« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月25日 (水)

カワセミ

一昨日からずっと降っていた雨が午後になってやっと止んだので、じっとしていられず、立川の小川へカワセミを見に出かけました。
この時期は恋の季節。カワセミのつがいの行動が見られかもしれないと思ったのですが、今日はオス、メス別々でした。
近くの木にはモズ、メジロ、エナガ、シジュウカラなどが、川にはキセキレイ、コサギ、カルガモなどがいました。小さな小川の割には、いろいろな鳥がいました。

   オス           メス        ザリガニを食べるメス
Dsc_645401Dsc_653001Dsc_648701 






  モズDsc_642401           メジロ        キセキレイ
Dsc_653301Dsc_642701   

2009年2月21日 (土)

ミヤマホオジロ

今日は、深い山の端にある公園へ行ってきました。
以前からミヤマホオジロが来ているとの情報があったので、行きたかったのですが、今日、やっと実現しました。
公園に着くと、すぐ、ルリビタキのオスに出逢いました。人を怖がらない感じで、結構近くまで寄ってきまました。ルリ色が少しくすんで見えました。まだ若いのかも知れません。
水田の北側斜面がポイントですが、何もいません。よく散歩しているという人に聞くと、もういないのでは、との答えでした。仕方がないので、他に何かいないかと少し周辺を歩いてみましたが、何もいません。再び水田に行くと、近くでジョウビタキのオスがアジサイの枯れ木に止まって鳴いていました。明るい場所ですがアジサイの枝の影がジョウビタキに写り、写真になりません。そのうち少し高い木に移動したので、やっと写真を撮ることができました。
北側斜面ではガビチョウがやってきて煩く鳴き、次にシメが1羽だけ来てすぐ居なくなりました。そして2羽の小鳥が飛んできました。最初、カシラダカかなと思いましたが、胸がやけに黄色く見えます。ミヤマホオジロでした。予想していなかったので慌てました。急いでカメラのシャッターを押し、もう少し近づこうと動いたとたんに飛ばれてしまいました。液晶画面で見るとほとんど真っ暗です。日当たりの良い場所のジョウビタキを撮っていたので、そのままの設定で日陰のミヤマホオジロを撮ったためでした。初めてのミヤマホオジロだったのにがっかり!その後、暫く待ってみましたが、やはり来ませんでした。
まあ、諦めていたミヤマホオジロに会えたのだから、よしとしましょう。
いつの日にかリベンジです。
同じ北側斜面の近くで、別のルリビタキのオスに出逢いました。こちらは奇麗なルリ色でした。

 ルリビタキ(オス)    ジョウビタキ(オス)  ミヤマホオジロのつがい 
Dsc0409511Dsc_640301Dsc_639401
 

2009年2月19日 (木)

淺川定期カウント

今日は、淺川中流域の定期カウントに参加しました。
3日連続の早起きはさすがに辛いです。
暁橋から右岸を下って大和田橋を渡り、左岸を上って鶴巻橋まで行き、再び右岸を暁橋まで戻るコースです。天気は良かったのですが、北風を思ったより冷たく感じました。
これまでは鶴巻橋下流に20羽以上集まっていたイカルチドリの群れが下流方向へ分散しているようでした。
鳥達にはもう春が来ているのでしょうか、つがいで行動してる鳥達を多く見ました。
特に珍しい鳥はいませんでしたが、ひと廻りすればだいたい見られる鳥達には出逢うことができました。
特に目立ったのは、スズメの群れ、ムクドリの群れで、あちこちに群れでいました。
カウントした鳥は、36種でした。

 イカルチドリ       飛び立つモズ      イソシギ
Dsc_617101Dsc_623401Dsc_626901   






いつも1羽のセグロカモメ   カワラヒワ     飾り羽をつけたコサギ  Dsc_622401Dsc_628201Dsc_630101

2009年2月18日 (水)

彩湖

今日は、カワセミ会探鳥会で荒川沿いの彩湖へ行ってきました。
湖の廻りに芦原や草原があり、いろんな鳥が見られました。
着くといきなり堤防でヒバリが数羽採餌していました。
湖岸では、オオバンとオカヨシガモが群れていました。
葦原では、ホオジロやオオジュリンが出たり入ったりしていました。
青空では、チョウゲンボウやノスリ、ヒメアマツバメが飛んでいました。
横の林では、ベニマシコ、カワラヒワ、キジバト、メジロなどがいました。
湖上では、カンムリカイツブリ、カワウ、カモ類が休んでいました。
草原では、スズメ、ツグミ、ハクセキレイなどがいました。
全体では46種でしたが、自分で確認したのは36種でした。

  ヒバリ         オオジュリン        オオバン
Dsc_605401Dsc_610601Dsc_616401   






  ノスリ        チョウゲンボウ      カンムリカイツブリ
Dsc_608101Dsc0402101Dsc0388401   

2009年2月17日 (火)

舞岡公園

  今日は、日野のYさんと舞岡公園へ行ってきました。前回の失敗のリベンジです。
公園に着くと、先着のカメラマンがアリスイが出てるよ、と教えてくれたので、見るとそれほど遠くない場所で採餌していました。この場所はその後もしばしばやってきては、土の中に嘴を入れて採餌していましたが、顔を上げた時は何もくわえていませんでしたので、何を食べているか分かりませんでした。
午前中は、冷たい北風が吹いて寒かったせいか、見物人が少なく、存分にアリスイを堪能できました。タシギも近くにいました。反対側の谷戸にはアオシギが出ていましたが、なかなか近くまでは出てきませんでした。

  アリスイ(3態)
Dsc0304401Dsc0314101Dsc0298601







  タシギ         アオシギ        アオシギとアオジ 
Dsc_577101Dsc0362001Dsc0327301 

2009年2月14日 (土)

暑い日

今日は、朝は雨が降ったり、晴れたりと変な天気でしたが、晴れると気温がぐんぐん上昇して、春を通り越して初夏のような暑さでした。
晴れを確認してから出かけたのが悪かったのか、狙いの鳥を求めてあっちへいったりこっちへいったりうろうろして疲れました。とうとう疲れと暑さで、カメラを構える気力もなくなり、カワラヒワ、シメ、ジョウビタキなど常連の鳥達がいましたが、わずかにシロハラとホオジロだけを写真に撮って帰って来ました。
 シロハラ           ホオジロ(♂)
Dsc0278201Dsc_558101 

2009年2月13日 (金)

小宮公園

昨日、久しぶりに小宮公園へ行ってきました。
多摩川で知り合ったYさんと待ち合わせて、公園を一回りしてきました。
天気はよく、春を思わせるような温かい日でしたが、鳥達の姿はあまり多くはありませんでした。狙いはアカゲラ、アオゲラでしたが出逢いませんでした。
出逢った鳥達は、ツグミ、シメ、ルリビタキ、ジョウビタキ、シロハラなどの冬鳥の他、シジュウカラ、コゲラ、ヤマガラ、キジなど24種でした。


 キジ(♂)          シメ           ルリビタキ(♀タイプ)
Dsc_548201Dsc_547111Dsc_549811 

2009年2月 8日 (日)

ヒクイナ

今日は、先日の新聞でも報道されたヒクイナを見に行ってきました。
教えてもらった場所へ行くと、50人ほどのカメラマンや見物人が川岸の道に並んでいます。川幅は10mほどです。対岸の水辺の枯れ草の下の空洞が隠れ家のようです。今日は北風が強く、吹き飛ばされそうになりながら、待つこと30分、ヒクイナはなかなか出てきません。朝から来ていた人たちが帰り始め、人数が半分くらいになった時、ようやく木の根っこの下から様子を伺いながら出てきました。
ハトより少し小さめで、顔と胸が赤く、よく見ると足も赤く奇麗でした。尾羽を上に立てる仕草が可愛かったです。草や木の根、水の中を突いていましたが、時折、大きな石を突くこともありました。隠れ家と隠れ家の間で身を隠す場所が無いところは大急ぎで次の隠れ家近くまで移動します。
ヒクイナを見るのは初めてしたが、右に左に動くヒクイナをカメラで追って1時間ほど。堪能して帰ってきました。


 やっと出てきました     顔も胸も足も赤い     大きな石に・・    
Dsc_503601Dsc_516701Dsc_501601 






  砂利の上も・・     コンクリの上は早足で    泳ぎもできます 
Dsc_535101Dsc_538401Dsc_538001   

2009年2月 7日 (土)

