« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月27日 (水)

公園定期カウント

北風が冷たく寒い朝、公園の定期カウントに参加してきました。
今月のカウントでは、寒かったせいかいつもどこかにいるキジやコジュケイの声が聞こえず、あまり期待していなかったオオタカやソウシチョウが見れました。また冬鳥のジョウビタキのオスも見ることができました。今日は19種をカウントできました。この公園も今からが楽しみな季節になります。
Dsc_725201Dsc_723501Dsc_726301集合場所にキビタキのメスが現われました。地面に降りて芋虫を捕まえていました。秋にキビタキを見たのは初めてです。



Dsc_729501ススキの中に一本伸びた草の枝の上でモズが鳴いていました。ちょっと秋らしい景色でしたが、近づき過ぎてススキが入りませんでした。





Dsc_704401 解散する直前にはアオゲラも現われました。

2010年10月22日 (金)

淺川定期カウント

今日は、曇り空の中、昨日雨で順延となった淺川の定期カウントに参加してきました。
久しぶりに2万歩近く歩いたので、疲れて足が痛くなりました。
カウントした鳥種は全体で34種、自分では27種でした。
Dsc_659801Dsc_672001今回の目玉は、キアシシギ(若鳥?)がいたことと若鳥と思われるイソヒヨドリがいたことです。キアシシギがこの時期に見られるのは珍しいそうです。胸の模様が薄いので若鳥かもしれません。イソヒヨドリは、民家の屋根やベランダ庭などに下りていました。

Dsc_691601Dsc_667801カワセミがあちこちで見られました。親離れした若鳥達が自分の縄張りを持ち始めたのかもしれません。水に飛び込むところも何度か見れましたが、SSが遅くうまく撮れませんでした。


Dsc_666301Dsc_676001いつも見られるイソシギやイカルチドリもいました。今冬にはイカルチドリが20羽ほどの群れでいましたが、今日は最大5羽の群れでした。イソシギもいつもより多くの場所で見ることができました。
Dsc_673301Dsc_681201他にチョウゲンボウが曇り空の中を飛んだり、ホオジロが花が散ったススキの穂に止まって地鳴きをしているところを見ることができました。
(後日、定期カウントリーダーから指摘を受け、チョウゲンボウではなくハイタカと判明しました)

2010年10月 8日 (金)

久しぶりの淺川

今日は、久しぶりに淺川へ行ってきました。
しかし冬鳥はまだ来ていず、ムクドリの群れが喧しく鳴いていました。
Dsc_566901Dsc_573001 まず、大きくて目立つサギ3種を確認。アオサギは、誰かが設えたカワセミの止まり木の側で邪魔しているかのように立っていました。次に大きな雑種ガモの番がいつもの場所にカルガモ数羽と一緒にいました。カワラヒワの水浴びも見ることができました。

Dsc_569501Dsc_573101そしてついにカワセミの番も見つけました。オスが盛んに水に飛び込んでいましたが魚を取れず、給餌行動は見れませんでした。



Dsc_574301Dsc_582501  鳥仲間から我が家の近くにエゾビタキとコサメビタキがいると連絡を受け、急いで行って、桜の木の枝に止まっているエゾビタキ2羽を発見しましたが、コサメビタキは見つけられませんでした。午後、もう一度行ってみましたが、もうエゾビタキもいませんでした。

2010年10月 3日 (日)

エゾビタキ

  晴れて暖かくなったので、近くの公園へ行ってみました。
公園の中では野鳥の姿はなく、わずかにシジュウカラ、コゲラなどの声が聞こえた程度でした。Dsc_556801
Dsc_560001Dsc_558301公園の縁の市民農園の側で、昨年と同じ木にエゾビタキが2羽いました。何度もフライングキャッチを繰り返していました。



Dsc_561301近くの木ではモズがキュン、キュンと鳴いていました。モズの声を聞くと秋だなあと思ってしまいます。






Dsc_566501Dsc_566701 帰りに淺川に寄ってみました。
ハクセキレイの幼鳥が木の陰で休んでいて、近くに親鳥と思われる成鳥が盛んに鳴いていました。水管橋の上にはいつものようにダイサギ2羽とコサギが止まっていました。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »