« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月28日 (火)

ヒメアマツバメ

今日は、関東地方では留鳥のヒメアマツバメです。浅川を歩いていると10~20羽の群れがジュリリと鳴きながら飛び廻っているのをよく見かけます。
 鉄道の高架下に作った巣です。これだけで7,8個の巣があります。巣に羽毛を付けていますね。塒(ねぐら)として利用し、朝方には飛び立って行きます。
Abi_550301

 鎌形の大きな翼を持ち、喉と腰は白で、お腹は黒いです。尾羽は浅い凹形です。
Abi_636001

 太陽を受けると羽が透けて見えます。
Abi_636801

 カメラで1羽に狙いを付けて追いかけていると、偶然、もう1羽がカメラに入りました。何羽も飛び交っているので、こういうこともあります。
Abi_633701

 ズームを利用して、少し広角にしてみました。飛び交っている様子が分かると思います。
Abi_636901



















2014年10月26日 (日)

ジョウビタキ

我が家の近くで、数日前からジョウビタキの声が聞こえていましたが、今日、やっと写真に収めることができました。冬鳥の初飛来です。まだ渡ってきたばかりで、縄張りが決まっていないためか、2羽のオスが追いかけっこをしていました。
 1羽のオスがテレビのアンテナの上に止まって「ヒッ、ヒッ」と鳴いていました。
Abi_648201

 瓦屋根の上に移りました。高いところが好きなようです。
Abi_644701

 移動する時も屋根の一番上を動いています。
Abi_646001

 別の場所にメスもいました。やはりアンテナの上です。ノビタキに似ていますが、特徴である脇の白い羽が見えます。
Abi_640301

 飛びました。羽を広げている時より止まっている時の方がきれいです。
Abi_638301

 そして別のアンテナの上に止まりました。
Abi_638201














2014年10月25日 (土)

コジュケイ

暖かな日差しに誘われて、裏山を散歩してきました。木製のベンチで休んでいると、奥の草薮からコジュケイが出てきました。
  キョロキョロと辺りを見回して警戒しています。
Abi_625001

 奥からもう1羽出てきました。
Abi_627001

 その後からも出てきて合計4羽になりました。
Abi_627601

 全員揃うと右の方へ移動しました。
Abi_628301

 一番最後は、頬や胸に赤味がなく幼鳥のようです。
Abi_628401



























2014年10月24日 (金)

ワンドの鳥達

浅川の傍のあちこちにワンドと呼ばれる池があります。水の流れなく、一部の鳥達には楽園となっています。
 ゴイサギの幼鳥です。ホシ(斑)がたくさんあるのでホシゴイとも呼ばれています。
Abi_555901

 藪の中にいてなかなか出てきませんが、今日は日向ぼっこに出てきたようです。
Abi_554401

 バンもいました。いつもつがいでいるのですが、今日は1羽しか見えません。
Abi_552701


 コガモの3兄弟?倒木の上で休んでいました。

Abi_556001

 葉の陰で暗いところにカワセミもいました。顔の辺りが茶色がかっているので、まだ幼鳥のようです。

Abi_551701

 水門の扉の前にカワセミのつがいがいました。左がメスです。水門のペンキが剥げて汚いバックで残念です。

Abi_621801

2014年10月23日 (木)

茶色の小鳥

今日は、浅川下流部で見た茶色の小さい鳥達です。
 ノビタキです。スズメより少し小さいです。杭や草のてっぺんに止まることが多いですね。オスは夏には頭が真っ黒になるので、別の鳥かと見間違えます。
Abi_591701

 縦に伸びた草の茎にも止まります。肩羽に白線がありませんので、メスでしょうか。腰の茶色が魅力的ですね。
Abi_586501

 時々、飛び廻っていました。フライングキャッチで虫を捕っていたのでしょう。
Abi_584601

 ホオジロです。灌木の上で盛んに囀っていました。お腹は一様な薄茶色ですね。今頃、囀るのは縄張り宣言でしょうか。
Abi_558101

 こちらはモズです。秋になると「キッ、キッ、キッ」というモズの高鳴きがあちこちから聞こえてきます。これも縄張りを主張しているのでしょう。
Abi_620401
















2014年10月22日 (水)

小さな獲物

今日も、浅川下流部を歩いた時の光景です。
 ミサゴが飛んで来て、頭の上を通過して行きました。
Abi_605101

 後で写真を見たら小さな魚を抱えていました。いつも体くらいの大きな魚を抱えていることが多いので、気が付きませんでした。
Abi_602101

 こちらはトビです。やはり小さな魚を持っています。
Abi_618001

 飛びながら頭から食べています。
Abi_618201

 遠くでチョウゲンボウが何かを持って飛んでいました。この後、電線に止まって食べていました。
Abi_610701

 ハシボソカラスがオニグルミの実を持って飛び上がり、空中から落とす動作を繰り返していました。割って中身を食べようとしているのでしょう。
Abi_614901















2014年10月21日 (火)

オオタカ

浅川の下流域を10kmほど歩いてきました。その間で鳥達の楽しい光景を目にすることができました。今日は、オオタカの幼鳥の水浴びです。
  ホオジロを見ているとオオタカが飛んできました。
Abi_559701

 水辺に降り立ちました。胸に縦斑が見えます。幼鳥ですね。
Abi_561401

 体を少し水に沈めて水浴び開始です。
Abi_563501

 胸まで浸かってバシャバシャしています。
Abi_566701

 頭も水の中に入れました。
Abi_568501

 顔を上げて、尾羽を上げて水切りしていました。その後、何度も水浴びを繰り返していました。
Abi_567901

 近くにはアオサギやダイサギもいましたが、お互い知らんぷりです。オオタカはサギは大きすぎて襲わないのでしょう。
Abi_572301

 随分、長風呂のようです。なかなか水から上がりませんでした。
Abi_578101













2014年10月20日 (月)

コオバシギ

今年、まだ見ていなかったコオバシギを見に三番瀬へ行ってきました。貝堀の人がたくさんいて鳥は少なかったのですが、やっとハマシギと一緒にいるコオバシギ1羽を見つけました。
 夏羽の赤味が少し残っていました。
Abi_517901

 ハマシギ(手前)と比べると少し大きいですね。
Abi_515001

 正面から。お腹の赤いのがよく見えます。
Abi_516001

 コオバシギの他にもお腹の赤い鳥がいました。オオソリハシシギです。
Abi_518101

 これはミユビシギでしょうか。白と黒と灰色だけです。。Abi_520801

 こちらは冬羽で色あまりないメダイチドリでしょうか。Abi_524401

 さらにこちらはダイゼン?やはり色がないですね。
Abi_527401

 スズガモの群れもやってきていました。
Abi_545101












2014年10月19日 (日)

マガン

台風の影響でしょうか、南方へ行き遅れたクロハラアジサシと同じ場所に北方からマガンが1羽来ていました。工事中の金網とその先の鉄柵の隙間から狙うという厳しい状況でしたが、その分近くで撮れました。
 警戒心の強いマガンをこれほど近くで見たのは初めてです。
Abi_361601

 水の中の草の実を食べていました。
Abi_363101

 水面より少し高い陸地に上がりました。足に水かきが付いています。水鳥である証拠ですね。
Abi_370801

 長い首を伸ばして後ろを見ています。首を伸ばして頭を上げた時は警戒していると教えられましたが・・・。
Abi_369401

 気が付くとカルガモと一緒に飛んで来ました。
Abi_500901

 頭の上を通過して行きました。お腹の模様がよく見えます。
Abi_502801










2014年10月18日 (土)

クロハラアジサシの捕食

今日は、クロハラアジサシの捕食です。アジサシの仲間だけに獲物は小魚です。何度も水に飛び込んでいました。
 急降下して頭から突っ込んでいきます。
Abi_485001

 見事にゲット!
Abi_485301

 獲物はかなり大きな魚です。
Abi_485601

 でも落としてしまいました。大きすぎて食べれないと思ったのでしょうか。
Abi_477501

 また飛び込みました。体全体が水の中です。
Abi_468201

 今度は手ごろな大きさの魚をゲットしました。
Abi_468701

 しっかり咥えて飛んできました。
Abi_469101

 飛びながら魚を回して頭から丸呑みしました。
Abi_491901















2014年10月17日 (金)

クロハラアジサシ

珍しい鳥が来ているというので、教えられたポイントへ行きましたが、既に抜けた後でした。仕方なくポイントの水の上を飛び廻っていたクロハラアジサシを見てきました。他のアジサシ類はとっくに南方へ移動したのに、この個体はまだ残っています。どうしたのでしょう。
  冬羽になっていて、お腹は黒くありません。
Abi_487801

 頭が胡麻塩頭で、後頭部と目の後ろが黒いことで判別できるそうです。
Abi_436401

 正面からやってきました。頭は胡麻塩ですね。
Abi_430601

 後ろから見ると背中に茶色の斑があります。幼鳥のようです。
Abi_470101

 後ろから太陽の光を受けると翼や尾羽が透き通って白く光って見えます。
Abi_490801

 飛び廻った後は、杭の上で一休みです。
Abi_424401

明日は、クロハラアジサシの採餌風景です。









2014年10月 4日 (土)

裏山散歩

久しぶりに裏山を散歩してきました。秋も深まり、写真には撮れませんでしたがセンダイムシクイやキビタキ♀を見ました。トラツグミを撮った人もいました。
 エゾビタキはまだいました。
Abi_300301

 胸の縦斑が特徴ですね。
Abi_298901

 モズが木の上で鳴いていました。
Abi_289701

 草の中にキジの幼鳥♂がいました。
Abi_277401

 メスの幼鳥もいました。
Abi_279301

 コジュケイ家族が藪の中から少し出てきました。
Abi_283501



















2014年10月 1日 (水)

珍しいシギ

先日、東京湾へ秋のシギチを見に行った時に、鳥種不明の鳥がいて、詳しい友人に問い合わせていたところ、珍しいシギであることがわかりました。
 少し下に曲がった嘴はハマシギに似ています。図鑑では足に水かきがあるそうですが、見えません。茶色い耳羽があります。雨覆いの羽軸がハートに見えるそうです。鳥名はヒメハマシギだそうです。初見です。

Abi_064111

 正面から。胸には茶色い縦斑があります。
Abi_066001

 少し横を向きました。嘴が長いですね。
Abi_067001

 砂の中に嘴を入れて餌を探しています。
Abi_067401

 お尻の部分は白いですね。水溜りでも嘴を水の中に入れています。
Abi_068001
















« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »