« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月26日 (火)

キジ(♂)

数日ぶりに太陽が出たので、裏山を散歩してきました。裏山には、キジ(♂)が4、5羽いると思われます。春になると、あちこちから「ケーン」となく声が聞こえてきます。縄張り宣言のため、高いところに上がって鳴くので、姿を見ることも多いです。今日は、枯草が絡まった垣根に上がっていました。
   こちらを見ています
P123045801

  別のオスが近くで鳴いたので、そちらを見ています
P123046501

  もそもそと動きだしました
P123047201

  後ろ向きで、羽をバタバタさせ幌打ちです
P123048201

  「ケーン、ケーン」と鳴きました
P123054501





2013年3月24日 (日)

オオジュリン

今冬はあちこちでオオジュリンを見ました。ちょっとした葦原にはかならずいる、と言っていいぐらい多かったですね。
  先日見た浅川のオオジュリンです。葦の中から出てきました。
Abd_228801

  葦の茎を嘴で破いています
Abd_232801

  茎の中から虫を見つけました。冬の貴重な栄養源ですね。
Abd_231201

  こちらは色が黒っぽいのでオスでしょうか。
Abd_237601

  飛びました。羽を広げても地味ですね。
Abd_224901

  マヒワも同じところにいました。やはり葦の茎を割いていました。
Abd_239401



2013年3月23日 (土)

ツバメ

今日も、浅川定期カウントで初認のツバメです。ツバメの飛ぶ速度は速く、カメラに捉えられませんでしたので、イワツバメと一緒に巣材の泥を取っているところを撮りました。ツバも前の年の巣を修理して使用することが多いようです。ツバメの巣は民家の玄関先などでよく見ますが、これは天敵のカラスから雛を守るためだそうです。人間が出入りしている場所だとカラスも近寄れない。うまく人間を利用しています。それでもカラスに襲われた巣を何度も見ました。ツバメが何倍も大きいカラスを追いかけている姿を見たこともあります。毎年、親鳥の巣作り、抱卵、子育てと懸命な努力を見ると、今年こそは、全部の雛が無事育ちますように、と祈ってしまいます。
  泥を咥える
Abd_248501

 泥に絡まった草らしきものを運ぶ
Abd_252601

  こちらを警戒したのか、何も咥えずに飛び立つ
Abd_253901

 
   イワツバメと仲良く巣材集め

Abd_255101


  仲良く巣材を咥えて飛び立つ
Abd_251401

2013年3月22日 (金)

イワツバメ

昨日の浅川定期カウントでイワツバメを見ました。今季初認です。もともとは名前の通り岩の崖などに巣を作るのだそうですが、ここでは毎年橋の下のコンクリートに巣を作ります。
  ヒメアマツバメと同じく腰の部分が白い
Abd_213101

  しかしヒメアマツバメと違いお腹が白い
Abd_221901

  尾羽は深く割れていない
Abd_216201

  来たばかりで巣材の泥を集めている
Abd_256701

  泥を口いっぱいに咥えて飛び立つ
Abd_251301

  去年の巣を修理して再利用する
Abd_258901













2013年3月21日 (木)

クイナ

今日は、浅川の定期カウント中に久しぶりにクイナを見ました。コガモを見ている時、こちらの岸から向う側へ飛んで行った鳥がいたので、何かと見るとクイナでした。向う岸を川上に向かってへどんどん歩いて行きます。最後には草叢へ身を隠しましたが、その間、4、5分、たっぷりと姿を見せてくれました。
P123011101

P123015401

P123017601

P123020701

P123022301


2013年3月20日 (水)

花と野鳥(4)

この辺りは都心に比べて1週間ほど桜の開花が遅いのですが、裏山には早咲きの桜の木があり、今、満開です。桜の花の蜜を求めてメジロが来ていました。
P122091401


P122092001


P122094701


P122095901


P122098801


2013年3月19日 (火)

花と野鳥(3)

今日も、花と野鳥です。花の咲いた杏の木にカワラヒワが止まっていました。カワラヒワは花の蜜を吸ったり花弁を食べたりしないと思いますので、たまたま止まっていただけかもしれません。
P122076701

P122077701

P122079701

P122085501



2013年3月18日 (月)

花と野鳥(2)

裏山に毎年きれいな白い花を咲かせる”こぶし”の木があります。しかしそのきれいな花びらを食べにやって来る憎いやつがいます。ヒヨドリです。
この日も4、5羽がやってきていました。
  木のてっぺんでむしゃむしゃ
P122066001

  こちらでもぱくり
P122070401

  多くな口を開けてほおり込んでいます
P122071701

  こちらでも花びらを引きちぎっています
P122072101

  まだまだ食べています

P122073201


2013年3月17日 (日)

花と野鳥

寒さも緩み、いろんな花が咲き始めました。花と野鳥の定番と言えば、梅にメジロですね。今日はその定番から。
今年は梅の花が咲くのが遅く、今頃になって満開です。早速、メジロがやってきて花の蜜を吸っていました。

P122052701

P122053101

P122054401

P122055101

P122055801

P122060801


2013年3月16日 (土)

藪の中のウグイス

ウグイスが「ホケキョ」と鳴きだしました。もう春ですね。今日も見ずらい写真で申し訳ありません。藪の中から出てこないウグイスを無理やり撮ったものです。
Abd_195401


Abd_195501


Abd_196001


2013年3月15日 (金)

藪の中のアリスイ

今日は、久しぶりにアリスイを見ました。しかし藪の中からなかなか出て来ませんでした。
  目の前に枝、アリスイの前にも枝
Abd_199401

  赤くて長い舌を出して何かを捕えています
Abd_200201

  ちょっと上に来ましたがやはり枝が・・・
Abd_201601


  少し開けた場所にきましたが、残念!これも前に枝があります
Abd_201901


2013年3月14日 (木)

お堀のユリカモメ

皇居のお堀に100羽ほどのユリカモメが群れていました。海から離れた場所に住んでいる私には、海の鳥はいつもとても新鮮に映ります。写真など誰も撮っていない中、ひとり三脚を立て、石垣で休んだり、お堀の中で水浴びしたり、飛翔したりするユリカモメをゆっくりと撮りました。
Abd_172701

Abd_173101

Abd_173501

Abd_184001

Abd_186901

Abd_187601


2013年3月13日 (水)

お堀のハクチョウ

皇居のお堀に寄ってみました。ハクチョウが数羽いました。額にこぶがありコブハクチョウです。お堀の中をゆったり泳いでいて、写真にするとあまり変化がありません。
Abd_195001

Abd_193501

Abd_192401

Abd_172301



2013年3月12日 (火)

タカサゴモズ

3日間、家の中でおとなしくしていたら、花粉症の症状が少しよくなりました。そこで前回のリベンジ!とばかり、また東京湾野鳥公園へ行ってきました。
昨年末からいるというのに、今日は、やっと逢うことができました。図鑑などで何度も見ていたので、初めてという気はしませんでしたが、初見初撮りです。中洲に生えた木々をあちこち飛び移ったり、葦の中に降りたりしていましたが、300mmのレンズでは豆粒ほどにしか写りません。トリミングして拡大しました。灰色の頭に額と過眼線が一体となった黒が目立ちます。尾も長いですね。
Abd_147601


Abd_149301


Abd_162801


Abd_163901


Abd_151201


Abd_165101


Abd_168911


2013年3月 9日 (土)

換羽中のカイツブリ

モズの出を待つ間、前の水路を行き来するカイツブリを撮りました。冬羽から夏羽へ換羽中で、それぞれ個体によって進行が違っていました。
 この個体は顔や首に少し赤味が出ていますがまだ冬羽です。
Abd_077101

 この個体は頭の黒い部分と顔の茶色い部分がはっきりしています
Abd_054211

 この個体は完全に夏羽になっています
Abd_078301

   夏羽の個体と冬羽の個体
Abd_077801

昨日に無理がたたって今日は目も鼻もひどい状態です。当分外には出れません。

2013年3月 8日 (金)

サンカノゴイ

今日は、暖かく強い風が吹く中、無理をして東京湾野鳥公園へ行ってきました。目当てのモズには出逢うことができませんでしたが、葦の中のサンカノゴイを見ることができました。
  私はどこにいるでしょう?
Abd_060801

  葦の中で羽繕い中です
Abd_059101_2
 

  頭だけ出しています
   
Abd_073701

  最後にやっと少し全体が見えました
Abd_075801


2013年3月 7日 (木)

ヒメアマツバメ

今日も、撮り貯めた中から、冬でも見られるヒメアマツバメです。先日、多摩川の土手で見ました。10羽~20羽ほどの群れで素早く飛び回り(たぶん空中で小さな虫を捕っているのだと思います)、カメラの枠に入れるのが大変です。
Abx_10001

  全身ほぼ真っ黒ですが、よく見ると喉の部分が白い
Abx_10101

  尾羽は切れ込みが少なく角形
Abx_10201

  腰の部分が白い(このためイワツバメに間違われやすい)
Abx_10301

  尾羽を広げるとこんな感じ
Abx_10401

今日も暖かく強い風が吹いています。花粉が大量に飛んでいる気配がします。

2013年3月 6日 (水)

モズ

今日は、今年になってあちこちで撮ったモズです。
いずれもオスです。
Abc_998301


Abc_999001

  もぞもぞしていると思ったらペリットを吐き出しました
Abc_996301

  飛翔①
Abc_996801

  飛翔②
Abc_997901

  地面で採餌
Abc_999901


2013年3月 5日 (火)

まだいたマヒワ

河川敷でマヒワ数羽の群れを見ました。マヒワの好きな草の実を盛んに食べていました。もうすぐ渡り。それまでにしっかり栄養を蓄えるのでしょう。
オスは背中の緑色がきれいですね。頭に黒い帽子をかぶっているように見えます。
  
Abc_1510111

  メスは地味ですね。
Abc_1720111

  オスとメスが同じ茎の実を食べています。つがいかな?
Abc_1810111

  オスが上の方にいます。
Abc_1870111

 上の方に実が無かったのかだんだん降りてきました
Abc_2180111

  とうとうメスを押しのけてしまいました
Abc_2290111

花粉症で外へ出るのがつらくなってきました。鳥見も・・・



2013年3月 2日 (土)

タシギ

先日行った小川にタシギが2羽いました。川岸の枯草と同化していて初めはわかりませんでしたが、ツグミを双眼鏡でチェックしていて気が付きました。少し色が濃いのと薄いのがいますが、つがいなのでしょうか。図鑑では雌雄同色とあります。両方とも尾羽を広げていました。
Abc_954001

Abc_968101

Abc_971301

Abc_970701_2

Abc_968901




2013年3月 1日 (金)

ツグミ(2)

今日は、別の種類のツグミです。ポイントに着くと、お腹がやや赤いツグミが小さな小川の岸辺や中洲を動いていました。ハチジョウツグミです。本来はもっとお腹の赤味が強いので、口の悪い人は、ハチジョウならぬ四畳半ツグミなどと呼んでいました。
Abc_958301

Abc_955701

Abc_956601

Abc_965501_2


Abc_960101

Abc_964101



« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »