« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月21日 (日)

浅川定期カウント

先日、暑さでへばりながら、浅川の定期カウントに参加してきました。
今の時期は幼鳥が多いですね。
  電線に止まるイワツバメの幼鳥
P127060801

  川の中で羽を広げるイカルチドリの幼鳥
P127062501

  川の中で餌を探すキセキレイの幼鳥
P127074701

  葦の陰に立つアオサギの幼鳥
P127067001

  数羽の群れで桑の中にいたメジロ
P127069301

  柳の陰で休むカワセミ
P127084701

  川の中の石の上にいたイソシギ
P127061601

  早くも南へ帰る途中のキアシシギもいました
P127077501






2013年7月14日 (日)

夏の草原の鳥達(5)

草原の鳥達も今日で最後です。今日は、草原の横の林にいたビンズイです。今年の冬は、平地でもビンズイをたくさん見ましたが、夏になると高地へ移動しているのですね。
  お気に入りの松のてっぺんで囀っています。
Abe_613801

  ちょっと休んで後ろを見ています。相手がいるようです。
Abe_631301

 相手はコナラの葉っぱの上にいました。
Abe_611301_2

  そしてまた囀り始めました
Abe_633001

  こちらに向かって飛んで来ました。口を開けています。
Abe_614501

  二羽一緒になって飛んで行きました。

2013年7月13日 (土)

夏の草原の野鳥達(4)

草原の中でコヨシキリも見ました。あちこちでよく鳴いていました。コヨシキリは、夏鳥として利根川河口付近の葦原にしかい来ないと思っていましたが、図鑑を見ると、それは少数で、主に高原の草地に来るそうです。
姿はオオヨシキリによく似ていますが、口を開けた時、オオヨシキリは赤く、コヨシキリは黄色いことで判別がつきます。鳴き声は全く違いますね。
Abe_605201

  こっちを向いたが口を開けてくれません。
Abe_605001

  小枝に止まって鳴いています。でも横向き。
Abe_622001

  こちらでも小枝の上で鳴いていますが後ろ向き。
Abe_628501


2013年7月12日 (金)

夏の草原の野鳥達(3)

今日は、草原にいたホオアカです。ホオアカを初めて見たのは、この草原でした。関東の平地ではあまり見ることがない鳥です。
  草原の中に生えている木に止まっていました。
Abe_605801

  胸の帯が一本だけなのでメスでしょうか
Abe_606501

  こちらの枝にも止まっていました。
Abe_624801

  水浴びにもやってきました。こちらはオスのようです。
Abe_652501


2013年7月11日 (木)

夏の草原の鳥達(2)

今日はノビタキのメスと家族?です。
  草原の中の小さな木に止まっています。
Abe_618801

  大きな木の枝にも止まります。
Abe_654701

  電線にも止まります。
Abe_617101

  水溜りの傍で。今から水浴びです。
Abe_658201

  水浴びしているとオスがやってきました。
Abe_664201

  3羽になりました。家族でしょうか。
Abe_673901

  貴重な水溜り。メジロもやってきました
Abe_666501


2013年7月10日 (水)

夏の草原の鳥達(1)ノビタキ

毎日暑い日が続いていますね。暑さに弱い私はダウン気味です。そんな中、友人が少しでも涼しいところへと、標高1000mほどの草原へ誘ってくれました。
草原には夏羽のきれいなノビタキがたくさんいました。
  電線に止まり囀る
Abe_618101

  後ろから見ると真っ黒です
Abe_625301

  葦の茎に止まる
Abe_640301

   葦の穂先にもとまる
Abe_646001

  たったひとつあった水溜りで
Abe_655801


2013年7月 1日 (月)

キジ♂

今日は、裏山のキジ♂です。鳴き声から推測すると5,6羽のオスがいるように思います。よく開けたところに出てきますが、春先のようにしきりに「幌打ち」をしながら鳴くことはあまりなく、落ち着いた感じに見えます。
  草原に出ていました。
P127007001

  見返り。
P127007901

  こっちも見ましたが、あまり警戒する様子はありません。
P127009501

  さらに遠くも見ています。
P127010001

  そしてゆっくり去って行きました
P127012201

  これは別の個体です。近すぎて尾が切れてしまいました。
P126018401



« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »