« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月16日 (木)

多摩川&周辺

今日は、いい天気だったので、昨冬のカワセミポイントである谷地川の多摩川合流点へ今冬の事前調査を兼ねて行ってきました。
景色は昨冬と変わりはなく、サギ類やホオジロの姿はいつもどおりに見ることできました。カワセミとの出逢いの期待もあったのですが、全く出会わず。早仕舞いしてもう帰ろうとしていた時に声をかけてきた人にカワセミに逢えなかったとぐちっていたら、いい場所があるよ、と教えてもらいました。
少し遠かったけど、小川沿いに行くと、地元の人が5、6人、カメラを構えていました。丁度、カワセミ が2羽来ていたところだったようでしたが、着いた時にはいませんでした。30分ほど待つとやってきました。30mほど先の石に止まって取った魚を叩きつけています。しかし、クロネコが川岸に下りてきたので、さっと逃げてしまいました。それからはなかなかやってきません。さっき逃げた川下の方へ手ぶらで探しに行くと川の合流点の垂れ下がった木の中にいました。川上の方へ行くのを確認してから元の場所に戻って待っていましたが、まだ来ません。また、今度はカメラを持って川下へ探しに行くと、林の中でクッ、クッとジョウビタキのような鳴き声がしました。暗い中を何かが飛びまわっています。ジョウビタキのメスかな?と思ってシャッターを押しました。ほとんどシルエットにしか写っていませんでしたが、明るくしてみると、コサメビタキでした。同じ場所で、キビタキを撮ったという人がいて、探していると、キビタキのメスに出逢いました。またそこから川の方を見るとカワセミが魚を銜えて枯れ草に止まっているのが見えました。今日は2万2千歩も歩きましたが、最後にラッキー!な1日になりました。
 多摩川のホオジロ   久しぶりに撮ったガビチョウ   サギ3種のスリーショット
Dsc0028801 Dsc_666401 Dsc_668301







 偶然撮ったコサメビタキ     キビタキのメス    念願のカワセミ
Dsc_669201Dsc_670001 Dsc_670201

2008年10月10日 (金)

葛西臨海公園

今日は、体が重かったけど天気に後押しされて、葛西臨海公園へ行ってきました。
まず、ウズラシギがいたという葛西大橋へ。しかし、当然、もういなかった。西なぎさには、20羽ほどのスズガモの群れがいただけでした。東なぎさには何もいないなあと思って帰ろうとしたら、砂浜で動くものが・・・あれ!と思ってよく見ると、何とダイシャクシギ。せわしく右に左に動いて餌を探していました。
鳥類園へ行くと、下の池で大勢のカメラマンが集まっていました。聞くと、アリスイが出たのでまた出ないかと待っているとの事。暫く待ったが出てきそうもないので、上の池へ。これが大正解!なんとウズラシギがいた!ほかにもゴイサギの幼鳥もいたり、タシギが羽を広げたり、すぐ近くまでやってきたりと大サービス。
行けば行ったで何らかの成果があるのが嬉しいですね。
砂浜を歩くダイシャクシギ     ウズラシギ    尾羽を広げたタシギ
Dsc_591101 Dsc_597301 Dsc_610901







おまけ・・・アオアシシギの飛び立ち
Dsc_599101Dsc_599201Dsc_599301
 

2008年10月 3日 (金)

いい天気に誘われて、畑地へ行ってきました。
畑では、大きな里芋の葉やサツマイモの葉が繁っていて収穫が期待できそうでしたが、それらを横目に見て、雑草が繁っている方に目をやり、ノビタキでもいないかと探しました。残念ながらノビタキは居ませんでしたが、枯れた雑草の中でモズのメスが鳴いていました。このところオスをあまり見かけません。
まばらに青草が生えた草原では、今年生まれた若鳥なのでしょうか、ハクセキレイが近づいてもあまり逃げもせず、こちらに興味を示していました。
畑の横の林にあるエゴの木でキジバトが4羽、まだ青い実を啄ばんでいました。キジバトはエゴの実も食べるのですね。

  モズのメス       ハクセキレイ     エゴの実を食べるキジバト
Dsc_573301Dsc_574301 Dsc_576201

2008年10月 2日 (木)

W300

前々から、スコープ用のニコンデジカメの写りがイマイチで、スコープへのセッテングもうまく行かない場合が多く、イライラしていたので、思い切ってデジカメをソニーのW300に変え、アダプターなども「でじすこや」さん製に揃えました。そして今日は、久しぶりに晴れたので、淺川へ試し撮りに行ってきました。
淺川は、8月のゲリラ豪雨で、すっかり様子が変わり、川の中央に土砂が溜まって大きな中州ができていたり、木立ちとワンドがあってカワセミポイントだったところは、土砂で覆われていました。
それでも、久しぶりの淺川には野鳥達の元気な姿がありました。ダイサギ、コサギ、アオサギは大きくてよく目立ちます。ハクセキレイ、セグロセキレイは大きな声で囀ったり飛びまわったりしていました。ホオジロ、コチドリ、イソシギなどの常連もいました。キジやカワセミも姿をみせました。全部で18種を確認できました。
肝心のソニーW300ですが、ブレたものが多く手振れ補正はあまり期待できないようでした。光学3倍でもピントのずれはなく、精細度も満足の行くものでした。またスコープへの取り付けもスムーズで、ニコン製に比べてストレスを感ぜずにできました。

   ホオジロ        セグロセキレイ       イソシギ
Dsc0009801 Dsc0012201 Dsc0018801

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »