« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月16日 (木)

戸隠

戸隠へ月曜日の夜から夜行+1泊の足掛け3日で行ってきました。
火曜日の早朝、戸隠では、まだ雲が空を覆っていました。アカショウビンのポイントへ行くと、早くも鳴き声が聞こえてきました。既にカメラマンが2,3人います。遠慮しながらも一番前に三脚をセットし、現われるのを待ちました。その間にもカメラマンが2人、3人とやってきました。実は、前日から、あまりにカメラマンの数が多くて、アカショウビンの営巣に邪魔になると木道からの撮影は禁止になっていましたが、禁止になっている木道に三脚を立てている人もいました。やはりマナーは守らないといけませんね。30分ほど待つと、狙っているお立ち台の木にオス(と思われる)が蛙を銜えてやってきました。初めて見るアカショウビンの赤に、感動しながらも夢中でシャッターを切りました。周囲はまだ薄暗い状態でした。やがてメス(と思われる)がやってきて、少し上の木に止まりました。オスもその木に移り、蛙をメスに渡そうとしているようでした。しかし、丁度葉の陰でよく見えません。メスが受け取ったかは誰も確認できませんでした。隣の人他数人は2羽が並んだところを撮れたのですが、立つ位置が悪く、撮れませんでした。オスはすぐに元もお立ち台の木に戻ってきました。そして両翼をさっと広げました。まさに火の鳥のようでした。オスは先に渡ってきて、他にもいくつか同様の場所を探しておき、メスが来たときに選ばせるようです。地元のカメラマンや毎年きているというカメラマンは、今年はメスが来るのが遅かったので、うまく子育てができるか心配だ、と言っていました。
オスもメスも1時間ほど居て、何処かへ飛んで行ってしまいました。午前中には、もう一度やってくると、その場で待っていました。待っている間に、ゴジュウカラ、ミソサザイなどが近くにやってきました。ミソサザイは傍の休憩所の屋根の裏側に巣を作っていて、休憩している頭の上を飛んできます。アカショウビンは来なかったので、周辺を探しながら歩きました。アカハラ、アカゲラ、コサメビタキなどがいました。巣立ったばかりのコゲラ、コサメビタキの幼鳥もいました。結局、その後のアカショウビンは、遠くでチラッと見ただけで、終わってしまいました。
次の日、また早朝から出かけ、前日と同じ場所に三脚を構えました。今日は、朝から、係員が来て、木道にいたカメラマンを追い出しました。しかし、その日は、午前中、そこには来ませんでした。
そこで地元のカメラマンに聞いたチゴハヤブサが営巣しているところへ寄って帰ることにしました。神社の境内の大きなケヤキの上の方に巣があり、雛の姿も見えましたが、風が強く、巣や前の枝が揺れて、なかなか写真が撮れませんでした。少し離れたところにオスがいましたが、こちらも揺れる枝や葉っぱが邪魔でうまく撮れませんでした。同じ境内にコノハズクが2羽いました。巣の場所やコノハズクがいる場所などは、毎日来ているという近所の方に教えてもらいました。チゴハヤブサもコノハズクも初見でした。

アカショウビンDsc0692402オス         羽を広げた         ペア(同行Yさん撮影)
Dsc_7640002_dsc6605  






その他・・・
 ミソサザイの巣       コサメビタキ        アカゲラDsc0759802
Dsc_780502Dsc_795802   






 アカハラ           ゴジュウカラ      コサメビタキの幼鳥?Dsc_800002Dsc_773802
Dsc_801102  






チゴハヤブサの巣
左に雛、右に親鳥      チゴハヤブサのオス         アオバズク
Dsc_822601Dsc_820002Dsc0785702   

2009年7月10日 (金)

ツミ

相変わらず、梅雨空が続いていますね。
今日は、先日見たツミのことを書きます。
高い鉄塔の上に1羽のツミが止まっていました。よく見ると、目が赤く、オスだと分かりました。周囲を探すと、テレビのアンテナの上にメスのツミがいました。やがてメスが鉄塔の上へ行くと、オスはそれまで止まっていた場所をメスに譲り、横へ移動しました。ツミはワシタカ類の中では最も小さい部類の一つで、図鑑にはオス27cm、メス30cmとありますが、2羽が近くで並ぶとメスの方がずっと大きいように見えます。

   オス                           つがい                Dsc0600101
Dsc0605501Dsc_739401_2







   メスDsc0658601_2
Dsc_714601Dsc0673001
   

2009年7月 6日 (月)

オナガの育児

この時期、毎日雨でいやになりますね。
お陰様で、皆様からのアクセス件数が2万件を越えました。
ありがとうございます。

鳥見もすっかりお休み状態ですが、できるだけ記事を書いて行こうと思っています。
今日は、少し前に小さな公園で見つけたオナガの営巣です。
公園の桜の木3本にオナガの巣があり、そのうち1つは、既に巣立ったのか雛の姿はありませんでした。残り2本のうち1本には少し大きめの雛が、もう1本には生まれたばかりの雛がそれぞれ2羽づついました。
親鳥は周囲を警戒しながらも、せっせと餌を運んでいました。

生まれたばかりの雛
Dsc_726701Dsc_727701Dsc_734201 







少し大きな雛
Dsc_733401Dsc_737701Dsc_723601   

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »