« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006年8月20日 (日)

カワセミを撮った!

朝早く起きたので、淺川のカワセミポイントへ出かけた。
6時に着いた時、カワセミが来ていたが、カメラの準備を
する暇もなく飛んで行った。
それから20分位待つと、遠い方の止まり木にやってきて
止まり、川へダイブ。見事、何かを捕まえた。木に数回
打ちつけてから飲み込んだ。
さらに20分位たってから、今度は近くの止まり木に止まった。
慌ててシャッターを切った。最後の1枚は飛び立つ直前の
羽を広げたところが偶然、撮れた。
その後、rutoさんが重いカメラと三脚を担いでやってきた。
陽がかなり高くなっていたので、もう来ないかも知れない
と思いつつ1時間ほど待ったところで、突然やって来て
近い方の止まり木に止まった。その後はもう来なかったが
今まで2回空振りをさせてしまったrutoさんに近くで写真を
撮ってもらうことができてよかった。
しかしrutoさんは満足していなかった。もっといい写真を
撮りたいと来週、また挑戦するらしい。
このポイントは、天候条件さえよければ、必ず現れるところ
なので、何度でもチャレンジしていい写真を期待しましょう。
Dscn214101Dscn21542_1

2006年8月12日 (土)

カワセミを見たかった

先日の台風の影響で淺川の水はまだ流れが速く、今朝は生憎の曇り空だった。
こんな日にカワセミを見るのは難しいだろうと思ったが、rutoさんがカワセミを見に
カメラを背負ってやってきた。
Dsc006880カワセミポイントに着いて、いつもそこにいる人に聞いたら、もっと早い時間に数回来たらしい。30分ほど待ったが、現れない。今日は無理と、あきらめて下流の橋まで行って反対側の土手まで帰ってきたら、居た!例のカワセミポイントにちゃんと来ていた。遠くからではあったが、rutoさんにもカワセミを見てもらえて一安心。次回はもっと条件のいい日を選んできてもらえば、きっといい写真も撮れると思う。次回に期待!

2006年8月 6日 (日)

富士山麓梨が原

地元野鳥の会の探鳥会で、富士山麓の梨が原へ出かけた。
富士吉田からバスで自衛隊入口まで行き、そこから歩いた。
梨が原は、自衛隊の演習場で、許可無しには入れないが、今日は日曜日でもあり、事前に許可をもらっていたので、問題なく入ることが出来た。広い葦原や赤松などの林があり、いかにも野鳥が居そうな場所だった。しかし、道路は舗装がないため、車が通る度に土埃が舞い、その上、暑かった。
Dsc0061702

メジロ、ウグイス、ヤマガラ、シジュウカラなどの他、ホオアカ、ホオジロ、ノビタキがいた。ノビタキは写真に撮れなかったが、初見のホオアカをゲット!子育て中なのか青虫を銜えていた。ほかの場所でもホオアカが見られた。

Dsc006600
野鳥だけでなく、野草や蝶などにも興味がある人達が多いので、今日は野鳥より野草、蝶の観察が多かった。
帰りは途中で、1時間ほど歩いたところで道が無くなり元に引き返すことになるなど延々3時間半歩き、相当疲れた。

2006年8月 5日 (土)

カワセミ2

早朝、こっこさんと淺川へカワセミを見に行った。
今日は、重たい三脚とフィールドスコープも持っていった。
淺川の水が減っていて、カワセミが来るか心配だったが、
Dscn20780しばらく待っていると、川の中に差した木の枝に止まった。
きょろきょろと廻りを見たり川面を見たりしてながら、いくつかの木の枝を移っていた。
朝日に背中のコバルトブルーが映えてきれいだった。
すぐ足元の木の枝にも来るからもう少し離れて、と毎日朝夕来ているおじさんに言われて少し離れたところから見ていると本当に近くの木の枝に止まった。だいたいルートが決まっているらしい。
フィールドスコープがうまく決まると、実にきれいな写真が撮れる。重たいのを我慢して持って行った甲斐があった。

2006年8月 1日 (火)

カワセミ

Dsc0056701 梅雨も明けたので、夕方、淺川へカワセミの様子を見に行った。去年と同じように、川の中のあちこち木の枝を立てて土手から見ている数人の人たちがいた。
その仲間に入れてもらい、カワセミが来るのを待っていると「チィー」という鳴き声がして、見事に木の枝のひとつに
止まった。久しぶりの対面である。
カワセミは木の枝に一度止まるとすぐには動かず、辺りをキョロキョロ見たり、川の中を覗いたりしている。従って写真は撮りやすい。

Dsc0056901
曇り空で、夕方のためだんだん暗くなってきて、帰りかけたときに近くの木の枝にいい感じに止った。バッグに入れたカメラを慌てて取り出し、ダメもとで撮ったのが左の写真。まあまあの出来だった。
今年の夏もカワセミくんが楽しませてくれそう。

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »