« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月29日 (水)

早朝散歩

今日は、朝少し早く起きて、近所を散歩してきました。
家を出るとすぐ、空き地でキジのオスに出逢いました。
公園に行くと、すぐオオルリの大きなさえずりが聞こえてきました。姿を探しましたがなかなか見つかりません。10分ほど探して、木々の若葉の間にようやく見つけました。下から見上げるので、白いお腹しか見えませんでした。公園の中を歩いていると、キビタキの奇麗な鳴き声が聞こえてきました。これも姿は見えません。探しているうちに、遠くへ行ってしまいました。先日教えてもらったキンランとギンランを写真に撮ってきました。林の中で清楚に咲いていました。
帰りに川の方も廻ってみました。カワセミやイソシギ、セグロセキレイなどを見ながら帰ってきました。
 オオルリ(オス・若鳥)
Dsc_390401Dsc_402601Dsc_403101   






  キンラン           ギンランDsc_398901_2
Dsc_400801_2

2009年4月28日 (火)

公園定期カウント

今日は、八王子市内の公園の定期カウントに参加してきました。
朝の内は寒く、上着の下にフリースを着て行きました。
公園内は木々の若葉が出て、緑が奇麗でした。
ガビチョウ、ウグイス、メジロなどのさえずりがあちこちで聞こえ、コゲラのつがいが一緒に行動している姿を目にしました。
姿を見ることはできませんでしたが、キビタキの美しいさえずりも聞きました。また同じ木に止まるモズとホオジロ、頭上の木の上で新芽を食べるイカルの群れ、青空を飛ぶオオタカなどが見れました。草原にシメやツグミがまだいました。キジやコジュケイの大きな鳴き声が時々聞こえました。
今日は、全部で25種をカウントしました。
 モズとホオジロ         イカル         オオタカ(幼鳥)
Dsc_378201Dsc_383501Dsc_377201

   

2009年4月26日 (日)

夏鳥調査?

今日は、八王子城裏山の夏鳥調査に参加してきました。
昨日の雨がうそのように晴れ、オオルリ、キビタキなどの夏鳥が見れるのではないかと期待しました。スタートして間もなくの御主殿跡では、毎年オオルリやキビタキが見れるところですが、今日は、両方とも、一瞬、鳴き声が聞こえた程度でした。沢伝いに登るところまでは、それほど急ではありませんが、沢を離れてからは急な登りが続き、ハアハアと口で息をし、ちょっとした休みで深呼吸をして息を整えながら登りました。頂上付近では、風が強く、木々がざわざわと揺れてとても探鳥できるような状態ではありませんでした。
結局、5時間ほど歩き、夏鳥も含めて野鳥はほとんど姿を見せず、鳴き声もウグイスやヒヨドリばかりでしたが、久しぶりに体を動かして、すっきりした気分になりました。

頂上付近から見た富士山   天守閣跡地    本丸跡から見た都心
Dsc0527801Dsc0528101Dsc_376901
 

2009年4月22日 (水)

今日は、夏のような陽気に誘われて、家の近くの山と川を歩いてきました。
あちこちで野鳥の鳴き声が聞こえてきましたが、その中で、大きな声で鳴くのが、ガビチョウ、ヒヨドリ、コジュケイそしてキジです。これらの鳥は朝寝ていても家の中まで煩く聞えてきます。キジはオスが鳴きます。山にも川にもいました。縄張りを宣言しているのかメスを呼んでいるのか分かりませんが、鳴く時は、なるべく高い場所に上がり、ケーン、ケーンと2度鳴き、羽を広げてばたばたとさせます。何もないと、5分~10分間隔で鳴いているように思います。
 山のキジ
Dsc_359501Dsc_362301Dsc_363201   






 川のキジ
Dsc_367101Dsc_366601Dsc_369001
   

2009年4月16日 (木)

淺川カウント

今日は、月に1回の淺川中流域の定期カウントに参加してきました。
淺川では、巣材を運ぶツバメやモズ、つがいで行動しているキジやセキレイ達、中洲で営巣中と思われるコチドリなど、次世代を作る準備が進んでいるようでした。
渡りの途中のコムクドリが数羽、柳の木の新芽を食べていました。
他に、イソシギ、タヒバリ、カシラダカ、セッカ、ツグミなど39種をカウントしました。
帰りに近くの公園に寄ってみました。
夏鳥のオオルリが来ていました。背中の瑠璃色がまだ完全ではなく茶色が混じっているのでオスの若鳥のようです。
 つがいのキジ        中州のコチドリ     胡桃の木のモズ
Dsc_324901Dsc_325501Dsc_350601   






 コムクドリ(オス)    コムクドリ(メス)     オオルリ
Dsc_341001Dsc_341701Dsc_356101   

2009年4月12日 (日)

花見

今日は、カワセミ会の探鳥会兼花見で、北淺川へ行ってきました。
久しぶりの北淺川でしたが、冬鳥と夏鳥の入れ替わりの時期にも係わらず、シメ、ホオジロ、カシラダカ、コチドリなど42種の野鳥の姿がありました。
今日のベスト3種の話です。
まず、民家の傍にアリスイがいてびっくりしました。初めバケツの陰などで動いていて、何だか分からなかったのですが、小さなビニールハウスだった竹組の上に出てきてアリスイだと分かりました。
次は、さすが北淺川の話です。目の前の大きな木にオオタカが止まっていました。よく知る人の話では、幼鳥だそうです。背中を見せているのでよく分かりません。暫くすると飛んで行きました。すぐにカラスに追われてまたオオタカがやってきました。同じオオタカでしょうか。暫く止まっていたので、じっくり見ることができました。胸の模様が縦斑なので若鳥です。木に止まっているオオタカをこれほどじっくり見たのは始めてでした。
川の反対側の木にカシラダカがいたので、見ていると、誰かレンジャクがいる!と言うので、同じ木の上の方を見ると、確かにヒレンジャクがいました。柳の新芽を食べているようでした。何度か飛んではまた同じ木に戻っていました。
カワセミ会10周年記念に植えた5本の山桜の下で、お昼を兼ねて花見をしました。植樹してから、15年近く経っているので、かなり大きくなっていて、奇麗な花をつけていました。

アリスイが・・       オオタカ(オス)       飛んだ!
Dsc_294401Dsc_307201Dsc_307811






  ヒレンジャク      飛んだ!      記念樹の山桜の下で花見
Dsc_313601Dsc_314701Dsc0527401   

2009年4月 8日 (水)

ミソ漬け

  昨日、Yさんに山間の小さな湧き水が出ているところへ連れて行ってもらいました。
野鳥達が、水浴びや水飲みにやってくるところです。
まず、ミソサザイがやってきました。奇麗な声でさえずっていました。その後、キセキレイ、メジロ、アトリ、カワラヒワ、ヤマガラ、シジュウカラ、コガラなどが次々とやってきました。
ミソサザイは近くに営巣しているようで、観察している間中、2羽が近づいたり離れたりしながら、近くの木の上でさえずったり、水飲み場へやってきたりしました。
こんなにミソサザイを見たのは初めてです。まさにミソサザイ漬け(ミソ漬け)でした。
帰りに、またヤマセミのポイントにも寄ってきました。やはり日没直前に現われました。

Dsc_190201Dsc_258501Dsc_265401
 





Dsc_255701Dsc_200201Dsc_240301   






Dsc_280001Dsc_230801Dsc0523301 

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »