« 道東の鳥達(1) | トップページ | 道東の鳥達(3) »

2014年6月10日 (火)

道東の鳥達(2)

今日は、知床半島の沖の海で見たハシボソミズナギドリです。ハシボソミズナギドリは、南半球のオーストラリアのタスマニア島付近で繁殖し、その後、北半球のオホーツク海、ベーリング海まで北上して、また南半球まで戻るというサイクルを1年かけて行っているそうです。今回はその途中で、この時季しか見られないという大迫力の群れを見ました。
 羅臼港からクルーズ船で30分、沖合に無数の鳥が飛んでいるのが見え始め、近づくと、何万羽というハシボソミズナギドリの群れでした。
Abh_343301

 クルーズ船は群れの中へ突っ込んでいきます。周りはみんなハシボソミズナギドリです。私の下手な写真御術では、この迫力はなかなか表現できません。
Abh_379101_2

 ハシボソミズナギドリ達は、船が近づくと一斉に飛び立ちます。
Abh_377701

 飛び立つ時は、翼を上げて、ばたばたと足で水を蹴り勢いをつけて、飛び立ちます。
Abh_306901

 こちらでも。足には、水掻きが付いていますね。
Abh_313501

 近くでしばらく飛び立たずにいる個体もいましたが、すぐ飛び立ちました。
Abh_334601




























« 道東の鳥達(1) | トップページ | 道東の鳥達(3) »

野鳥観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 道東の鳥達(2):

« 道東の鳥達(1) | トップページ | 道東の鳥達(3) »