« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月30日 (金)

カワガラス

市内を歩いていると、思いもかけずカワガラスを見かけました。他に誰も見ていなかったので、近くでじっくりと観察できました。近づくと少し離れたところに移動しましたが、その後は悪意はないなと見抜いたのかかなり近づいてものんびり羽繕いなどをしていました。
  堰の上の急流の中で
Kby_495101

  水の中に頭を入れて餌を探しています
Kby_495701

  お気に入りの石の上でのんびりしています
Kby_509301

  器用に足を使って羽繕い?をしています
Kby_499401

  川に飛び込みました
Kby_512401

  何か虫を捕まえました
Kby_516201



 

2012年11月29日 (木)

諫早干拓で出会った鳥達

諫早干拓地シリーズも今日で最後です。
これまでに紹介した鳥達以外をまとめました。
  タゲリ たくさんいました 一番近くで撮った1枚です

Kby_248101

  マヒワ  数羽の群れでしたが、1羽だけ残ってくれました
Kby_262001

  ゴイサギ かわいい顔をしています
Kby_292501

  こちらのゴイサギは目の前にいて動きません
Kby_294101

   チュウヒ  水門の管理塔をバックに飛びました 
Kby_299801

 カンムリカイツブリ 初め遠かったのが近づいてきてくれました
Kby_321201

  夕日の中のカモたち 長崎最後のショットです
Kby_372401







2012年11月28日 (水)

イソヒヨドリ

ホテルの前に神社があり、そこにイソヒヨドリのオスとメスがいました。

  電線に止まったオス・・・朝日を浴びてきれいです。
Kby_28210

   飛びました!
Kby_282501

  神社の屋根の上に止まりました
Kby_283901

  石の上に移動しました
Kby_284901

  メスもいました
Kby_288901

  あっ!車の上に
Kby_289401









2012年11月27日 (火)

ヒシクイ

九州でヒシクイを見るのは珍しいことのようです。
今回は一度に9羽のヒシクイを見ることができました。
  大空を飛んできます

Kby_327101

  行き来して降りるところを探していますが、なかなか決まりません
Kby_330501

  やっと遠くの田んぼに降りました
Kby_335501

  近づくと頭を上げて警戒している様子。これ以上は近づけません
Kby_333301

 仕方がないので無理やりトリミングして拡大(画像が荒れました)
Kby_335101







2012年11月26日 (月)

アトリ

何百羽という大群のアトリがあちこちにいました。
  電線に止まる群れ(望遠レンズでは全体が入りません)

Kby_264901

   地面に降りて採餌
Kby_254601

  ひまわりにもたくさんいました
Kby_267201


  時には争いも
Kby_267301

  カワラヒワも大群でした
Kby_249801












 

2012年11月25日 (日)

獲物(2)

今日は、チョウゲンボウの獲物捕りです。
Kby_354501

チョウゲンボウがホバリングしながら獲物を探しています。
Kby_354001

 
  地面に降りました。獲物は捕まえたのでしょうか。
Kby_354901

  おっと、逃げられたようです。慌てて後を追います。
Kby_355201

  獲物は飛び上がって逃げようとしているようです。すぐ後を追います。
Kby_356301

  足を前に出して獲物の捕獲体制に入りました
Kby_356601

  見事、キャッチ!獲物はバッタだったようです。
Kby_356701

  得意そうに獲物を持って戻ってきました。
Kby_357001

  電柱の陰に隠れて食べていました・・・あっ!これは別の個体でした。
Kby_270001
















2012年11月24日 (土)

獲物(1)

ミサゴがやってきました。
Kby_271201

青空を旋回し、魚を探すしています。
Kby_273301

魚を見つけたのでしょうか、急降下します。
Kby_274901

大きな魚をゲットして上がってきました。
Kby_276801

獲物の魚を横取りしようとハヤブサが後を追います。
Kby_277401

ミサゴは取られまいと身を交わして逃げます。
Kby_277501

とうとうミサゴに逃げられてしまいました。残念そうなハヤブサ。
Kby_277701
このハヤブサは幼鳥でした。大人になったら獲物の横取りもできるようになるでしょう。
 

2012年11月23日 (金)

マミジロタヒバリ

100m四方ほどの枯れた草地で1羽だけが採餌していました。
 
枯草と同化していて、目を離すとどこにいるか分からなくなりました。
 
マミジロというだけあって白い(ハブ色)眉斑がよく見えます。特徴の後足の長い爪は枯草に隠れて見えませんでした。

Kby_307101

Kby_309801

Kby_311601

Kby_317601


2012年11月22日 (木)

ホシムクドリ

広い諫早干拓地でホシムクドリを探すのは至難の業だそうです。そこでまずタゲリの群れを探し、その近くにホシムクドリがいないか探すのだそうです。
 
今回も、遠くでカラスとタゲリ100羽以上が乱舞しているのを見つけ、行ってみると、畦道の草叢の中で採餌している10羽ほどのホシムクドリがいました。確かに草叢の中に体がほとんど隠れ、しかも遠くて、ベテランの友人でないと見つかりませんでした。
  小さい黒い鳥がホシムクドリです
Kby_342801

  近くをカラスが飛び、驚いて飛び上がる
Kby_345401

しばらくして近くの木に飛んだので、そっと車で近づいて、写真に撮りました。黒っぽい体の全身に斑点(星)がありました
  木の止まったホシムクドリ
Kby_358101_2

Kby_361101


  近づいたので一部が飛び、数羽が木に残っていました
Kby_361501







2012年11月21日 (水)

ナベコウ

毎年、諫早干拓地に来ているナベコウです。
今年飛来しているのは、この1羽だけのようです。
広い干拓地を探している時、すぐ近くから電柱に飛び上がりました。こんなに近くで見れるのは珍しいそうです。黒い首と背中、白い腹、赤いくちばし、目、足が特徴ですね。
Kby_260001

Kby_338301

Kby_260701


Kby_338601


Kby_261001





2012年11月15日 (木)

タヒバリ

先日、タヒバリをたくさん見ました。関東では冬鳥として飛来します。水のない田んぼ、広っぱや河原などで見ることができます。
  広っぱのタヒバリ

Kby_221201

Kby_222101

 
  電線に止まったタヒバリ
Kby_223701   

   河原のタヒバリ

P103092201


2012年11月14日 (水)

アカハラ

アカハラはマミチャジナイによく似ていますが、白い眉斑がありません。お腹の赤味も強いようです。
     マユミの実を食べるアカハラ

Kby_157901

     ズミの実を食べるアカハラ
Kby_164201

    ちなみにこちらはマミチャジナイ
Kby_161401


2012年11月11日 (日)

ウソ

先日、高原で見たウソです。ウソも採餌に夢中でした。
Kby_172701

夕方で暗くなりかけだったので、青みがかってしまいました。

Kby_189002

Kby_204302

Kby_211502


2012年11月10日 (土)

マミチャジナイ

すっかり秋も深かまった高原へ冬鳥を探しに行ってきました。
昨冬は冬鳥が少なく、寂しい思いをしましたが、今年はどうでしょうか。
高原の駐車場前のズミにたくさんの鳥が集っています。最初、ツグミかと思ったのですが、よく見るとマミチャジナイでした。一本の木に10羽ほどがいます。ズミの木は10本ほど並んでいて、どの木にもマミチャジナイが集っているのです。他の場所でもあちこちで見ました。南方へ渡るための体力を付けるためでしょうか、夢中で赤いズミの実を食べています。こんなにたくさんのマミチャジナイを見たのは初めてです。平地ではなかなか見る機会がなく、今年の3月に近くに1羽来たときは大騒ぎでした。
Kby_160801

Kby_161401

Kby_170801

Kby_171701







« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »