« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月25日 (水)

春の浅川で

昨日、コチドリを見に行った時に見た他の鳥達です。
 脇が少し赤くなって夏羽になりつつあるタヒバリです。
Abm_196101

 枯れた茎に紛れてタシギがいました。双眼鏡でカワラヒワを見ていたら、偶然、入ってきました。肉眼では見つけられませんでした。
Abm_205101

 ツバメも飛んでいました。早くて、カメラで捉えるのが大変でした。
Abm_221901

 イワツバメは、巣の修復のため泥運びを始めたようです。
Abm_242901

 アオジはまだ残っていました。今から標高の高い場所へ移動して行くのでしょう。
Abm_177801

 コガモもまだ残っていました。カモの仲間では一番遅くまで残っているそうです。
Abm_236301

 2羽で並んだカワウ。つがいでしょうか。いつもは無視するのですが、2羽がいかにも仲が良さそうだったので、1枚撮りました。
Abm_236701


2015年3月24日 (火)

コチドリ

今日は、浅川に、夏鳥のコチドリがやってきているというので見に行ってきました。
 早速、見つけました。目の黄色いアイリングが目立ちます。
Abm_180701

 河原の中央(こちら側)へやってきました。
Abm_184101

 行く先には、何と!尾羽を広げたコチドリが待っていました。
Abm_185001

 オスの求愛行動でしょうか。尾羽を目一杯広げています。
Abm_185601

 後ろから来たコチドリは尾羽の中に入って行きました?
Abm_187901

 と、思ったら、向こう側を通り抜けていました。オスはそれでも必死に尾羽を広げ続けました。このあと2羽は離れて行きました。
Abm_188701

 別の場所にもコチドリがいました。こちらは泥の中ですね。
Abm_203001

 さらに別の場所にもいました。渡って来る時は一斉に来るのでしょう。
Abm_239401

 ちなみにこちらはイカルチドリ。コチドリによく似ていますが、黄色いアイリングが目立たなく、嘴も長いですね。
Abm_197301

 イカルチドリをもう一枚。全体的に色も薄いようですね。
Abm_219801

 帰りに、先ほどの場所にもう一度寄ったら、2羽が仲良く採餌していました。
Abm_230701










2015年3月23日 (月)

春爛漫

今日は、午前中、よく晴れていたので、裏山へ春を探しに行ってきました。
 満開のこぶし。
Abm_149901

 早咲きの桜の中にシメ。
Abm_150901

 同じ桜の中にヒヨドリも。
Abm_152601

 まだ蕾のソメイヨシノ桜の木にはガビチョウ。ホーホキェキョ、と鳴いていました。物まねがうまい鳥です。
Abm_175501

 いつものところにコジュケイのつがい。
Abm_164001

 何かに驚いたのか木に飛び上がりました。木止まりを見たのは初めてです。
Abm_159101

 こちらはキジのつがい。とっても仲が良かった。
Abm_168601






2015年3月22日 (日)

イワツバメ

やっとまともに晴れたので、徒歩5,6分の浅川のコンクリート製の橋へイワツバメを見に行ってきました。3月17日に3羽来ているのを確認していましたが、今日は、もう30羽ほどになり、橋の下の巣に出入りしたり、青空の中を乱舞したりしていました。例年の早春の風物詩です。
 イワツバメの特徴は、お腹や喉が白い、翼が鎌形になっていない、尾の切れ込みが小さいなどがあります。
Abm_109901

 上面からみると、腰が白いのも特徴です。
Abm_136201

 乱舞中に、7,8羽が集まりました。
Abm_095101

 2羽で一緒に飛んでいるのも見かけました。つがいでしょうか。
Abm_135701

 たくさん撮った中に、偶然、口を開けて虫を獲っているところが写っていました。虫は15cmほど先に小さく薄く写っています。
Abm_005701

 時々、巣に戻ってきますが、巣材を運んでいるようではありません。去年の巣の具合を確認しているのでしょうか。
Abm_087401










2015年3月17日 (火)

キレンジャク(2)

今日は、昨日の続きで、キレンジャクのヤブラン採餌です。レンジャクの食べ物と言えば、寄生木かヤブランしか知りませんが、リンゴなどの果実やピラカンサやナナカマドなどの木の実も食べるそうです。また夏の繁殖期には昆虫も食べるそうです。
 ヤブランの実に向かって飛び込んで行きました。
Abl_917301

 ヤブランの実を美味しそうに食べています。
Abl_919301

 少し高いところの実は首を伸ばして採っていました。
Abl_915201

 何かの草の茎?に止まって、こんな格好をして、実を食べに行きました。
Abl_924101

 実がたくさんある場所には、数羽が集まってきます。
Abl_896901

 やはり高いところの実は、羽ばたきながら取っていました。
Abl_914901










2015年3月16日 (月)

キレンジャク

我が家の近くの公園に数年ぶりにキレンジャクがやってきました。ヒレンジャクはほぼ毎年見られますが、この地方では珍しい部類の鳥です。キレンジャクは尾の先が黄色いので見分けが付きますが、初列風切羽の先端も黄色く、次列風切羽の先端も赤くなっています。翼の中央部分に白い線もあります。
 上記の特徴がよく見える1枚です。
Abl_938801

 真後ろからだと、翼の両側の赤と黄色がよく見えます。
Abl_955001

 頭の冠羽、黒い目、黒く短い嘴、黒い喉元など顔も特徴がありますね。

Abl_939701

 正面からだと、何もないお腹しか見えませんね。
Abl_946501

 この個体はお尻の部分の羽が逆立っています。どうかしたのでしょうか。
Abl_935801

 ヤブランの実を食べています。実は、この下にはヤブランがあり、下に降りて実を食べているのです。この時は、実を銜えたまま木の上に飛び上がってきました。ヤブランを食べている様子は、また明日。
Abl_929101









2015年3月14日 (土)

カワガラス

今日は、真っ赤になった杉林の近くまで行って、カワガラスを見てきました。既に1番子の子育てを終え、2番子の準備に入っているそうです。2羽が一緒に餌を求めて川の上流や下流へ飛んで行きました。2番子はまだまだ先のようです。
 ポイントに着いた時、小さな滝の上で、尾を上げていました。
Abl_845101

 ちょっと羽を広げて見せてくれました。
Abl_845801

 滝上の真ん中辺りに移動してきました。
Abl_854001

 こちらは滝の下です。すぐ近くまでやってきました。
Abl_866501

 滝の横の水を潜っています。羽が水を撥ねているのがわかりますね。
Abl_858301

 上流へ飛んで行きました。この後、1時間以上現れ無かったので、諦めて帰ってきました。
Abl_870401


2015年3月10日 (火)

今日も裏山へ

今日は、午前中に病院で花粉症の薬をもらい、午後から裏山へ行ってきました。風が強く、太陽が雲に時々隠れたり出たりする天気でした。
 久しぶりにジョウビタキ♂を見ました。
Abl_804201

 先日ミヤマホオジロがいた草原にキジのオスがいました。
Abl_810201

 近くにキジのメスもいました。枯葉と同化していて見つけにくく、初め気が付きませんでした。
Abl_814001

 そろそろ営巣の時期です。近くにいい場所はあるのでしょうか。
Abl_836801

 キジがいた場所の近くにコジュケイも3羽いました。
Abl_834601

 振り返ると、朽ちた切り株の上にアオゲラがいましたが、枝被りでうまく撮れませんでした。
Abl_828001_2

 池の中に、マガモのメスの雑種と思われるカモが2羽いました。先月まで1羽(写真の右側)だったのですが、それは雑種と認定されていましたので、もう1羽(写真左側)も雑種のように思われます。
Abl_842401












2015年3月 4日 (水)

裏山の鳥達

昨夜はしっかりと雨が降ったので、花粉が飛び始める前に裏山へ行ってきました。
 まず出迎えてくれたのは、エナガの群れでした。
Abl_782201

 エナガに混じってヤマガラもいました。
Abl_783001

 倒木を突いていたのはコゲラです。後頭部に赤い羽が見えるのでオスですね。
Abl_737901

 シメは草原で採餌していました。冬鳥たちはそろそろ北へ帰って行くことでしょう。
Abl_787201

 カシラダカを撮ろうとした時飛んだので、偶然、飛出しが撮れました。
Abl_787801

 ルリビタキのメスがまだいました。
Abl_794001

 アオジはあちこちで見ました。
Abl_794401

 林の中にオオタカがいました。こちらを見ていますね。
Abl_792601















2015年3月 2日 (月)

クサシギ

もう3月ですね。今日は、風が強く、花粉がいっぱい飛んでいそうです。2月にクサシギを撮っていたのを思い出したので、今日は、クサシギです。
 毎年、冬になると浅川の上流にやってきますが、出逢うことの少ない鳥です。
Abl_398701

 水中にいる虫などを見つけて食べているようです。
Abl_400601

 足は短く、嘴は真直ぐ長いですね。白いアイリングも特徴です。
 
Abl_403101

 警戒心が強く、すぐに飛んで行ってしまいますが、この時は、一人だけだったので、そっと、たっぷり見ることができました。
Abl_406001





« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »