« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月31日 (火)

ヤマセミⅡ

  昨日の午後、日野のYさんとヤマセミポイントへ行ってきました。
最近は、午後3時半ころになると出るというので、そのころを見計らっていきました。
ポイントの川原には、30人ほどのカメラマンが陣取っています。
3時過ぎに1羽のヤマセミが川下から飛んで来て、川上200mくらい離れた木に止まり、川に飛び込んで魚を捕らえました。双眼鏡では見えるのですが、写真は遠くて逆光で撮れません。三脚つけた1眼カメラを外してスコープに置き換えて撮りましたが、それでも逆光のため、うまく撮れませんでした。その中、正面の岩へ飛んできました。スコープを再び1眼カメラに置き換えている間に、3,4度、川に飛び込みました。残念ながらその飛び込み場面が撮れませんでした。一度、木の茂みに隠れて、暫くしてまた出てきました。また川上に飛んで行って木に止まっています。夕方になって、もう一羽が川下からやってきて、同じ木に止まりました。つがいのようです。しかし撮れません。我慢して待っていると、まず1羽が正面の木にやって来て、その後、もう1羽もやってきました。2羽の間が少し離れていてフレームに入れるのに苦労しました。その後1羽が茂みに入り、残りの1羽は随分暗くなってから同じ茂みに入っていきました。
ヤマセミDsc0454511Dsc0489301
Dsc_179911 






Dsc_166811Dsc_169311Dsc_148911

 

2009年3月30日 (月)

ソウシチョウ

今日は、カワセミ会のNさんの家の近くでソウシチョウが見れるというので、行ってきました。
ソウシチョウは、元々、中国南部、ベトナム北部などに生息している鳥で、日本には飼育用に輸入されたのもが野生化したものの様です。竹やぶなどを好み、年に数回、繁殖するなど繁殖力が強く、その数がだんだん増えてきているようです。
Nさんの家から歩いて5分ほど行くと、小さな竹やぶがありました。その竹やぶに12,3羽のソウシチョウがいて、じっとしていると時々、出てきました。メジロくらいの大きさですが、いかにも南方の鳥らしく派手な色をしています。
いずれどこででも見れるようになることでしょう。

Dsc_127201Dsc_102401Dsc_102701
   






Dsc_121701Dsc_121611_2Dsc_110501_2 
 

2009年3月29日 (日)

日曜日の公園

今日は、天気がよかったので近くの公園へ散歩に行ってきました。
日曜日とあって、家族連れなど多くの人出がありました。
公園を一回りすると、シメ、カシラダカ、シロハラ、ジョウビタキ、ツグミなどの冬鳥達はまだ残っていましたが、旅立ちの準備なのか、盛んに採餌していました。
コゲラ、シジュウカラ、ヤマガラ、エナガなどの留鳥も、今日は近くで見ることができました。

    シメDsc_091401Dsc_090801Dsc_092601           シロハラ         ジョウビタキ 

2009年3月28日 (土)

ミソサザイ

今日は、高尾山にミソサザイを撮りに行きました。
天気予報では、午前中は晴れのはずが、身支度をして外へ出ると、厚い雲が空を覆っていました。その内晴れるだろうと、出かけましたが、雲は居座ったままでした。
登山口でキセキレイがテレビのアンテナに止まって、さえずっていました。奇麗な黄色のお腹でした。
渓流に沿って登っていくと、3箇所でミソサザイのさえずりを聞きました。大きく奇麗な声でさえずっていました。しかし初めの2箇所では、姿を見つけることができませんでした。3箇所目で渓流の石伝いに、時々さえずりながら動くミソサザイを発見しました。しかし谷間で木で覆われているため暗く、初めの数枚は通常通りのシャッタースピードで撮りましたが、真っ暗でした。スピードを下げて撮りましたが、手持ちだったため手振ればかりでがっかりしました。
晴れそうもないので、早仕舞いで帰ってきました。

さえずるキセキレイ      さえずるミソサザイ       
Dsc_075001Dsc_085301Dsc_086601   

2009年3月26日 (木)

オガワコマドリⅡ

今日は、日野のYさんと横浜の公園へオガワコマドリを見に行ってきました。
公園へ向かう途中で、イソヒヨドリのオスが畑の杭に止まっていました。
公園に着く少し前まで雪が舞っていたそうですが、着いた時はよく晴れていました。
カメラマン、見物人は前回より少なく、15人ほどでした。
従って、いい場所を確保できました。
前回同様、まずクイナが出てきました。それから待つこと1時間。オガワコマドリさんが、今日は早めのお出ましです。しかも場所を移動しながら、結構長く出てくれました。30分後には、また出てきて、反対方向へ移動しながら、時折、葦のない場所へも来てくれました。やはり胸のオレンジ色や喉の青色はまだ十分ではなく、どうやら若鳥のように思われます。
予定より早く目的を達成できたので、舞岡公園へ寄っていくことにしました。
途中で出逢った人に話しかけたら、その辺りの環境を守るボランテアをしている人で、最寄の駅まで車で送ってくれました。
舞岡公園では、ヤマシギ、タシギ、カワセミ、キセキレイ、モズなどがいました。

 オガワコマドリ Dsc_028401
Dsc_029201Dsc_042601    






 イソヒヨドリ(オス)       クイナ         カワセミ
Dsc_022801Dsc_060101Dsc_068601






  タシギ            キセキレイ        モズ
Dsc_069801Dsc_070701Dsc_071501   

2009年3月25日 (水)

定期カウント

今日は、雨が降りそうな空模様の中、近くの公園の定期カウントに参加してきました。
天気が悪いので参加者は少ないかと思ったら14名もの参加がありました。
集合地点で、いきなりイカルの声。見上げると桜の木に1羽が止まっていました。暫くすると5羽が飛んできて6羽になりました。
そろそろ北や高山へ帰るシメ、シロハラ、ツグミ、カシラダカ、アオジ、ジョウビタキなどがまだ残っていました。
公園の常連達シジュウカラ、コゲラ、ヤマガラ、エナガ、メジロなども元気に姿を見せてくれました。ヒヨドリ、ムクドリは、コブシの花を食べていました。
また、最後にアカゲラ、ビンズイも見れました。
今日は、26種を確認できました。
  イカル           ビンズイ         ムクドリDsc_003601Dsc_020701
Dsc_016701 

2009年3月23日 (月)

アトリ

今日は、朝早く目が覚めたので、昨日、情報があった公園へアトリを見に行ってきました。
30羽ほどの群れが、地面に降りて採餌したり、人が近づくと木に上がったり、一斉に飛んで移動したりしていました。オスは頭が黒くなって夏羽になっていました。
朝食前だったので、長居せす帰ってきました。
朝は、手振れ写真が多かったので、午後、もう一度行ってきました。しかし、急に雲が出て、暗くなってしまい、シルエットにしか撮れず、すぐ帰ってきました。

 アトリ(メス)                      採餌中Dsc_964401Dsc_992001
Dsc_987601   






アトリ(オス) Dsc_965401                      木の上で
Dsc_975901Dsc_972901 

2009年3月19日 (木)

淺川定期カウント

今日は、淺川中流域の定期カウントに参加してきました。
今日の淺川は春本番、といった感じで、カワセミやホオジロなど多くの野鳥がつがいで行動していました。イカルチドリの繁殖行動も目にすることができました。
カワセミ、イソシギ、ダイサギ、コサギなど、淺川でほぼ見ることができる常連のほか、冬鳥のツグミやジョウビタキなどが未だ残っている反面、夏鳥として飛来するイワツバメやコチドリが早くも見られました。
カウントコースの約半分が護岸工事中で、先月までわずかに残っていた葦原が削り取られていて、以前そこにいたホオジロの姿はありませんでした。
自然を破壊し何もかも人工的に作り変えていくことに深く疑念を感じます。
それでも野鳥達は文句を言うこともなく、悲鳴を上げることもなく、ひっそりとあるいはたくましく生きています。
今日、カウントした野鳥は34種でした。

 イワツバメ          コチドリDsc_937301       ホオジロ(オス)  
Dsc_947601Dsc_930001

 




  カワセミ         オナガ          梅の花のメジロ
Dsc_933801Dsc_930801Dsc_945701   

2009年3月18日 (水)

レンジャク

今日は、多摩川河岸にレンジャクが来ているとの情報があり、Wさんに誘われて、多摩川へ行ってきました。
行ってみると、木の枝に1羽のレンジャクが止まっていました。見ていると、30羽近いレンジャクが下から次々と上がってきました。どうやらヤブランの実を食べていたようです。ヤブランの実は見た目にはつやつやしていましたが、潰してみると水分がほとんどなく干からびていました。こんなものを食べていたんですね。ヒレンジャクとキレンジャクが混じっていたようですが、ヒレンジャクしか確認できませんでした。その後、群れで飛んだりしながら移動して行きました。
青空にハイタカやノスリが飛び、シメやツグミがまだ残っていました。
 ヒレンジャクDsc_923501Dsc_924101                       三連雀?
Dsc_924601   






 ヤブランの実Dsc_924701       ハイタカ        シメ
Dsc_927601Dsc_929101   

2009年3月17日 (火)

オガワコマドリ

今日は、mさんから頂いたオガワコマドリの新聞記事を見て、横浜の公園へ行ってきました。
風が強く、花粉も多く飛んでいそうで、おまけに黄砂も飛んでくるような日です。風が強いと鳥も出が悪いのでろくなことはないと嫌な感じで出かけました。
9時ころに現地に着くと、一辺が100mくらいの三角形をした池の一部に葦原がありました。葦原を見下ろす歩道に4,50人くらいのカメラマンが大砲の列を池の方に向けています。端っこに三脚を立て、今日は出てますか?と隣の人に聞くと、未だ1度も、との返事。
1時間待ったが、出てこない。もう飛び立ってしまったのでは、との不安が過ぎり始めた2時間後、葦原の端で何やら動くものがあります。双眼鏡で覗くと葦の隙間からあの隈取の顔が見えました。オガワコマドリだ!と慌ててカメラのファインダーから覗くともういません。一瞬の出来事でした。しかしまだ居ることは分かりました。お昼を過ぎ、そろそろ帰る人も出て、空きスペースが出来ると、端の方から少しづつ三脚を移動し、見やすい場所を確保していきました。せっかく来たのだから3時までは待とう、と決めて、近くの人と雑談をしながら、目だけは葦原の方に気を配り、時々、出てくるクイナやバン、アオジ、ホオジロ、それにキジなどを撮って時間を過ごしました。やはり駄目か、と思った3時直前、「出た出た」、との声に「どこどこ」と言いつつ目で探し、葦の前を素早く横切る鳥を発見し、カメラを構えてシャッターを切りました。すぐ葦原の中へ消え、その間約10秒。葦原に入る前に一度止まったので、なんとか数枚撮ることができました。
撮ったものを見ると新聞記事にもありましたが、まだ色が薄い感じです。横顔ばかりで正面を向いた歌舞伎の隈取のような姿は撮れませんでした。足環のようなものも付いています。
 オガワコマドリ 
Dsc_921501Dsc_922001Dsc_922401






その他の鳥
  バン           クイナ         キジ(メス)
Dsc_915001Dsc_920901Dsc_918001   

2009年3月16日 (月)

奄美探鳥記(その3)

3日目になってようやく風雨も治まり、朝まだ暗い中からホテルを出て、日の出前30分間くらいしか鳴かないというオオトラツグミの声を聞きに行きました。
薄明るい中で耳を澄ましてもそれらしい鳴き声は聞こえてきません。しかしすぐ近くでいい声で鳴く鳥がいました。アカヒゲの鳴き声でした。暗くて姿は見えません。ようやく見えた時、相手もこちらに気付いたのかすぐ居なくなりました。
ホテルに戻って朝食後、金作原の原生林へ出かけました。奄美の山は植林されてなくて(従って花粉症もない)、森はほとんど原生林です。バスを降りて30分ほど歩き、150年は経っていようかという大きなウラジロガシの板根を見て、マングースを捕らえるわなも見て、帰る途中で大きなドラミングの音が聞こえました。オーストンオオアカゲラのドラミングのようです。立ち止まって見渡しましたが姿は見えません。ところが頭上に何かがいます。ズアカアオバトでした。木の新芽を食べているようでした。オーストンオオアカゲラは、見たという人もいましたが、最後まで姿を見ることができませんでした。
帰る前に、また大瀬海岸へ行きました。今日は、風も穏やかで晴れていましたので、海岸には、カモ類やサギ類、コチドリなどがいました。初日に見たギンムクドリが気になり、パパイヤの実があるところへ一人戻り、見張っていました。するとやってきました。生憎、顔が木の枝で見えません。下ではおじさんが農作業中です。パパイヤの実に取り付くこともなく行ってしまいました。
海岸にシマアジがいると連絡をもらい、戻ってみると、1羽のシマアジが思ったより近くにいました。1眼カメラでは遠すぎ、壊れたデジスコで撮りましたが、ブレブレでした。下が砂地で三脚が安定しなかったのが理由だろうと慰めています。
10年前に来た人の話では、今回は風雨の影響もあろうが鳥の数が半分以下だということでした。私は、念願のルリカケスの写真は撮れましたが、ミヤマヤマシギ、アカヒゲの写真が撮れなかったのは残念でした。

 ズアカアオバト     ギンムクドリDsc_900301Dsc_910101       シマアジ
Dsc_911401   






 ウラジロガシの板根   長作原の原生林   パパイヤの実Dsc0438301 Dsc0437801
Dsc_909001   

奄美探鳥記(その2)

2日目。
前夜は雨、風ともに強く、大荒れでした。
朝になっても風雨は止まず、奄美パーク内にある田中一村記念美術館へ行きました。田中一村は明治41年栃木県に生まれ、東京美術学校に進みましたが、中央画壇とは一線を画し、奄美に移り住んで大島紬工場で働きながら画業に励みました。没後、素晴らしい絵画の数々が発見されて評価が高まり、記念館ができたそうです。
記念館の外の天井にリュウキュウツバメが巣を作っていました。メジロやアカハラも近くにいました。
「大島紬の里」という場所の入口の大きな木でできた門にルリカケスの巣があるというので、見に行きました。門の上部にみかん箱大の木の箱があり、その中で営巣しているそうです。暫く待つとルリカケスがやって来て巣に入りました。巣から出てきたところを写真に撮りたいと待っていると、暫くして巣から出てきて、まず巣の近くの木の中に止まり、次に少し離れた場所の木に止まり、すぐにいなくなりました。その間にシャッターを押したのは4回。残念ながら、真っ黒やボケばかりでしたが、1枚だけ後姿が写っていました。天気も悪く、ルリ色が出ていませんが、1枚でも撮れたのでラッキーでした。
雨も止み、マングローブが広がる森の中を歩いて巡りましたが、野鳥には出逢いませんでした。
お昼を食べたレストランの傍の広場にチョウゲンボウが止まっていて、かなり近づいても逃げませんでした。
ホテルへ帰る途中で、「古見方農地」というところに寄り、ゆっくり移動するバスの中からイソヒヨドリのオスやホオジロハクセキレイを見ました。

 ルリカケス        チョウゲンボウ       マングローブ
Dsc_875401Dsc_882701Dsc_888101 






 イソヒヨドリ(オス)   イソヒヨドリ(メス)  Dsc_891601    シロハラ
Dsc_908101Dsc_907601 

奄美探鳥記(その1)

カワセミ会の遠出探鳥会で、奄美大島へ2泊3日で行ってきました。
参加者は25名。10年前にもお世話になったという現地のガイドさんに今回もお世話になりました。
1日目は曇り空の上に、10m以上の強い風でした。
到着後すぐに大型バスで大瀬海岸へ行きましたが、何もいませんでした。近くでパパイヤの実をヒヨドリやメジロが食べていて、その中にギンムクドリがいましたが、チラッと顔を見ただけで写真には撮れませんでした。
次に奄美自然観察の森へ行きました。しかしここではうるさそうな管理人がいるだけで野鳥にはほとんど出逢いませんでした。
バスで移動中にたびたびサシバを目にしました。サシバはここでは留鳥としているそうです。
次に秋名水田に行きました。ハクセキレイが数羽とタヒバリが数羽いただけでした。しかしこの中にハクセキレイの亜種ホオジロハクセキレイが混じっていました。確かに顔にハクセキレイのような黒い線がありませんでした。
タヒバリもムネアカタヒバリが混じっていたようでしたが、確認できませんでした。
もたもたしている時、かばんに入れたフィールドスコープをデジカメを付けたままコンクリート道路に落としデジカメの液晶を壊してしまいました。
鳥は出ないしカメラは壊れるし、かなり落ち込みました。
夕食を食べた後、雨の中ナイトツアーで出かけました。市内のホテルからはどこへ行くにもバスで1時間以上かかりました。雨で濡れた道路をバスでライトで照らしながら進むと道の真ん中になにやらいます。アマミヤマシギでした。暫く動かずにいてくれましたが、前の人の頭越しにカメラを向けても焦点が合わず、写真は撮れませんでした。その後も2度出逢いましたが、いづれも写真は撮れませんでした。
 奄美自然の森入口  島中にいたサシバ    ホオジロハクセキレイ  Dsc0434211
Dsc0451601Dsc_893401 






 奄美で見た花
Dsc0447201Dsc_855301Dsc_884601   

2009年3月10日 (火)

ヒレンジャクとメジロ

今日は、久しぶりにいい天気になったので、レンジャクがきているという公園へ行ってきました。
公園に着くと、カメラマン、見物人などが4、50人ほど集まっていました。1本のケヤキの付いたヤドリギに実がなっています。少し離れた木にレンジャクが5,6羽止まっていました。しかし逆光でうまく撮れませんでした。暫くすると一斉にヤドリギにやってきて実を食べ始めました。そのケヤキには水が溜まるほどのくぼみがあり、そこを水飲み場にしているようでした。あるていど食べるとまた少し離れた木に飛んで行って止まりました。2回ほどツミに追いかけられて逃げていきましたが、すぐ戻ってきました。レンジャクは全部で14羽いて、全部ヒレンジャクでした。
帰りに家の近くで、民家の庭の満開の花にメジロがいたので道路から撮っていると、その花は河津桜だよと家の人が教えてくれました。

 ヒレンジャク
Dsc_805801Dsc_825401Dsc_843301 






河津桜とメジロ
Dsc_848201Dsc_850501Dsc_851101   

2009年3月 7日 (土)

サタデースクール

今日は、八王子市立小学校のサタデースクール野鳥観察班の支援にカワセミ会の一員として参加しました。
淺川で、野鳥をスコープに入れて見せてあげて、鳥の名前や習性などを話してあげました。1年生から6年生まで17名の子供達が参加しており、いろいろ質問する熱心な子や野鳥の事をよく知っている子もいました。
ホオジロ、ガビチョウ、モズ、チョウゲンボウ、カルガモ、コガモ、カワウなどをスコープで大きく見れて、子供達も満足そうでした。
子供達には、野鳥が自然の中で生きていること、ススキなどの自然がないと生きていけないことなどを理解して、自然を大事にする大人に育ってほしいと思います。


 観察風景     囀るガビチョウ      モズ(メス)
Dsc0425101Dsc0427901Dsc0432401   

2009年3月 4日 (水)

キレンジャク

今日は、少し薄日が差してきたので、かねてレンジャク情報があった川沿いの公園へ行きました。
行くとカメラマンが30人ほど居ました。1本の大きなケヤキにヤドリギが付いています。カメラマンのほとんどは川の方にカメラを向けています。どうやら川へ水を飲みに降りることがあるようです。暫く待つと1羽のキレンジャクがやってきました。ヤドリギの中に飛び込んで何個か実を食べてすぐ出てきて隣の木に止まりました。後ろ向きでしたがとりあえず撮りました。5、6羽は来ているとの情報でしたが、今日は1羽しかいませんでした。同じケヤキにカラスが巣を作り始めていましたので、カラスに追われたのかもしれません。
トラツグミの情報があったので、帰りに近くの公園に寄ってみましたが、残念ながらトラツグミには逢えませんでした。しかしここでもキレンジャク1羽とアオゲラに出逢いました。キレンジャクはヤブランの実を食べていましたが、すぐ高い木に飛び上がりました。アオゲラは幹から出る樹液を赤い舌を出して舐めていました。

 キレンジャク    樹液を舐めるアオゲラ      キレンジャクDsc_769201Dsc_774211Dsc_781301   

2009年3月 2日 (月)

宮ヶ瀬

今日は、久振りに晴れ、日野のYさんに宮ヶ瀬へ連れて行ってもらいました。
途中でヤマセミのポイントに寄って1時間ほど待ちましたが、現れてくれませんでした。また帰りに寄ることにして、宮ヶ瀬へいきました。
宮ヶ瀬では、ダム湖に沿って1時間ほど歩き、ほとんど鳥で出逢うこともなく、引き返しました。帰り道、斜面で採餌しているカヤクグリに出逢いました。採餌に夢中で、近くに寄っても逃げませんでした。カヤクグリをこれだけじっくり見たのは初めてです。
また、同じ帰り道、2羽のベニマシコが採餌していました。1羽は赤みが薄いのでメスかと思いましたが、腹が赤いのと口元も赤いのでオスの冬羽だろうと思います。もう1羽は真っ赤なオスでした。
ヤマセミのポイントに行くと、10分ほど前に来た、とのことでした(よくある話です)。それから1時間ほど待って、ようやく川面を矢のように飛ぶヤマセミを見ました。慌ててカメラを構えシャッターを押しましたが、偶然、何枚かピントが合っていました。その後、もう一度、反対方向に飛んで木の中に入ったのですが、気が付くのが遅く後ろ向きばかりでした。それから1時間、現われません。もう帰ろうとYさnの車まで戻ったら、現われました。しかも正面の木に止まったのです。慌ててカメラだけを持ち川原へ走って行き、シャッターを押しました。既に周辺には夕闇が迫っており、手持ちのためシャッター速度が速いと画面が暗く、遅いと手振ればかりです。しかし、初めてのヤマセミを見ることができ、大満足でした。
 カヤクグリ  
Dsc_709201_2Dsc_713501_3Dsc_721101_2   






 ベニマシコ
Dsc_728901_2Dsc_733001_2Dsc_735701_2   






 ヤマセミDsc_739601_2Dsc_739401_2
Dsc_754001 

2009年3月 1日 (日)

彩湖ふたたび

今日は、日野のYさんと彩湖へ行ってきました。
曇り空でしたが、時々日差しもあり、風もなく鳥見にはいい日和でした。
着くとすぐ前回と同じ場所にヒバリがいました。日曜日とあって、家族連れなど大勢の人出があり、ヨシガモなどは遠くに避難していました。
今日の狙いはオオジュリンでしたが、前回見た場所で見つけられず、諦めて少し歩いた湖の傍に少しススキがある場所でつがいでいるところを見つけました。オスは既に夏羽に近く顔が黒くなりかけていました。
湖面にはカンムリカイツブリがいましたが、こちらも夏羽になりつつありました。
彩湖に来ていつも驚かされるのはオオバンの多さです。陸に上がって採餌していたり、ユリカモメと餌を奪い合ったりしていました。
今日、見た鳥は、モズ、メジロ、ウグイスなど24種でした。

  オオジュリン(オス)   オオジュリン(メス)   採餌中のメス
Dsc_686301Dsc_678701Dsc_685601   






  ヒバリ        カンムリカイツブリ     オオバンとユリカモメ
Dsc_656101Dsc_661401Dsc_703201   

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »