« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月28日 (土)

ヒレンジャクとミヤマホオジロ

花粉症が出て、あまり外出はできないのですが、今日は、寄生木のある場所へヒレンジャクを見に行ってきました。着いた時5羽のヒレンジャクがいましたが、30分も経たない内にどこかへ行ってしましました。
 
 寄生木の実を食べています。
Abl_755901

 食べれば当然、出すものがありますね。ねばねばしたものが垂れ下がっていて、中に消化せずにでてきた実が入っています。
Abl_757901

 こちらでも、並んで・・・
Abl_743001

 そしてべったりと木に付きます。これがやがて芽を出して寄生木となり、またレンジャクの食べ物を供給するという相互利用の連鎖です。
Abl_760501

 我が家の近くにもレンジャクがきていないかと寄ったら、ミヤマホオジロがいました。後ろがオスのミヤマホオジロ
です。前はカシラダカです(コメントで御指摘を受け、修正しました)。
Abl_776811

 よく見たら、もう1羽、
カシラダカがいました(これもコメントを受け、修正しました)。後ろ向きだと落ち葉に同化して全くわかりませんね。
Abl_777301










2015年2月25日 (水)

ヒレンジャク

今日は、早起きをしてヒレンジャクを見てきました。10羽が木に止まっていました。初め双眼鏡を覗く女性が一人いましたが、途中からいなくなったので、独占状態で写真を撮りました。しかし曇り空で暗かったので、色があまり良く出ませんでした。
 10羽のうち、5羽が比較的近くに止まっていました。
Abl_717701

 朝、早くて寒かったのか、膨れています。尾の先端が赤いので、”ヒ”レンジャクですね。
Abl_719201

 こちらでも少し膨れ気味です。
Abl_720901

 しばらくすると、ぱらぱらと地面に降りてヤブランの実を食べ始めたようです(様子は藪の中で見えませんでした)。この1羽は見張りでしょうか、地面に降りずに回りを見ていました。
Abl_724401

 この個体は、一度上がってきて、また下へ降りました。
Abl_722701

 先ほどの見張りは、こちらに向きを変えて見ていました。
Abl_724001

 飛翔が撮れたのは、この1枚だけでした。SSが遅いため羽がぶれて見えません。
Abl_725901

 最後に、2連雀。レンジャクという名前から、連なっているところが見たいのですが、なかなかそうはいきません。
Abl_724601


2015年2月24日 (火)

葛西臨海公園

三番瀬の帰りに葛西臨海公園にも寄ってきました。

 毎年、同じ場所で見るアカハラですが、頭が黒く、オオアカハラのようです。昨年までオオアカハラの認識がありませんでした。
Abl_703201

 あまり逃げることもなく、地面で餌を探していました。
Abl_712001

 池には、ホシハジロがたくさんいましたが、ほとんど寝ていました。この個体だけが、起きて羽繕いをしていました。
Abl_679201

 池の向こうの松の木にノスリが止まっていました。池のカモを狙うのでしょうか。
Abl_688401

 池の上を小さいタカが飛びました。チョウゲンボウかと思いましたが写真を見てハヤブサだと分かりました。
Abl_701201_2










2015年2月23日 (月)

三番瀬の鳥達(2)

三番瀬には、冬になるとスズガモも何千、何万羽とやってきます。三番瀬に行った時、見たい鳥のひとつです。私が行った時は、数百羽くらいに減っていました。
 スズガモのオスです。脇腹が白いので、すぐ分かります。
Abl_668701

 こちらはメスです。全体的に褐色です。嘴の根元が白くなっているのが特徴です。
Abl_658901

 これはエクリプスのようです。オスですが、メスの色が少し混じっています。
Abl_668001_2

 ハジロカイツブリもよく見かけます。2羽が並んで泳いでいました。
Abl_650601

 カンムリカイツブリも泳いでいました。
Abl_658101

 ウミアイサのメスです。近くにいたのですが、私に気づいて逃げていきました。
Abl_661501

 遠くでウミアイサのオスも泳いでいました。
Abl_666001


2015年2月22日 (日)

三番瀬の鳥達

居なくなる前に見ておきたいと思い、東京湾・三番瀬へミヤコドリを見に行ってきました。毎年、冬になると三番瀬にやって来るので、見慣れた鳥ですが、全国的には珍しい鳥だそうです。最大時は200羽を超えるそうですが、この日は、50羽ほどがいました。
 カラスより少し小さく、赤い嘴と目、黒い背、白いお腹が目立ちます。長い嘴を砂の中にいれて貝などを探します。
Abl_636401

 飛んだ時、白と黒のコントラストがきれいです。
Abl_644901

 潮の引いた砂浜には、冬羽のダイゼンがいました。
Abl_638301

 ダイゼンの群れです。20羽ほどが固まっていました。
Abl_642101

 シロチドリもいました。これは額が黒いのでオスですね。
Abl_656701 

 こちらはメスです。砂浜を走りまわっていました。
Abl_655801

 ミユビシギも30羽ほどの群れでいました。
Abl_634201




2015年2月21日 (土)

ウグイス

今日はウグイスです。まだ、「ホーホケキョ」とは鳴かず、「ジャ、ジャ」といわゆる藪鳴きをしています。鳴き声は聞こえても姿を見ることはほとんどありません。しかし、このところ数回、姿を見ることができました。
 藪の隙間から動いているところをキャッチ。地味な色合いをしています。
P139018801

 しっかりこちらを見ています。
P139018901

 こちらは葦の間から出て来たところ。ばっちり撮れました。
Abl_683501

 すぐ、また葦の中へ潜っていきました。
Abl_686101

 これは林の中で。枝から枝へ移って行きます。
Abl_693301

 細い枝に止まるのは得意!
Abl_695801

 足の指を目一杯広げて太い枝にも止まれます。
Abl_696701


2015年2月20日 (金)

オオジュリン

今日は、小さな葦原で出逢ったオオジュリンです。2羽いましたが、撮れたのは1羽だけでした。メスのようです。

 葦の茎に立に止まります。背中の縦斑がきれいですね。
Abl_67340

 止まった茎を嘴で割いて中の虫を食べています。
Abl_674601

 ちょっとポーズを作ってくれました。優しい顔をしていますね。
Abl_675301

 お腹と脇腹は白いですね。
Abl_676301

 ちょっと横を見て、どうするのかと思ったら・・
Abl_676701

 下に向かって飛びました。葦の中に隠れてしまいました。
Abl_678101














2015年2月19日 (木)

北関東で見たその他の鳥達

北関東シリーズも今日で終わりです。今日は、その他いろいろな鳥達です。
 田んぼに数百羽単位で群れていたミヤマガラス。嘴が白っぽいですね。
Abl_502801

 ミヤマガラスの群れに混じっていたコクマルガラスの親子?左は成鳥、右は幼鳥。成鳥は後頭部、胸、腹が白く、ミヤマガラスより一回り小さめです。幼鳥は後頭部にやや灰色味があります。コクマルガラスはミヤマガラスの群れの中にいることが多いそうです。
Abl_506601

 冬でも茂った木の中にいたトラフズク。枝が邪魔でなかなか全身が撮れません。真下まで行って、下から見上げて撮りました。夜間に行動するので、昼間は寝ています。
Abl_538401

 防風林の中にたくさんいたビンズイ。
Abl_310101

 ベニマシコのオス(奥)、メス(手前)も地面で採餌していました。
Abl_542001










2015年2月18日 (水)

大洗海岸の鳥達

今日も冷たい雨が降っていて、外に出られず、パソコンで写真の整理をしています。今日は、先日行った大洗海岸で見た鳥達です。
 まずは、シノリガモのオス(右)、メス(左)。Abl_320201

 ウミアイサのオス。例年よりが数が少なく、近くにいませんでした。
Abl_330301

 冬羽のミミカイツブリが3羽一緒にいました。通常、単独でいることが多いそうです。
Abl_326301

 カモメを代表してワシカモメの幼鳥。他にウミネコ、セグロカモメ、オオセグロカモメなどがいました。
Abl_342601

 アビと間違えたアカエリカイツブリ。逆光で色が見えませんでした。
Abl_367301

 港の中にいたウミスズメ。こんなに近くで見たのは初めてです。
Abl_356101









2015年2月17日 (火)

北関東の猛禽

今日は、北関東で見た猛禽類(タカの仲間)です。
 まずは、鉄塔に止まるハヤブサです。高いところから小鳥を探して、見つけると急降下して足で捕えます。
Abl_304201

 次はオオワシです。冬の道東では普通に見られますが、関東で越冬するのはここだけだそうです。ほとんど翼を動かさず飛翔しますが、時々大きく羽ばたきます。青空の中、ゆったりと飛ぶ姿はきれいでした。
Abl_292201

 遠くでユリカモメが果敢にモビングしていました。下の水面に多くのユリカモメが浮いていて、同じく魚を餌とするため餌場を取られないためでしょうか。雨覆の白がきれいです。
Abl_275801

 ミサゴも飛んでいました。魚は持っていませんね。
Abl_266001

 葦原を飛ぶチュウヒ。葦原の中にいるネズミなどを探しています。
Abl_299901

 遠くを飛ぶハイイロチュウヒ。腰の白と灰色の体と翼先の黒が特徴です。
Abl_382401

 ハイイロチュウヒが、突然、近くを飛びましたが逆光で、かつピントが間に合いませんでした。驚いた小鳥が飛び出しました。このようにして小鳥を捕まえるようです。
Abl_384701

他にノスリ、コチョウゲンボウ、トビなどもいました。

2015年2月16日 (月)

タゲリ




今日は、冬に田んぼなどに飛来するタゲリです。背中の青っぽい緑色の光沢が何とも言えず綺麗で、冬には絶対見たい鳥です。
 田んぼに10数羽のタゲリが休んでいました。少し遠かったのですが、非常に警戒心の強い鳥ということで、車の中から撮りました。
Abl_259801

 1羽だけ少し近くにいました。
Abl_267301

 一斉に飛びました。白と黒のコントラストがきれいですね。Abl_257501

 拡大しましました。翼の裏側の根元(下雨覆)が白、先が黒、さらに先端が白く見えます。
Abl_264301

 翼の上側が光の具合で黒く見えます。
Abl_264101_2

 出発間際に、すぐ近くに降りましたが、正面向きのこの1枚しか撮れませんでした。
Abl_267901_2

 おまけ・・・近くの田んぼにタシギもいました。
Abl_298601












2015年2月15日 (日)

ハクチョウ

関東北部でハクチョウを見てきました。天気はよかったのですが、風が強かったせいかあまりいませんでした。ハクチョウは、冬に日本に渡ってくる冬鳥で、オオハクチョウ、コハクチョウ、アメリカコハクチョウいますが、その判別は嘴の黄色で分かります。
 ハクチョウは家族単位で行動するそうです。これはコハクチョウの家族。右端は薄汚れたような色をしていて、幼鳥です。
Abl_248401

 これはオオハクチョウ。嘴の黄色が少し先まで伸びています。
Abl_250801

 こちらはコハクチョウ。嘴の黄色は丸くなっていて先の方へは伸びていません。
Abl_251101

 こちらはアメリカコハクチョウ。嘴の黄色がほとんどありませんね。
Dsc_06180101

 これはコブハクチョウ。嘴の根本に黒いこぶがありますね。皇居のお濠にも年中いますが、一種の篭脱け鳥で、野鳥には分類されていません。生息域を広げているそうです。
Abl_495500_2






2015年2月14日 (土)

都心の公園の野鳥達

トモエガモを見に行った時に見た野鳥達です。
 新宿御苑の池にオシドリがいました。左がオス、右がメスです。
Abl_477301

 小石川後楽園では、アカハジロに出逢えませんでしたが、アカハラを見ました。
Abl_456501_2

 皇居のお濠の石垣にバン(幼鳥?)がいました。
Abl_486401

 キンクロハジロは、写真を撮っていると、どんどん近づいてきました。
Abl_485201

 ハスの茎ようなものが浮いた中にハシビロガモが泳いでいました。
Abl_487501

 アオサの中にカイツブリがいました。お濠はもっときれいにして欲しいですえn。
Abl_489001





2015年2月13日 (金)

トモエガモ

今日は、都心の公園にトモエガモを見に行ってきました。
 10羽ほどのマガモの群れと一緒にいて、いつも群れの真ん中あたりにいました。
Abl_476301

 初めは、木陰にいて、写真を撮っても黒く写ります。
Abl_458001

 しばらく待っていると、ようやく明るいところに出てきました。逆光の朝日で少し赤茶けて見えます。
Abl_467001

 向きを変えると、やっと後頭部の綺麗な緑が見えました。これがトモエガモ(♂)の特徴です。
Abl_468701

 一緒にいたマガモのオスと較べると一回り小さいことが分かります。
Abl_469701

 正面を向きました。大きな嘴が目立ちますが、あまり面白くないですね。
Abl_473301


2015年2月12日 (木)

クイナ

今日は、浅川を歩いて、久しぶりにクイナのポイントでクイナを見ました。いつものワンドではなく、裏側の本流の岸にいました。
 最初は葦の陰で水浴びをしていましたが、葦陰から少し出てきたので、見やすくなりました。
Abl_430701

 泥の中に嘴を入れて餌を探していたので、嘴が汚れたからでしょうか、手入れをしています。
Abl_436601

 水から上がって、こちらへ向かってきます。
Abl_438701

 倒れた葦の上を歩いて、どんどんやってきます。
Abl_442501

 横を向きました。どうやら行くべき場所があるようです。
Abl_445401

 すこし急ぎ足になりました。
Abl_446101

 最後は突進状態です。葦の中に入って行きました。
Abl_447001


2015年2月11日 (水)

ホシゴイ

今日は、午後からレンジャクを見に行ったのですが、もう抜けたのか、朝から来ていない、とのことでした。待っていた人から下の池にホシゴイがいるよ、と教えてもらったので、行ってみました。ホシゴイはゴイサギの幼鳥のことです。
 通路横の3mほどの高さの枝に止まっていました。高いところに止まっているのを見るのは初めてです。
Abl_386701

 数mの距離なので、カメラのシャッター音が気になったのか、しきりにこちらを見ていました。
Abl_388001

 そして1.5mほどの高さの、少し奥の方の木に移りました。幼鳥でもするどい目ですね。
Abl_393301

 羽繕いをしています。ここなら落ち着いていられそうです。
Abl_394201

 嘴の先に羽をつけています。こういうところは幼鳥らしいですね。
Abl_394001


2015年2月 9日 (月)

浅川散歩

今日は、雪が降りそうな雲と冷たい風の中、浅川を歩いてきました。家を出る時はあまり気乗りしなかったのですが、鳥を見ていると元気が出てきました。
 いきなり橋桁にとまるノスリに出逢いました。
Abl_215601

 橋を渡って反対側に廻りました。お腹の横帯がよく見えます。
Abl_216301

 河原を歩いていると、驚いたコガモが一斉に飛び立ちました。
Abl_220401

 この寒空の中で、ツグミが水浴びをしていました。
Abl_222501

 カワセミは何度か見ました。
Abl_232201

 アオジもたくさんいました。今年は多いですね。
Abl_228601

 イソシギは、川の中に嘴を突っ込んで
餌を探していました。
Abl_233601

 忙しく動き回るタヒバリもいました。
Abl_239101

 帰りに見ると、ノスリはアパートの屋上に移ってこちらを見ていました。
Abl_246501


2015年2月 4日 (水)

裏山散歩

今日は、穏やかな暖かい天気になったので、久しぶりに裏山を散歩してきました。すっかり馴染みになった鳥達に出逢いました。

 まず出迎えてくれたのはアオジでした。3羽が採餌していました。
Abl_191801

 続いてカシラダカ。10羽ほどが草の中で採餌していました。近づいたので、木に飛び上がりました。
Abl_192201

 そしていつものルリビタキ。カメラマンがいなかったからでしょうか、随分、近くまで寄ってきました。
Abl_202401

 枝止まりも見せてくれました。
Abl_196201

 こちらはルリビタキのメス(タイプ)です。青みが見えません。
Abl_197601

 別の場所にもう1羽いました。こちらは尾の青がよく分かります。
Abl_200401

他に、いつものシロハラ、エナガ、シジュウカラ、ツグミなどに出逢いました。珍しい鳥はいませんでしたが、いつもの鳥達に出逢えて楽しい散歩でした。











2015年2月 3日 (火)

多摩丘陵の公園

地元のカワセミ会が毎月行っているN公園の定期カウントに参加してきました。N公園は多摩丘陵の一角にあります。所々に雪が残り、滑りやすいところもありました。頂上からは、奥多摩や丹沢の山々がよく見えました。
 久しぶりにアオゲラを見ました。今年初見です。
Abl_162901

 これはメスのようです。オスも近くにいたそうです。
Abl_164101

 アカウソもいました。お腹の赤がよく見えます。
Abl_178601

 桜の木の新芽を食べていました。
Abl_184201

 色の薄い個体がいました。アカウソのメスでしょうか。
Abl_168401

 最後にルリビタキに逢いました。
Abl_185401


2015年2月 1日 (日)

アトリ

今日は、強風の中、アトリを見てきました。10羽ほどの群れでいました。あちこち飛び回っては、何度も姿を見せてくれました。
 これは頭の色が薄いので、メスです。
Abl_120101

 枝の中にもメスがいました。
Abl_121901

 枝の中には頭の色が濃いオスもいました。
Abl_123701

 飛んで行ってサルスベリの木に止まり実を食べていました。
Abl_124601

 こちらは白いお腹を見せています。
Abl_125101

 枝をちょんちょんと器用に登っていきました。
Abl_125801


« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »