« 春の浅川で | トップページ | 春の与那国(2) »

2015年4月 4日 (土)

春の与那国(1)

日本の最西端、与那国島へバードウォッチングツアーで行ってきました。人生初そして最後(多分)の与那国です。周囲27.5kmの小さな島です。春の渡りは過ぎてしまっていたのか、あまり野鳥の姿は多くありませんでした。それでも私のとっては初見、久しぶりの鳥達がいました。今日は、初見のオオチドリです。
 東(あがり)牧場の中にいました。この地方では、東をあがり、西をいり(例、西表島)というそうです。ドバトより少し小型ですが、長い足があります。夏羽で白い顔、橙色と黒帯の胸、白いお腹でした。
Abm_257201

 草の中の小さな虫を探して食べているようです。牧場だけに周囲には馬の落し物が・・。
Abm_258501

 横から見た姿がきれいです。
Abm_263501

 草の陰に入りました。光線の具合で背中が茶色く見えます。
Abm_269001

 上空を何かが飛んだようです。上を見ています。
Abm_391401

 正面を向いた姿です。顔、胸、お腹の色がよく分かります。
Abm_392901





« 春の浅川で | トップページ | 春の与那国(2) »

野鳥観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春の与那国(1):

« 春の浅川で | トップページ | 春の与那国(2) »