« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月31日 (土)

コルリ

今日は、鳥待ち中に現れたコルリの幼鳥と成鳥です。
 青に茶色が混じってきれいではありません。背中が青いので、メスではなくオスの幼鳥のようです。
Abh_062601

 長い足で木を登ります。
Abh_063801

 上まで登って得意そう。
Abh_064401

  時々尾羽をピッ、と上げます。
Abh_066801

 成鳥(♂)もいました。こちらは落ち着いています。
Abh_080101

 もちろん成長の足も長いですね。
Abh_081001




























2014年5月30日 (金)

カケス

今日は、カケスの飛翔をアップします。別の鳥が目的だったのですが、なかなか出てくれず、待っている間にカケスが何度か出て、あちこちと飛び廻ったので、その飛翔姿です。
 まずは飛び出し。朽木から飛び出しました。
Abh_070601

 バックが明るすぎたのは残念ですが、羽の青がきれいです。
Abh_095701

 木の中へ入って来ました。下から見上げると、きれいな青が見えません。
Abh_099401

 小枝に止まった後、今度はこちらに向かって飛び出しました。
Abh_092901

 頭の上を越えて、反対側の水の上を飛んで行きます。
Abh_100301

 そして別の朽木に着地しました。
Abh_100901

 飛んでいるところばかりでは申し訳ないので、倒木の上でこちらを睨んでいる写真を1枚。
Abh_094601























2014年5月29日 (木)

夏鳥

今日は、3回目の夏鳥調査に参加してきました。1回目がGW前、2回目がGWの後、そして3回目は5月後半の今日です。
 早速、ホイホイホイと鳴くサンコウチョウに出逢いました。尾が長いので、オスのようです。
Abh_042301

Abh_043201

Abh_049001_2

 オオルリのつがいもいました。餌を咥えています。近くの巣があるようです。
Abh_048601

 コサメビタキの巣です。中に2羽以上の雛がいます。
Abh_050401












2014年5月28日 (水)

浅川散歩

今日の朝早く、暑くなる前に浅川を歩いてきました。イカルチドリやコチドリがいました。
 見返りのコチドリです。黄色いアイリングがはっきり見えます。
Abg_027101

 河原の石の中に入ると見つけづらくなります。
Abg_028601

 川の中からこちらをにらんでいました。
Abg_030201

 もう1羽、飛んできました。
Abg_031201

 すぐに飛んで行きました。尾羽の先は黒茶色と白ですね。初めて知りました。
Abg_031901

 ちなみにこちらはイカルチドリ。コチドリとの違いは、目の黄色いアイリングの有無でもわかりますが、嘴の長さを見ると一目瞭然ですね。。
Abg_038501






























2014年5月27日 (火)

カササギ

先日、田舎へ帰った時に見たカササギです。カササギは、北海道で見たこともありますが、日本では主に佐賀平野、筑後平野などに生息しています。オナガやカケスと同じ仲間です。
 変な鳴き声がするので見上げると、1羽が電線に止まっていました。
Abg_895501

 近くの畑の中にも1羽いました。
Abg_899001

 林の方へ飛んで行きました。
Abg_902901

 木の中にもう2羽のカササギがいました。
Abg_897301

 餌をもらっています。どうやら巣立ち雛と親だったようです。
Abg_897601

 羽を広げると翼や尾羽には光沢があります。
Abg_905301

2014年5月25日 (日)

海辺の鳥

今日で長崎探鳥記は終わりです。最後の今日は、長崎の港や海岸で見た鳥達です。
 初見のクロハラアジサシ・・名前の通りお腹が黒いですね。アジサシ類では、コアジサシ、アジサシに次いで3番目です。
Abg_100010701

 港の中を飛び廻っていました。
Abg_100005301

 時々、海に飛び込んでいました。魚を捕っているのでしょう。
Abg_100007701

 ミサゴが大きな魚を抱えて飛んでいました。これほど大きな魚を抱えているのを見たのは初めてです。
Abg_100011201

 海岸の崖の上にミサゴの巣がありました。まだ卵を抱いているようです。
Abg_966801

 ホテルも前にいたイソヒヨドリ♂。他にもあちこちで見ました。
Abg_100018201

 ホテル近くのボウリング場の屋上のイソヒヨドリ♀。屋上の大きなボウリングのピンの下に穴があり、そこから出入りしていたので、営巣しているのでしょう。

Abg_980301




2014年5月24日 (土)

ツメナガセキレイ他

今日は、長崎の小さな公園の草地で出逢った鳥達です。
 きれいな夏羽のマミジロツメナガセキレイです。
Abg_100001401

 小さな黄色い花の中にいて絵になりますね。
Abg_100013001

 別の場所の畑の中にもいました。
Abg_100018601

 これまで田んぼでしか見たことがないウズラシギが公園の草地にいました。
Abg_954001

 翌日も同じ場所にいたので、どこか傷めているのかもしれません。
Abg_100013801

 喉が少し赤くなったタヒバリもいました。
Abg_100015401









2014年5月23日 (金)

ササゴイ&アマサギ

アカガシラサギがいた沼にササゴイが2羽いました。
 ずっとこの姿勢でいました。何枚写真を撮っても同じ姿です。
Abg_981501

 こちらも同じ姿勢でほとんど動きません。
Abg_983001

 ところが、何に驚いたのか、突然頭の毛を逆立てました。
Abg_983701

 この沼にはアマサギもいました。
Abg_946301_2

 飛ぶと、白い翼が光って見えます。
Abg_949101

 別の場所にいた亜麻色になっていない個体。真っ白です。
Abg_950401








2014年5月22日 (木)

アカガシラサギ

長崎・野母崎の沼にアカガシラサギが3羽いました。
 首のところに赤茶色の羽を伸ばした濃い色の個体。
Abg_964101

 大物を捕えました。急いで安全な場所へ持って行くようです。羽は白いですね。
Abg_986601

 ゴミも一緒にくっついていてなかなか取れません。
Abg_989701

 少しゴミが取れて、獲物の姿が見えました。どじょうでしょうか。
Abg_991001

 他の鳥に盗られないように、獲物を咥えたまま、飛んで行きました。
Abg_991401

 ダイサギとのツーショット。ダイサギ95cm、アカガシラサギ45cm。大きさの違いが分かりますね。
Abg_994601

 若鳥でしょうか、色の白い個体です。
Abg_998401

一番近く(約5m)まで来た第3の個体。色の濃い個体と白い個体の中間の濃さです。
Abg_998801



















2014年5月21日 (水)

オウチュウ

長崎の友人を訪ねた時、オウチュウが出ている、との情報で早速、車を飛ばして、ポイントへ直行しました。情報をくれた人もいて、すぐわかりました。初見です。一生見れないと思っていた幻の鳥との出会いです。
 真黒い体と嘴、赤茶色の光彩、長い尾羽。
Abg_907001

 後ろから見ると、雨覆は少し青味がかって光沢があります。1次風切羽は茶色っぽい色のようです。
Abg_913301

 飛びました。羽を広げると意外と大きく見えます。
Abg_914701

 尾羽を広げたりすぼめたりしてひらひらと、かつ素早く飛び廻ります。
Abg_925101

 尾羽はすぼめると、随分長く見えます。
Abg_926701

 フライングキャッチで虫を捕まえるそうで、飛びながらも虫を探しています。
Abg_927201

 偶然、虫を銜えて飛ぶところが撮れました。
Abg_933901








2014年5月20日 (火)

飛島(3)

今日も飛島で見た鳥達です。飛島に行ってから2週間ほど経ってしまったので、1種1枚づつまとめて掲載します。
 ヨタカ・・ベテランバーダーに教えてもらいました。畑の奥の暗い林の中でじっとしていて、見つけるのは至難の業です。
Abg_756101

 畑の草の中で採餌していました。ゆっくり見ることができました。
Abg_770001

 シロハラホオジロ・・特徴は頭の白黒線ですが、写真では見えませんね。
Abg_837001

 サンショウクイ・・何度も見ることができました。これはフェリー出航の2時間前に撮ったものです。
Abg_883501

 オジロビタキ・・桜の木の下で休んでいました。
Abg_865301

 アトリ・・この冬、見れなかったので、ラッキーでした。
Abg_833301

 ホオアカ・・フェリー乗り場近くの芝生の中にいました。
Abg_880201








2014年5月19日 (月)

飛島(2)

今日は、飛島で見た鳥達です。キビタキ、オオルリはまとめてアップしましたので、それ以外の鳥達です。
 ヤツガシラ・・空を飛んでいる珍しい姿です。冠羽も少し立てています。
Abg_788401

 センダイムシクイ・・背中が緑っぽく頭央線が見えますね。
Abg_736601

 シベリアアオジ・・通常のアオジに比べ顔などに縦斑がありません。
Abg_740501

 ノビタキ♂ 夏羽で頭が黒くなっています。
Abg_745501

 コサメビタキ・・もっと北へ行くのでしょうか
Abg_776001

 アマツバメ・・大きな鎌形の翼、腰が白く、尾羽は2つに分かれています(写真では見えません)。
Abg_748501

 ムギマキ・・若鳥でしょうか、胸の色があまり濃くありません。
Abg_795901










2014年5月18日 (日)

飛島(1)

5月10日~12日に飛島へ行きました。いろいろ忙しくて、写真の整理が遅くなり、やっと報告できるようになりました。
今日は、酒田ー飛島航路で見た鳥達です。行きは船が大揺れで、片手で何かに掴りながら、もう一方の手でカメラを握ってシャッターを押しました。カメラの手振れ補正効果は抜群でした。

 ハイイロミズナギドリ・・翼の下面が灰色です。
Abg_729501

 オオミズナギドリ・・胡麻塩頭、下面は白い。
Abg_729601

アカアシミズナギドリ・・全身真っ黒。嘴の先端が黒い。
Abg_888101

 シロエリオオハム・・夏羽になっていました。
Abg_885001

 ウトウ・・特徴がはっきり出ていませんが、嘴の黄色が少し見えます。
Abg_732201

2014年5月14日 (水)

キビタキ&オオルリ

夏鳥を探してあちこち行っていたので、ブログ掲載 が遅れましたが、夏鳥の代表であるキビタキとオオルリです。
 キビタキ♂です。眉、喉、お腹が黄色く、背中の黒に白い斑が見えます。きれいな越えで鳴きます。
Abg_690901

 正面から。
Abg_813801

 ロープに止まりました。
Abg_738001

 こちらはキビタキのメスです。少し赤味がかっています。
Abg_825501

 次はオオルリです。高いところがすきなようです。木の梢で鳴いていることもあります。
Abg_779001

 曲がった木でも上の方がいいようっですね。
Abg_828901

 八重桜の木に止まったオオルリ。
Abg_793201


明日から3日間、故郷へ帰ってきますので、夏鳥の続きはその後になります。


2014年5月 6日 (火)

田んぼのシギチ(3)

田んぼのシギ・チドリは今日で終わりです。
 ダイゼン。夏羽は顔、胸、お腹が黒くなります。背中は少し茶系の色がありますね。
Abg_520001

 田んぼではたくさんの群れでいるところをよく見ます。
Abg_510101

 チュウシャクシギもいました。警戒心が強く、すぐ飛びます。
Abg_514001

 タカブシギ。背中の黒の縦斑模様が特徴です。
Abg_611701

 オオハシシギ。名前のとおり大きな嘴が特徴です。夏羽でお腹が赤くなっています。30羽ほどの群れでいました。
Abg_604501







2014年5月 5日 (月)

田んぼのシギチ(2)

今日は、千葉の田んぼで見たウズラシギとヒバリシギです。いずれも比較的小さなシギです。雨模様だったため写真は見難くなっています。
 ウズラシギは、頭部が赤茶色の帽子を被ったようです。2羽で仲良く田んぼの中を歩いていました。
Abg_524801

 こちらでは、1羽だけで、田んぼの中をあっちこっち餌を探していました。
Abg_526301

 こちらは、2羽でれんこん畑の土の上で休んでいます。同じところにトウネンもいました。
Abg_599401

 ヒバリシギです。頭頂部に縦線が見えます。羽の模様がはっきりしていてきれいです。
Abg_622001

 ヒバリシギはこの1羽だけでした。
Abg_622501












2014年5月 4日 (日)

田んぼのシギチ(1)

今日から、先日、田んぼで見たシギチです。
まずは2年ぶりに見たツルシギです。
 夏になると真っ黒になります。
Abg_578601

 れんこん畑の中を長い足で歩いていました。
Abg_579201

 こちらは、黒くなりかけの個体です。
Abg_574101

 ごみ?の上で2羽が休んでいました。
Abg_543201

 我々が近づいたのを嫌がったのか、飛びました。腰の部分が白く見えます。
Abg_546701

 少し離れたところに着水です。羽の裏側も白いですね。
Abg_547001

2014年5月 3日 (土)

カワガラス(4)

今日は、カワガラスの雛が餌をおねだりする可愛い様子をお届けします。

 雛;おやつちょうだい!
 親;さっきあげたばかりでしょ!
Abg_413501

 雛;ちょうだいったら、ちょうだい!!
 親;うるさいわね。
Abg_413601

 親;しかたないわね。今、捕ってくるから待ってなさい。
Abg_415801

 雛;あ~あ、行っちゃった。もう!!、すねちゃうぞ。
Abg_416701

 こちらでも、ちょうだい、ちょうだい。
Abg_476601

 親が岩陰に隠れて、そっとあげていました。
Abg_473601

2014年5月 2日 (金)

カワガラス(3)

今日は、カワガラスの巣立ち雛です。親鳥が3週間ほど餌運びしてやっと巣立ちしました。
  滝の裏の巣から出てきた雛。お腹などに星がありますね。
Abg_400901

 雛は2羽いました。
Abg_483801

 小さな水溜りで水浴びもしました。
Abg_479801

 明るい岩場にもやってきました。
Abg_495401

 泳ぎもできました。
Abg_498701

 羽をばたばたしばがら羽と足の力で崖も登ります。
Abg_468901

 巣立ちから1週間後。少し大人になったかな。
Abg_660701

2014年5月 1日 (木)

カワガラス(2)

カワガラスが営巣し、餌を運び始めたので、時々、見に行きました。メスと思われる個体は巣からあまり離れずに餌を探し、オスは遠くへ行って餌を探しているようでした。
 口いっぱいに餌を銜えて飛んできました。餌は川虫でしょうか。
Abg_370101

 川の中の石の上で一休みです。
Abg_178601

 こちらは急流の中で餌探しです。
Abg_115301

 餌を咥えて飛び上がりました。
Abg_093001

 滝の前で周りを警戒しています。
Abg_125501

 巣がある滝の裏へ飛び込んでいきました。
Abg_126001









« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »