« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月25日 (水)

夏の小宮公園

今日は、カワセミ会の小宮公園定期カウントに参加してきました。
晴れていましたが、蒸し暑く、半袖で行ったら、皆、蚊がいるからとか陽に焼けるから、と長袖シャツでした。
この時期、珍しい野鳥はいるはずもなく、いないというのを確認するのも、定期カウントの大事な役目だそうです。
ヒヨドリ、ムクドリ、ハシブトカラスが煩く鳴き声を上げ、幅を利かせており数も多い。次にシジュウカラ、メジロが集団を作って木の実などを採餌している。ホオジロ、コゲラの声も聞こえた。
珍しい野鳥がいない時は、花などに目をやる。
八王子市の花ヤマユリがあちこちできれいに咲いていた。小宮公園に自生していることで有名なウバユリは、今年は開花時期が遅いのか、まだ蕾状態のものが多かった。ハシブトカラスとムクドリが盛んに啄ばんでいたのは、びっしりとついたミズキの実。熟れて黒くなったものから食べているようだった。
 Pict232800
Pict233500Pict233100





   ヤマユリ          ウバユリの蕾        ミズキの実

2007年7月 9日 (月)

淺川散歩

毎年のことながら、暑さと湿気ですっかり夏バテして何もする気が起きない中、これではいけないと、昨日は淺川大橋から鶴牧橋まで往復1万歩、歩き、今日は淺川左岸を淺川大橋から中央線の鉄橋まで往復9000歩、歩いてきました。今日はカメラも持って行ったので、写真も撮れました。
淺川大橋下流のカワセミポイントで早速カワセミ2羽と出逢いました。
2羽のうち1羽は幼鳥のようで、枝に止まってチー、チーと鳴いていました。
淺川を2kmほど往復すると、今頃の時期は、大抵、カルガモの親子に出逢います。
今日も、1組の親子に出逢いました。通常、雛は10羽ほどいるのですが、今日は5羽しかいなかったので、なんらかの事故に遭ったのだと思われます。
また、スズメやカワラヒワなどがよく水浴びをしていますが、今日はコチドリの幼鳥が水浴びしているのを見ました。
今日見た鳥は、他にドバト、キジバト、ヒヨドリ、ムクドリ、イソシギなどでした。Pict224300_2
Pict219001Pict230700 

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »