« 春の与那国(3) | トップページ | 春の与那国(5) »

2015年4月 7日 (火)

春の与那国(4)

与那国シリーズはまだまだ続きます。今日は、一度に見たムクドリ5種です。
 電線の上にずらーっと並んで止まっています。これはその一部。
Abm_361901

 拡大してみると、左からギンムクドリ、ホシムクドリ、コムクドリ、ギンムクドリ、カラムクドリ、ギンムクドリです。ギンムクドリは足と嘴が橙色、ホシムクドリは体が黒、コムクドリは頬が赤茶色、カラムクドリは、足と嘴が灰色で他のムクドリより少し小さく、オスは肩の部分が白く、メスは顔に赤味があること、で区別が付きます。
Abm_363301

 こちらは、左からムクドリ、ギンムクドリ、カラムクドリ、ギンムクドリです。ムクドリは、関東でもたくさん見られるので、珍しくありませんね。
Abm_479001

 カラムクドリ5羽。肩が大きく白いのはオス、顔が少し赤みがかっているのはメスです。
Abm_481801

 なぜここにムクドリ達が集まっているかというと、この下に実が生った木があり、それを食べに来ているようです。木の実を食べるカラムクドリとギンムクドリ。
Abm_489601

 カラムクドリ♂。足、嘴の色、目の色が分かります。
Abm_493201

 ギンムクドリは顔が白く、嘴が橙色なのできれいです。
Abm_372001









« 春の与那国(3) | トップページ | 春の与那国(5) »

野鳥観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春の与那国(4):

« 春の与那国(3) | トップページ | 春の与那国(5) »