« 「都民の森」探鳥記 | トップページ | ウバユリとヤマユリ »

2006年7月22日 (土)

ツバメの巣

梅雨の晴れ間にツバメの巣の調査で一回りしてきた。
これで20回目。これまでに全部で27個の巣を見つけた。
大部分の巣では、雛が巣立ったり、途中で放棄したりして
空き家になっているが、まだ8個の巣で親鳥が卵を抱いたり、
雛を育てている。
中には、2番子と言って、2回目の雛を育てている巣もある。
ツバメは、5月から8月の間に1~3回、雛を育てるそうだ。

巣を作る場所も面白い。
天敵のカラスから巣が見えないように外壁の裏側に作ることが
多いが、外から丸見えのところに作るものもいる。
こういう場合、大抵、玄関先など人の出入りがあるところだが、
そうでない場合は、カラスに雛をやられてしまうこともある。
カラスはいつも見回っていて、雛が大きくなったら襲うそうだ。
門燈など電灯の傘の上に作るものもいる(写真)。

Dsc002170_1Dsc002580_2 Dsc002370

« 「都民の森」探鳥記 | トップページ | ウバユリとヤマユリ »

趣味」カテゴリの記事

コメント

熱心な調査でつばめの事が随分詳しくなりましたね。面白い所に巣作りして、電球は熱くならないのだろうかと心配になりましたが、、、
このブログのお陰で、私も外を歩いているとき野鳥を目にすると、つい立ち止まって観察する??ようになりました。
先日桑の木の上に、私にとっては珍しい鳥を見つけましたので、上を見ながら歩いていましたら、電柱に危うくぶつかるところでした。(笑)

こっこさんへ
野鳥がいると、何の鳥だろうとつい目が行きますね。
仕草なども見ていて面白いですね。
今日も、スズメとハトとムクドリとトビが一列に並んで
水管道に止まっていました。
でもつい夢中になっていると危ないですから、
電柱や車には気をつけましょう!
涼しくなったら、一緒に探鳥にも行きましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツバメの巣:

« 「都民の森」探鳥記 | トップページ | ウバユリとヤマユリ »