっていました。
Abo_267101

 そしてこれは淡色型です。1羽だけいました。
Abo_270601

















2015年6月21日 (日)

夏の道東の野鳥達(3)

今日は、今回、是非、見たいと思っていた、エトピリカです。落石漁港から漁船に乗って、ユルリ島近くまで行きます。前夜止まった「民宿たかの」の若大将が案内役をかって出てくれました。この時期は、抱卵中で、海に出ている個体数は少ないと言われ、今回もダメかな、と思っていました。若い船頭が右手で船のリモコンを操作しながら、左手で双眼鏡を覗いて探してくれました。そして霧の中で海に浮かんでいる1羽を見つけました。
 船頭さんが巧みに船を近づけ、近くでじっくり見ることができました。初見です。黒い体に赤い大きな嘴、目の周りは白く、白い冠羽が付いています。
Abo_284001

 さすがに近づき過ぎたのか泳いで逃げます。
Abo_295701

 後ろ向きになって、ちょっとこちらを見ました。
Abo_285101

 そして水中へ潜ってしまいました。
Abo_285901

 約1分ほど潜ってから、別の場所に浮かんできました。
Abo_296401

 後ろ姿を見ると、冠羽が左右に分かれて付いているのが分かります。
Abo_284301

 正面の顔は、ちょっと面白い顔ですね。
Abo_300911

 別の場所に2羽、一緒にいるのを見ました。
Abo_300301

 もう帰ろうとした時、近くに浮かんできました。
Abo_300701


女将さんも優しく、料理も美味しいので、根室へ鳥見に行かれたら、「民宿たかの」へ泊まることをお勧めします。













2015年6月20日 (土)

夏の道東の野鳥達(2)

今日は、クマゲラの営巣です。この時期はオスとメスが協力して子育てをしていました。
 ポイントに着いて待つこと30分。メスがやってきました。
Abo_043701

 巣の中の雛に餌やりです。
Abo_040001

 続いてオスがやってきました。メスより頭の赤が大きいですね。
Abo_048901

 巣の中から大きな口を開けて餌を要求しています。
Abo_050801

 辺りを警戒しています。
Abo_054401

 巣の中から雛の糞などを銜えて持ち出します。
Abo_058801

 またオスがやってきました。
Abo_059801

 そしてお腹に溜めたものを吐き出して餌やりです。
Abo_062501

 その後も近くの木に止まって様子見ていました。
Abo_065201


2015年6月19日 (金)

夏の道東の鳥達(1)

夏の道東でたくさんの鳥を見てきました。写真を整理しながら、少しづつ出して行きます。道東と言えばタンチョウですが、夏は湿原で営巣していてなかなか見れないようです。そこで確実に見ることができる釧路の丹頂鶴自然公園へ行ってきました。
 間近で見ることができました。金網の中にいて、動物園の感じでした。
Abo_006401

 餌台から餌を食べていました。
Abo_004701

 少し大きくなった雛もいました。
Abo_004401

 親から餌をもらっています。
Abo_002601

 野付半島でも頭の赤くない幼鳥2羽を見ることができました。去年生まれた幼鳥かもしれません。
Abo_235201

 春国岱には成鳥が2羽いました。
Abo_239601
















2015年6月 7日 (日)

葦原の小鳥達

今日は、葦原で見た小鳥達です。似たような色、形で区別が難しいです。
 まずは定番のオオヨシキリです。ギョシ、ギョシと鳴いていました。
Abn_714901

 こちらはコヨシキリです。白い眉斑の上に黒い線があります。
Abn_771901_2

 こちらもうるさく鳴いていたオオセッカ。尾が長いですね。
Abn_743001

 背中の模様に特徴があります。
Abn_743901

 こちらはセッカ。尾羽の先が白いですね。
Abn_767601

 飛びました。セッカの飛翔はなかなか撮れませんが、これは飛出して直ぐだったので、ピントも合いました。
Abn_768601





2015年6月 6日 (土)

ヨシゴイ

今日は、毎年サンカノゴイとセットで見るヨシゴイです。
 ヨシゴイはいつも葦原の上を飛んで、葦原の中に降ります。これはお腹に立線が見えますので、メスでしょうか。
Abn_829201

 翼の先の部分は黒いですね。頭は黒くないので、これもメスでしょうか。
Abn_83310

 これは、頭が黒いので、オスのようです。
Abn_73490

 これもメスです。どういう訳かメスが多いようです。
Abn_832201

 近くの葦原に降りました。
Abn_82980















2015年6月 5日 (金)

サンカノゴイ

例年の如く、今年もサンカノゴイを見に行って来ました。
 午前中に着いた時は田んぼの中から頭だけを出していました。ずっと頭を出したり引っ込めたりの状態だったので、一度、ここから離れました。
Abn_711001

 夕方、もう一度、訪れると、あぜ道の上にて、体まで見えていました。
Abn_798901

 尾羽を広げました。このような行動を初めて見ました。
Abn_797801

 しばらくすると、あぜ道を歩き初めました。
Abn_805801

 どんどん歩いて、舗装した道を横切りました。サンカノゴイが全身を見せて歩く姿を見るのも初めてです。
Abn_809001

 そして隣の田んぼには、もう1羽いました。どうもつがいのようで、相方に逢うために歩いてきたようです。
Abn_823301

 別の個体が葦原の上を突然飛びました。田んぼばかり見ていたので、間に合わず、ピンボケになりました。
Abn_717201

 もう一度、すぐ近くを飛びましたが、こちらも間に合わず、この1枚だけでした。
Abn_784801


2015年6月 3日 (水)

ツミ

先日、営巣している、との情報があり、ツミを見てきました。
巣は桜の木の中にあり、見えませんでしたが、近くの木にオスが止まっていました。メスは巣の中にいるようでした。
 オスは目が赤く、背中は灰色、お腹の横は淡いオレンジ色ですね。
Abn_699301

 こちらを見ています。さすがにタカの仲間。鋭い目ですね。
Abn_698901

 しきりに羽繕いをしていました。
Abn_698301

 羽繕い中もこちらが気になるようです。
Abn_697101_2

 別の木に移ってしまいました。でもこちらの方がよく見えます。片足で止まっています。先ほどの木でも片足だったようです。
Abn_702401

 もう片方の足はお腹の中に隠していたのですね。
Abn_702701













« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »