« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月30日 (火)

田んぼのシギチ(3)

田んぼのシギチも今日で終わりです。田んぼにムナグロとキョウジョシギが一緒にたくさんいました。どちらもあまり水が多くない田んぼが好きなようです。
 ムナグロ お腹が黒くなっいるものとなっていないものがいました。
Abd_773901

  キョウジョシギ
Abd_776401

  我々に驚いたのか飛びました
Abd_827811

  チュウシャクシギ 畦道や田んぼの中にいました
Abd_829501

Abd_831401

  非常に警戒心が強く、すぐ飛びます
Abd_836101

  ナイスショット!のつもりが、前に杭が!!
Abd_833001_2





2013年4月29日 (月)

田んぼのシギチ(2)

今日は、一つの水田に34羽もいたオオハシシギです。こんなにたくさんのオオハシシギを一度に見るのは初めてです。望遠レンズだったので全体は写し切れませんでした。
  きれいな夏羽になっていました。
Abd_804201

  羽ばたきをしています。渡りの準備でしょうか。
Abd_805201

  ちょっと飛んでみるものもいます。
Abd_822001

  盛んに羽繕いをしているものもいます。
Abd_802701

 タカブシギが1羽飛んできて合流しました。仲間と思ったのでしょうか。
Abd_811301






2013年4月28日 (日)

田んぼのシギチ(1)

北海道シリーズの間に、千葉の田んぼへ春の渡りのシギチを見に行ってきました。今年は渡りが早くて、狙いのツルシギは一週間前に抜けて行ったようで、見れませんでした。その代わり、ツルシギのように黒くなったエリマキシギを見ました。
  エリマキシギ 首のところに少し襟巻羽が出始めています。
Abd_797101

  こちらは黒くないエリマキシギ
Abd_791101

  ツーショット  レンコン畑にいました
Abd_79650

  タカブシギ  田植えの終わった田んぼにいました
Abd_847401

  2羽いました
Abd_854201

  コアオアシシギもいました
Abd_784901







2013年4月27日 (土)

早春の北海道(5)その他の鳥達

北海道シリーズも今日で終わりです。
 勇払海岸で見たクロガモ♂
Abd_404301
 

 同じく♀ メスは黒くないですね。
Abd_407001

  遠くにアビもいました。初見です。
Abd_422101

  魚を捕ったようです
Abd_429501

 近くにヒバリが降りていました。近づいても逃げません。
Abd_414101

  仲良く飛ぶコハクチョウの家族(宮島沼にたくさんいました)
Abd_513501

  公園の林にいたアトリの群れ
Abd_467901




2013年4月25日 (木)

早春の北海道(4)オジロワシ

北海道・宮沢沼にオジロワシが、成鳥、幼鳥あわせて5、6羽いました。
Abd_498301

  幼鳥が魚を掴んで飛び上がりました
Abd_499901

  すぐ別の幼鳥が見つけて後を追います
Abd_503701

  空中で餌をめぐるバトルの勃発です
Abd_505901

  しつこく後を追います
Abd_503901_2

  何度もバトルを繰り返しています
Abd_509401

  とうとう餌を落としてしまいました
Abd_512001

  まだまだ寒い北海道。餌を探すのも大変なようです。

2013年4月24日 (水)

早春の北海道(3)林と野原の鳥達

今日も北海道シリーズです。
カササギは佐賀平野付近にしかいないと思っていたら、どういうわけが北海道にもいました。

Abd_376801_3

こちらは北海道特有のヤマゲラ。アオゲラとの7違いお腹に模様がありませんね。公園の木々の間を鳴きながら飛び回っていました。
Abd_63761

  ミヤマカケス カケスの亜種。こちらも北海道特有です。
Abd_640901

  林の上を飛ぶチュウヒ この後葦原に降りました。
Abd_444801

  頭が黒くなって夏羽になったノビタキ
Abd_377201


2013年4月22日 (月)

早春の北海道(2)林の中の野鳥達

苫小牧近くの北大演習林に行きました。中に入るとすぐハシブトガラがやってきました。人に慣れていて手を差し出すと飛んできて手に乗りました。
   手乗りハシブトガラ  日本では北海道固有種
Abd_386111

Abd_385901

  シロハラゴジュウカラも近くまでやってきました。ゴジュウカラの亜種。これも日本では北海道固有種
Abd_400701

  幹の皮を剥がして虫を見つけています
Abd_399201

  シマエナガ  白い顔がかわいい。エナガの亜種。
Abd_394301

  動きが早くなかなか捉えられない
Abd_401001

  キバシリ  突然、目の前の木に飛んできました
Abd_401701

  木の肌に溶け込んでいて、じっとしていると見つけられません。
Abd_401801





2013年4月21日 (日)

早春の北海道(1)マガン

花粉を避けて、早春の北海道へ行ってきました。狙いの一つは宮島沼のマガンを見ることでした。今冬、宮城の伊豆沼へ行き損なったので、北海道まで追いかけて行ったわけです。約12,000羽が羽を休めているとのことでした。
  月に雁 夕方周辺の田んぼから帰ってきました
Photo

  雪山をバックに飛ぶ
Abd_527501

   早朝の一斉飛び立ち(下はコハクチョウ、まだ寝ています)
Abd_618201

  雪の舞う中を鉤型形になって飛んで行きました
Abd_627301

  雪の田んぼで餌探し こちらを警戒しています
Abd_492201_2





2013年4月15日 (月)

コムクドリ

今年も、桜の花が散ったこの季節に桜の木にコムクドリがやってきました。どうやら花の額を食べているようです。花が散った後でも額にはまだ蜜が残っているのでしょうか。
  オス 頬が茶色い
P123085801

P124003201

P124007401

  メス 全体的に淡い色ですね
P123094501

P123093301

  正面からの顔もかわいい!
P123089401


2013年4月14日 (日)

谷津干潟(5)その他のシギチ

谷津干潟シリーズも今日で終わりです。渡りの途中のダイゼン、ハジロコチドリ、オバシギです。
あおさの中でオオソリハシシギの次に目立ったのはダイゼンです。お腹が黒くなりかけている個体もいました。
Abd_354801

Abd_355401

  干潟の中でチョコチョコ動いていたハジロコチドリ
Abd_325801

Abd_327501

  あおさの中でオバシギも見つけました。まだ冬羽です。
Abd_340401

Abd_340901





2013年4月13日 (土)

谷津干潟(4)キョウジョシギ

今日は、キョウジョシギです。何か複雑な模様をしていますね。京女が着る着物のように派手だから、ということで名づけられたそうです。私にはそれほどきれいには見えないですが・・・。
Abd_295001

Abd_303601

Abd_294301


Abd_293101


2013年4月12日 (金)

谷津干潟(3)オオソリハシシギの飛翔

今日も谷津干潟から。オオソリハシシギが時々一斉に飛び立ち、ぐるっと旋回してから、また元の場所に降り立ちます。何かに驚いたのか、それとも渡りのための羽の訓練なのかわかりません。飛翔中も長い嘴がよく見えます。
Abd_287801

Abd_329901


Abd_283301


Abd_344101


Abd_282801





2013年4月11日 (木)

谷津干潟(2)オオソリハシシギ

谷津干潟にオオソリハシシギが50羽ほどいました。
潮が引いた時は干潟の真ん中にいて遠かったのですが、潮がだんだん満ちてくると、東側に残った干潟へ移動してきて、近くなりました。
   やや上に反った長い嘴が特徴ですね
Abd_361501

  嘴を干潟の中に突っ込んで餌を探します
Abd_335701

  後ろのハマシギと比べると大きさがわかりますね
Abd_351401

    ちょっと羽繕い
Abd_337801

  やや赤く夏羽になった個体もいました
Abd_363901

  石蓴の中からゴカイのようなものを見つけました

Abd_366001



2013年4月10日 (水)

谷津干潟(1)メダイチドリ

花粉はまだまだたくさん飛んでいるようですが、花粉症の症状が少し緩和したので、鳥が見たくなり、春の渡りの途中のシギチを見に、谷津干潟へ行ってきました。今日は、その第一弾として、たくさんいたメダイチドリです。
  オス(喉の白い部分と胸の赤い部分の間に黒い線があります)
Abd_324701

  メス(黒い線がなく、色も薄いですね)
Abd_275401

  こちらは胸の赤い部分がなく幼鳥でしょうか
Abd_290801

  浅瀬で水浴びしていました
Abd_309501

  水浴びが終わると飛び上がっていきました
Abd_310801







« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »