« エトロフウミスズメ | トップページ | ハシブトウミガラス »

2014年3月20日 (木)

ツバメ3種

今日は、海鳥をお休みして、昨日、浅川で見たツバメ3種です。3種を同時に見たので、その違いが分かり、面白かったです。
まず、今季初見となるイワツバメです。春になるとやって来て、コンクリート橋の軒下で営巣します。腰が白い点はヒメアマツバメに似ていますが、翼がそれほど長くなく、尾羽の切れ込みは少なく、お腹が白いのが特徴です。15,6羽で乱舞していました。
Abf_878501

 腰に白は見えませんね。
Abf_833701

次に、イワツバメと間違われやすいヒメアマツバメです。留鳥で、冬でも見ることができます。イワツバメを見た数分後に20羽ほどの群れでやって来ました。喉と腰の部分は白いのですが、体は黒く、翼は鎌形、尾羽は凹形になっています。上の写真と比べると一目瞭然ですね。
 
Abf_872401

  腰の白も見えています。
Abf_869001_2

  次はお馴染みのツバメです。ツバメも今季初見です。イワツバメの中に2羽が混じっていました。春にやってきて民家の軒先などに営巣しますね。ツバメの一番の特徴は、尾羽が長く大きく割れていることです。喉の赤も目立ちます。
Abf_877901

 偶然、虫を捉えるところが撮れました。高速で飛びながら虫を捉えているのですね。
Abf_876411


« エトロフウミスズメ | トップページ | ハシブトウミガラス »

野鳥観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツバメ3種:

« エトロフウミスズメ | トップページ | ハシブトウミガラス »