渡良瀬遊水地

  今日は、カワセミ会の探鳥会で渡良瀬遊水地へ行ってきました。
渡良瀬遊水地は、渡良瀬川など3つの川が合流する場所で広大な葦原でできています。
バーダーには、チュウヒ、ハイイロチュウヒの飛来地として有名です。
渡良瀬遊水地へ行く前に、その近くの池へ行ってカモ達をみました。それほど大きくない池でしたが、ヒドリガモ、ハシビロガモ、オカヨシガモなど8種類のカモがいました。
渡良瀬遊水地では、3階建てくらいの高さの見晴らし台があり、まずそこからチュウヒなどを探しました。遠くで飛ぶチュウヒを何度か見ることができました。トビがやたらと多く、午後には「トビ柱」と呼ぶほどたくさんのトビが集まって旋回していました。
駐車場近くの大きなアキニレの木にベニマシコがたくさんいました。白く小さな花のようなものを食べています。これはアキニレの実(実際の実はその中のちいさな粒)だそうで、花のような羽で風に飛ばすようになっているそうです。しかしベニマシコがこんなものを食べるとは知りませんでした。
背丈よりも高い葦原に作られた道を探鳥しながら進むと、カシラダカ、ホオジロ、ジョウビタキなどたくさんの野鳥が出てきました。
途中の川に、オオハシシギ、タシギ、イカルチドリがいました。オオハシシギは冬羽で白っぽい感じで、教えてもらうまで分かりませんでした。
チュウヒ、ハイイロチュウヒはねぐら入りする時に見られましたが、なにせ広大な場所なので、遠くてカメラではうまく撮れませんでした。
ねぐらへ帰るカラスを撮ったらミヤマガラスでした。
今日は、全体では51種、自分で確認できたのは40種でした。


 ベニマシコ        オオハシシギ       ミヤマガラス  
Dsc_454301_2 Dsc0269201Dsc_476301







ノスリ           チュウヒ        塒入りするハイイロチュウヒ(オス)
Dsc_476101Dsc_460401Dsc_480701

2009年2月 5日 (木)

大失敗

今日は、早起きして横浜の舞岡公園へ行ってきました。
今日も、昨日よりは晴れ間が出ましたが、天気予報に反して、曇り。
舞岡公園は、昔の田舎を再現したような風景があるところで、谷戸と呼ばれる小さな谷間の湧水による湿地があり、バーダーにはアオシギやヤマシギ、アリスイが出ることで有名です。
アオシギとヤマシギは昨年撮ったので、今日の狙いはアリスイ。ポイントに到着すると、既にカメラマンが30名くらいいました。
カメラの準備をする間もなく、アリスイが現れました。しかし枝の中。急いでスコープを準備して待つことしばし。今度は枝かぶりもなく、いいところへ現れました。3回目もよく見えるところに出てきました。うまく撮れた、と喜んで帰ってきたのですが、パソコンに移して、よく見ると、どの画面も全体が赤く写っています。変だな、と思ってカメラを調べると、ホワイトバランスを「曇り」に設定していました。これが原因だったようです。今日は、曇りだったので、丁度いい、と思ったのですが、このカメラは「曇り」だと赤く写るようです。ホワイトバランスを「オート」にした方が正しい色が出るようです。コンパクトカメラのテストをちゃんとやってなかったのが悪かったです。パソコンで、修正しましたが、完全には修正しきれませんでした。
アリスイ以外では、アリスイのいる湿地にいたタシギ、アカハラ、谷戸のアオシギ(ヤマシギは出てきませんでした)などでした。

 アリスイ(3態)
Dsc02234010_2Dsc02662010Dsc02214010

  





  タシギ          アカハラ        アオシギ   Dsc02167010_2   
Dsc02164110Dsc02447010

2009年2月 4日 (水)

今日も、多摩川へ行ってきました。少し上流の大きな支流との合流点です。
天気予報では、晴れと出ていましたが、家を出るときは雲っていて、あれ?と思ったのですが、その内晴れてくるだろうとそのまま家を出ました。曇り空の時のほうが、鳥が安心するのか出てくることが多いのですが、今日も、晴れるまで待とうと草薮の中でじっと座っていると、廻りにアオジ、シジュウカラ、カシラダカ、ガビチョウなどの鳥が出てきました。ガビチョウは婚姻色なのでしょうか、オレンジ色になっていました。何か黒い小鳥も出てきました。クロジのオスでした。草薮を出たり、入ったり、倒木に止まったりと楽しませてくれました。ずっと遠くで煩く鳴いている鳥がいました。そのうち近くへ来るだろうと思って待っていると、すぐ近くの木に来ました。予想どおりカオグロガビチョウでした。あまりに近すぎてカメラのフレームから外れそうでした。
鳥を見ていた間、とうとう晴れませんでした。従って写真は色がうまく出ませんでした。天気のよい日にまた挑戦したいと思います。
今日は、早めに引き上げてきたので、17種のみの確認でした。

 オレンジ色のガビチョウ   クロジ(♂)    カオグロガビチョウ
Dsc_404101Dsc_425801Dsc_418201   

2009年2月 3日 (火)

淺川

今日は、風もなく暖かくいい陽気になったので、久しぶりにデジスコだけを担いで淺川の暁橋から鶴巻橋までを歩いてきました。たまにはデジスコの練習も必要ですね。
早速、イカルチドリに出逢いました。この辺りは、土砂による大きな中州がいくつもあり、イカルチドリには格好の場所になっているようです。中州の端でイソシギが忙しく動きまわっていました。少し上流にはダイサギ、コサギがいました。淺川にもコガモがいました。20羽ほどの群れに2回出会いました。送電線の上ではスズメが鈴なりです。あちこちで大きな群れを見かけました。また堤防横の大きな木にカワラヒワが10羽ほど止まっていました。
帰り道に川岸の枯れ草でアオジ、川原でキセキレイを見ました。
珍しくカワセミに1回も出逢いませんでした。先日の雨で川の流れが速いので、支流の方へ避難したのでしょうか。
今日は、20種を確認しました。デジスコもまあまあだった気がします。

 イカルチドリ        浅川のコガモ     スズメの鈴なり
Dsc0208201Dsc0211401 Dsc0198801 






 木に止まるカワラヒワ    アオジDsc0194701Dsc0201101    キセキレイDsc0210401   

2009年2月 2日 (月)

多摩川&支流

今日は、多摩川支流の河口へ行ってきました。
工事のせいか風が強いせいか、いつもはアオジやカシラダカが飛び出してくる草群も音沙汰なしでした。今日は全体的に鳥影が少なかったように思います。
工事中の場所を避け、支流沿いに棘を掻き分けて進むと、草の中でチラチラ動くものがあります。よく見るとベニマシコのメスでした。赤いオスも出てきました。草の実を食べているようです。少し離れた場所でカメラを構えましたが、草が邪魔でなかなか焦点が合いません。その内にこちらに気がついて飛んで行ってしまいました。
多摩川でセグロセキレイが水を飲んでいるところを撮ったら、足環をしていました。何かの調査でしょうか。淺川中流域ではほとんど見られなくなったコガモが多摩川には沢山いました。
多摩川で野鳥の写真を撮っていたYさんという方と知り合いになりました。野鳥を撮り始めてまだ2年ということでしたが、あちこちの情報をよく御存知でした。話をしている間にも、タヒバリ、アオジ、カシラダカが飛び出してきたり、青空をノスリが飛んだりしました。
帰りに支流に沿って上り、以前、同じ場所で撮ったオシドリをまた撮ってきました。
今日は、他にサギ3種、カワラヒワ、カワセミ、ホオジロなど31種と出逢いました。

 ベニマシコ(♂)   足環をしたセグロセキレイ    コガモの番
Dsc_381201Dsc_387301_2Dsc_390601   






 タヒバリ          ノスリ            オシドリ
Dsc_394401Dsc_395801Dsc_397501   

2009年2月 1日 (日)

今日のノスリ

2日間雨が降り続いて、今日はよく晴れましたが、吹き飛ばされそうな強い風の中、例のノスリは未だいるかと、公園へ行ってみました。
少し探していると、向こうから飛んで来て近くの木に止まりました。うろうろしていた10人くらいのカメラマンが一斉に集まってきました。しかし相変わらず、あまり人を気にしていないようで、時々移動してはきょろきょろして餌を探していました。
  餌を探しています  近すぎて羽が切れた     低く飛んだ
Dsc_364501Dsc_365201Dsc_370501

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »