« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月31日 (月)

春爛漫

春の日差しを浴びて、裏山を歩いてきました。
 キジのオスが明るいところへ出てきていました。この時期になると、縄張り宣言なのか、メスを呼んでいるのか見晴のよいところへ出てきて鳴きます。
Abf_959901

 ルリビタキのメスにも出逢いました。渡りの途中でしょうか。冬の間ずっといた オスはもういなくなりました。
Abg_031601

 コゲラは相手を求めて飛び回っていました。
P13704260

 こぶしの花もきれいに咲いていました。その中でヒヨドリが花を食べていました。
Abg_030701

 桜の花が満開でした。他の桜の木はまだ蕾ですが、この木だけはいつも早く咲きます。
Abg_029701




2014年3月30日 (日)

緋連雀

昨日の続きで、ヒレンジャクです。ヒレンジャクと言えば、寄生木かヤブランの実しか食べないと思っていたら、木の芽を食べていました。
 新芽を食べています。

Abg_013201

 花の蕾も食べています。
Abg_014501

 連雀と言うくらいですから、連なるくらいいて欲しい!まず2羽。
Abg_015601

 
 よく見ると、左の方にもう2羽いました。
Abg_017201

 さらに1羽飛んできました。
Abg_026801

 とうとう6羽になり、連雀らしくなりました。
Abg_023501








2014年3月29日 (土)

ヒレンジャク

近所の公園にヒレンジャクが来ているというので、見に行ってきました。10羽以上が来ていました。この公園には、ほぼ毎年やってきますが3月中旬以降に来ることが多いようです。大きさはスズメより一回り大きいですね。
 独特の風貌と羽の綺麗さから多くのカメラマンに愛されています。
Abf_974601

 目は鋭く、過眼線は冠羽にまで伸びています。
Abf_996401

  少し下の方に降りてきました。
Abf_956301

 下に降りて黒い実を食べています。ヤブランの実です。
Abf_964901

 こちらでも食べています。この公園にはヤブランが自生していて、それが目当てで旅の途中に立ち寄るようです。
Abf_971101

 ひとしきり食べ終わると、飛び上がって行きました。
Abf_993101







2014年3月28日 (金)

遊水池の鳥達

今日は、アリスイがいた場所から少し下流の遊水池の鳥達を紹介します。
 まず、クイナ。葦原の中から出てきて採餌していました
Abf_916501

 その葦原の上を歩くのはバン。時々下へ潜り込み、見えなくなりました。
Abf_943401

 オオバンは水のあるところを泳いでいました。
Abf_916201

 カイツブリはつがいで盛んに鳴き交わしていました。
Abf_920901

 遊水池の反対側の工事現場にイソヒヨドリのメスが止まっていました。
Abf_925201

2014年3月27日 (木)

ハッカチョウ

今日は、ハッカチョウです。3年ぶりに見に行きました。ハッカチョウは本来ベトナムなどの東南アジアに生息している鳥ですが、昔から輸入されていて、その一部が野生化したものと思われています。いわゆる篭脱け鳥ですね。この一帯には数十羽がいるようです。
  全身真っ黒で、口元にちょび髭のような冠羽、鋭い金色の目が特徴です。
Abf_922701

  飛ぶと翼の白い部分がアクセントになります。
Abf_923401

  地面に降りて餌をさがしています。
Abf_900801

  高いところが好きで、塔のようなところの上にもいました。
Abf_933001

 いつのまにか地上に10羽ほどが集まっていました。(写真には5羽)
Abf_935401

 何かに驚いて一斉に飛び立ちました。
Abf_936301


2014年3月26日 (水)

アリスイ

アリスイが見れるという情報をもらって出かけてきました。ポイントに着くと、10mほど先の木に止まっているのをすぐ見ることができました。その後、あっちこっちと移動しましたが、木の後ろへ隠れる時以外はずっと見れて、楽しむことができました。
  木に止まっています。随分奇妙な模様をしていますが、外的から身を守るため、蛇のような模様をしているのだそうです。
Abf_899701

  地面に降りて餌を探しています。名前が示すとおり、餌はアリで、夏は北海道など北の方にいて。冬はアリが捕れるところまで南下してくるそうです。
Abf_905501

  飛び立ちました。
Abf_907601

 連写でもう1枚撮れました。
Abf_907701

  赤い舌を出しています。本当はもっと長いそうです。
Abf_909101

  落ち着いたのか、羽繕いもしていました。
Abf_913801

 ほとんど逆光でしたが、これは横からの光線でうまく撮れました。
Abf_926601

2014年3月24日 (月)

ミツユビカモメ

今日は、海鳥の最後にミツユビカモメ他です。ミツユビカモメは冬鳥として日本近海にやってくるそうです。体が白く翼の先端に三角形の黒い模様があるので、すぐ発見できます。
  海面近くを飛ぶ。
Abf_668501

 少し高く飛ぶ。
Abf_672001

  近くを飛んでくれました。
Abf_675001

 少し遠いですが、時々、ウトウも飛んでいました。
Abf_658301

  オットセイも10頭ほどの群れを何度もみました。
Abf_780501

 ジャンプをしながら付いてきます。
Abf_781901

2014年3月22日 (土)

ハシブトウミガラス

今日は、また海鳥に戻って、ハシブトウミガラスです。初めて見ました。海に出ないと見れない鳥のようです。首のあたりの模様が図鑑とちょっと違っていたので、詳しい方に聞いたら、ハシブトウミガラスで冬羽から夏羽への移行中ということでした。
Abf_725701

Abf_725201

Abf_724601

Abf_721901

2014年3月20日 (木)

ツバメ3種

今日は、海鳥をお休みして、昨日、浅川で見たツバメ3種です。3種を同時に見たので、その違いが分かり、面白かったです。
まず、今季初見となるイワツバメです。春になるとやって来て、コンクリート橋の軒下で営巣します。腰が白い点はヒメアマツバメに似ていますが、翼がそれほど長くなく、尾羽の切れ込みは少なく、お腹が白いのが特徴です。15,6羽で乱舞していました。
Abf_878501

 腰に白は見えませんね。
Abf_833701

次に、イワツバメと間違われやすいヒメアマツバメです。留鳥で、冬でも見ることができます。イワツバメを見た数分後に20羽ほどの群れでやって来ました。喉と腰の部分は白いのですが、体は黒く、翼は鎌形、尾羽は凹形になっています。上の写真と比べると一目瞭然ですね。
 
Abf_872401

  腰の白も見えています。
Abf_869001_2

  次はお馴染みのツバメです。ツバメも今季初見です。イワツバメの中に2羽が混じっていました。春にやってきて民家の軒先などに営巣しますね。ツバメの一番の特徴は、尾羽が長く大きく割れていることです。喉の赤も目立ちます。
Abf_877901

 偶然、虫を捉えるところが撮れました。高速で飛びながら虫を捉えているのですね。
Abf_876411


2014年3月19日 (水)

エトロフウミスズメ

今日もちょっと見辛い写真ですみません。エトロフウミスズメという黒い小さい鳥です。20羽、30羽の群れで、やはり遠くの波ぎりぎりを飛んでいます。ゴマ粒より小さく、双眼鏡で見つけて、カメラを構えると、どこかわからない、ということが何度もありました。
  黒くて小さい鳥の群れということしかわかりません。
Abf_693301

 双眼鏡では、これよりもっと小さく見えます。
Abf_746601

 フェリーと並行して飛ぶ時だけ、写真が撮れます。
Abf_755801

 トリミングを大きくして拡大しましたが、これが限度ですね。
Abf_756101

2014年3月18日 (火)

コウミスズメ

今日は、コウミスズメです。図鑑に載っているような単体の姿を捉えることは不可能だったので、また群れでの紹介です。体長はわずか15cm。ウミスズメよりも小さく、特徴さえ双眼鏡でも判別できません。写真を撮って判別しました。
嘴の色まではわからないので、ウミスズメとの違いは肩のあたりに白い線があることです。
Abf_708301

 ウミスズメより群れの中の個体数が少ないように思いました。
Abf_708601

  いい写真なので、もっと拡大したいのですが、これが限度です。
Abf_730801

 飛翔力に個体差があるのでしょうか、遅れる個体もいました。
 Abf_728901

 先頭が少し速度を落とし、遅れた個体が追いつくのを待っていました。
Abf_737201


2014年3月17日 (月)

ウミスズメ

今日からしばらく海鳥を続けます。大洗から苫小牧までのフェリーに乗って、デッキから観察しました。夜が明けてまず目にしたのがウミスズメです。
 朝日を浴びて10羽ほどの群れで飛んでいました。
Abf_641601_2

 海面すれすれを飛びます。時々波に隠れて見失うこともありました。

Abf_649801

  体長25cm。遠いので、ほとんどゴマ粒ほどにしか見えません。
Abf_652201

  少し拡大してみました。ウミスズメらしい特徴が見えます。
Abf_660201

 



2014年3月13日 (木)

トラツグミ

今日は先日見たトラツグミです。10m四方くらいの広場の真ん中にいました。私の少ない経験では、トラツグミは薄暗い藪の中に隠れるようにしている、というイメージでした。しかし今回は、隠れる場所もない太陽がよく当たる広場の真ん中を右へ左へちょこちょこ動き廻っていました。
 これがトラツグミです、と言っても真正面からだと何の鳥だかわからないですね。
P138042201_3

  少し横を向いたら、トラツグミかな?とわかる感じです。
P138043001

 横から見ると、背中には鱗状の斑、お腹は三日月状の斑が蜜にあります。
P138045401

 貧乏揺すりのように体を動かすので、風で羽が捲りあがっていました。
P138047101

 突然、止まって地面を見ています。
P138048801

 何か虫のような物を捕まえました。
 
P138048001



2014年3月12日 (水)

ウタツグミ

10日以上前から来ているらしい珍鳥を見に行ってきました。ウタツグミという鳥で、図鑑によると、本来ヨーロッパ方面にいる鳥で、関東では今までに1度来た記録があるぐらいだそうです。もちろん初めて見る鳥です。新聞にも掲載されて大勢のカメラマンがいたので、すぐわかりました。
  胸から腹にかけて茶褐色の斑がありますが、案外地味な鳥ですね。
P138051201

 背中は一面灰褐色です。
P138056701

  大きな木の根っこの間に入ったり、潜り抜けたりしていました。
P138054001

 倒木の上にも止まりました。あまりじっとしていません。
P138063401

  竹笹の前あたりもちょろちょろしていました。
P138064101

2014年3月11日 (火)

ヒレンジャク(2)

今日は枝止まりのヒレンジャクです。
  桜の太い枝に止まりました。
P137064101

  向きを変えました。お腹しか見えません。
P137070501

  もう一度向きを変えて飛びそうでした(飛んだとこは撮れず)
P137076701

  小さい枝に止まりました。
P138000701

  羽繕い中。
P138005801

 出ました!たらたらと粘っこいものが。実はこれが木に付着して寄生木になるのだそうです。数年後には実を付けて餌にすることができ、レンジャクの渡りルートになるのだそうです。うまくできていますね。
P138010701



2014年3月10日 (月)

ヒレンジャク

毎年レンジャクがやってくる寄生木がある公園に行ってきました。例年、2月の終り頃に来ることが多いのですが、今年はなかなかやって来ず、どうしたのかと心配していましたが、やっとヒレンジャク1羽がやってきました。
  寄生木に止まる
P138021001

  赤い尾羽がよく見えます
P138029701

  お腹は白っぽい色で面白くありません。
P138018401

  首を伸ばして寄生木の実を取っています。
P138020201

  薄緑色の実を銜えました。
 P138020301

  周りをよく見ると実がちらほらと成っています。2羽、3羽と数が増えるといいのですが・・・
P138019001

2014年3月 9日 (日)

ヒバリ

多摩川の近くの広場でヒバリが10数羽採餌していました。ヒバリと言えば青空の中をピーチクピーチクの鳴いている姿を目にしますが、それは時期的にまだ早いようで、枯草と土塊と少し緑の草とが入り混じった場所で採餌していました。
  地味な色合いで見つけるのに苦労しました。

P137052501

  そっと近づいても背景に混じってよくわかりません。
P137053201

  少しづつ近づきました。こちらを警戒しながらも採餌を続けます。
P137054401

  20mほどまで近づいた時、一番近くの個体が採餌を止め、冠羽を立てました。
P137054701

  他の個体も採餌を止め、警戒していましたが、一斉に飛び立ち、50mほど遠くへ下りました。それ以上の深追いは止めました。
P137056301

  近くの木にビンズイが2羽いました。
P137052201



2014年3月 7日 (金)

浅川散歩

今日は、浅川の少し上流を歩いてきました。草の芽も出て春めいてきましたが、先日の大雪の後、小鳥の姿がめっきり少なくなった気がします。
 久しぶりにベニマシコに出逢いました。藪の中からちょっとだけ出てきてくれました。

Abf_634601

  日陰で採餌していたカシラダカが私に驚いて木に飛び上がりました。
Abf_637301

  ホオジロは梅?の蕾の中にいました。

Abf_639501

  モズ♂もきれいになりました。近くに♀もいました。

Abf_640401

  セグロセキレイです。撮ろうとした時飛びました。

Abf_636901 

  キセキレイは盛んに鳴いていました。
Abf_556301

2014年3月 6日 (木)

ヒメアマツバメ

昨日は1日雨で外に出れませんでしたが、今日は一転、青空になったので、浅川を歩いてきました。吹き飛ばされそうな強い北風が吹いていました。十数羽のヒメアマツバメが川の上を飛び回っていました。高速で飛び回るので、カメラで捉えるのに苦労しました。
  ツバメ特有の大きな鎌形の翼。腰の白が見えます。尾羽は割れていません。
Abf_587501

  お腹は真っ黒です。イワツバメとの違いです。
Abf_616201

  喉は白いですね。
 Abf_560401

  今日は風が強かったので、風上へ向かう時は羽ばたいていました。
 Abf_566101

  横から見ると、意外と丸っこい胴体ですね。
Abf_542401_2

  旋回する時は縦になります。
Abf_631901

2014年3月 4日 (火)

裏山散歩

大雪で閉じ籠っていましたが、雪が融けて歩けるようになったので、裏山を散歩してきました。野鳥達も雪の間、餌が取れなくて大変だったろうと思います。
  いつものルリビタキ♂はまだいました。
P137047201

  シロハラがいいところに止まってくれました。
P137045701

  ガビチョウはわがもの顔に飛び回っています。
P137041101

  コゲラは2羽で追いかけっこをしていました。番ができているようです。
P137043301

  ヤマガラは大きな木の実を咥えていました。これを割って食べるのでしょう。
P137044201

  草原でツグミがずっと空を見上げていました。何かいたのかな?
P137048001

  アオジは日陰で採餌していました。小さい草の実を食べているようです。
P137049501

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »