« 春爛漫(3) | トップページ | コムクドリ »

2014年4月10日 (木)

ギフチョウ

今日は、友人の誘いでギフチョウを見に行ってきました。蝶については知識がないので、教えてもらいながら、写真を撮ってきました。
アゲハチョウの仲間ということですが、意外と小さく羽を広げても5cmくらい。羽の後部に赤や黄色、青の模様があり、きれいです。カンアオイという草に卵を産み付け、卵が毛虫になってカンアオイを食べ成長し、夏には蛹になって10か月間も過ごし、春に羽化して蝶になる、というサイクルを繰り返すそうです。近年、激減しているとか。
 すみれの花にやってきたギフチョウ
Abg_143201

 やはり蝶は花が好きなようです。タチスボスミレと教えてもらいました。
Abg_164801

 羽の最後部に突起のような物が出ています。尾状突起、というそうです。
Abg_165601

 この個体は左の羽が伸びていません。羽化した時うまく開けなかったのでしょうか。
Abg_160701

 これがカンアオイ(カントウカンアオイ)だそうです。葵の御紋の葉に似ていますね。
Abg_153001

 帰りに、桜の花に止まるギフチョウを見つけました。
Abg_166701


« 春爛漫(3) | トップページ | コムクドリ »

野鳥観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ギフチョウ:

« 春爛漫(3) | トップページ | コムクドリ »