« 大きい鳥 | トップページ | 秋の三番瀬(1) »

2013年9月 9日 (月)

故郷

中学校の同窓会で、10年振りに故郷へ行ってきました。同窓会の翌日、一部の有志で故郷の山奥を廻りました。
故郷は、お茶で有名なところです。広大なお茶畑が広がっています。
P129068101

水車の力で5,6個の杵を動かし杉の葉を粉にして線香の材料を作っているところも見学しました。
P129069901

昨年の大雨による水害箇所も見て廻りました。山が崩れた場所です。
まだまだ復旧には時間がかかりそうです。
P129073501

この山崩れの場所に人家はなかったそうですが、少し向こうに人家が見えます。正に危機一髪でしたね。
P129072901

案内してくれた友人は、この地方の古い橋を調べて本にまとめています。この橋は、熊本の通潤橋を作った名人によるもので、通潤橋と兄弟橋と名づけられたそうです。
P129071501

 昨年の洪水では、上流(画面左)にある鋼鉄製の橋が流木を受け止めて、石橋を守ったそうです。
P129070901

山の上の池に咲いていたこの小さい花は、オグラコウホネ(河骨)というスイレン科の1種だそうです。河の岸などに咲いていて、根が白い骨のように見えることから名付けられたそうです。
P129076001

山の上の池にアオサギを見つけました。やはり鳥がいると自然とカメラが向きますね。
P129076801








« 大きい鳥 | トップページ | 秋の三番瀬(1) »

風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 故郷:

« 大きい鳥 | トップページ | 秋の三番瀬(1) »