« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月28日 (月)

夏まつり

昨日は、午後から雨模様でしたが、夜になって止んだので、西八王子駅前で行われた夏まつりを見に行きました。
丁度、よさこいそーらん踊りが行われている最中でした。老若男女の20人から50人くらいのチームが次々と出てきては音楽に合わせて飛んだり跳ねたり、迫力いっぱいに4,5分間踊ります。見ているこちらも元気をもらったような気になりました。

Dsc_417001Dsc_413201Dsc_414201 

2008年7月27日 (日)

花火大会

夏は例年鳥見を休眠していますので、ブログに書くことがありません。そこで夏のイベントを書くことにしました。
昨日は、八王子でも花火大会がありました。
雨が降り出しそうな天気でした(実際、時々小雨が降りました)がなんとか開催されました。いつも鳥見をしながら歩いている淺川の土手から家族と一緒に見ました。
不景気のためでしょうか、今年は、打ち上げ花火の数が例年より少なかったように思いました。
写真は、先日、本屋へ行った時、花火の撮り方を解説した箇所があったので、それを思い出して、シャッタースピードを3秒、絞りをF8にして撮りました。
写真では、前のビルのすぐ後ろで上がっているように見えますが、実際は、2kmほど離れた場所で打ち上げられています。

Dsc_389411 Dsc_393801 Dsc_397001 Dsc_402901 Dsc_398901

Dsc_395301

2008年7月17日 (木)

淺川定期カウント

今日は、淺川中流域の定期カウントに参加してきました。
暁橋から大和田橋まで右岸を歩き、大和田橋から鶴巻橋まで左岸を歩き、最後に鶴巻橋から暁橋まで右岸を歩き、朝8時から12時半まで約4時間半の探鳥でした。
朝のうちは曇っていてよかったのですが、途中から陽が差してきて暑くなり、へばってしまいました。
こんな暑い日は野鳥もあまりいないだろうと思っていましたが、野鳥達は元気で、カワラヒワ、カワセミ、キジバト、セキレイ3種などの常連のほか、イワツバメ70羽以上の群舞、ムクドリ30羽以上、オナガ10羽以上、カルガモの親子3組など数が多かった鳥、ゴイサギやカイツブリ、イソシギなども見ることができました。セッカやオオヨシキリも鳴いていました。全部で25種を確認することができました。

ゴイサギ            カイツブリ       イソシギ   
Dsc0431801 Dsc0428001 Dsc0427611

2008年7月12日 (土)

富士山

昨日、探鳥会で富士山へ行ってきました。
Dscn85310 三合目までは貸切バスで行き、三合目から精進口登山道を5合目まで約3時間ほどかけて歩きました。それほど急な坂道はありませんでしたが、火山岩の瓦礫で足元が悪く、おまけに所々、倒木が道を塞いでいて、下をくぐったり上を跨いだりだりしながら進みました。時々ルリビタキやビンズイなどの囀りが聞こえてきましたが、探す余裕もなく、へとへとになって5合目に辿り着きました。

Dscn849601 5合目から富士山の山頂がよく見えましたが、ほとんど雪がないため、ただの黒い山でした。
御中道を少し歩いて昼食した場所で、遥か遠くにホシガラスとビンズイを確認しましたが、写真には取れませんでした。


Dscn85190 奥庭までは、野草を鑑賞しながらゆっくり降りました。野鳥達が水浴びに来ることで有名な小さな池へ行くと、畳半分ほどの水溜りが2つあり、カメラマンが数人、陣取っていました。その横で待つこと数分、まずルリビタキのメス(若鳥?)がやってきて水浴びをしていきました。次にウソのオスとメスがやってきました。さらにメボソムシクイ、ルリビタキのオス、キクイタダキ、ヒガラと次々にやってきては水浴びをしていきました。メボソムシクイは初見ですが、じっくり見ることができました。

奥庭から3合目まで降りる道も倒木が多く道なき道を降りてきました。
我が家の近くでは、冬にしか見れない鳥達が、ここでは夏でも見れました。
鳥の数は21種と思ったより少なかったのですが、十分堪能できた探鳥会でした。

  ルリビタキ(オス)     ウソ(オス)      メボソムシクイ
Dsc_363901 Dsc_349301Dsc_361801






水浴び中の・・・
 ルリビタキ         ヒガラ          キクイタダキ 
Dsc_348401Dsc_377601Dsc_374501   

2008年7月 2日 (水)

アオバト

今日は、梅雨の晴れ間、大磯・照ヶ崎へアオバトを見に行ってきました。
昨年も行った場所ですが、アオバトを確実に見れるところなので、今年も一応押さえておこう、と出かけてきました。
アオバトがなぜ塩水を飲むのかは分かっていないそうですが、毎年、夏になるとここへ集団でやってきて岩場に溜まった塩水を飲んでいるようです。
今年の集団は高々20-30羽程度で、少し小ぶりでした。昨年は50羽以上の集団だったように思います。
しかし今年は天気もよく、奇麗なアオバトを見ることができました。

岩場で塩水を飲むオス  編隊飛行(一部)  カワウのいる岩場に舞降りる集団
Dscn845201Dsc_311301 Dsc_321101

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »